Classic
Modern

テキスト作品

karent 音楽配信

  • メリーゴーランド・ハイウェイ IGUさん 2017/04/27
    15:42

    嗚呼…幻想と喧騒の群れ
    気疎(けうと)い雑音(おと)に耳塞いで
    脳裏を疾走(はし)り 廻転(スピン)する

  • コノハナチルヤ -side M- 歌詞 mayaさん 2017/04/25
    00:24

    『コノハナチルヤ -side M-』
    掛ける言葉が 見つからない ただ二人静か
    はらりはらりと 時を刻む 景色に紛れて

  • 愛のすれちがい 霧汰。さん 2017/04/16
    01:37

    すれちがいの人生なんてイヤだって君はワガママ言って泣いてたよね
    すれちがって愛を育む僕の理論ともうすれちがってて僕も泣きそうだよ
    映画の趣味が合わないこと ゲームをする僕を引っ張ってカタログを見ること

  • Queen of Spade fumu_toyaさん 2017/04/15
    23:07

    misunderstand a Re lations
    気付かないreflection
    misunderstand a Re lations

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 2章1節 早瀬道博さん 2017/04/12
    23:33

     「…これをもちまして、初音ミク、バースデーライブを終了します…」
     会場にはワンオフのミクのバースデーライブの終了を告げるアナウンスが流れていた。そのアナウンスに合わせて拍手が巻き起こる。その拍手は三本締めになった。その三本締めには雅彦も加わっていた。そうして観客が帰り始めた所を見計らって席を離れる雅彦。ライブの前に回った時には来ていなかった要人に挨拶して回る。
     「安田教授!凄かったですね!」

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 1章26節 早瀬道博さん 2017/04/12
    00:03

     そうしていると、ライブ開始の時刻がやってきた。バンドが音楽を演奏し初め、一気に盛り上がる客席。会場が緑色のペンライト一色になり、さながらネギ畑のようである。
     『ミーク、ミーク、ミーク…』
     観客からミクコールが始まる。雅彦もそれに合わせてミクの名を呼ぶ。しばらくすると、ステージ中央にライトが集中する。その先にはワンオフのミクがいた。衣装は今回のバースデーライブ用にデザインされた衣装である。

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 1章21節 早瀬道博さん 2017/04/10
    23:44

     そして、ワンオフのミクのバースデーライブの初日を迎えた。ここは会場近くのホテルの一室。そこでミクたち六人が円陣を組んでいた。
     「…みなさん、おはようございます」
     『おはようございます』

  • Midnight くゆるぎさん 2017/04/10
    18:25

    静かなマイルーム、深夜2時半
    さあ今夜も出掛けましょう
    雨で濡れた街は街灯に照らされ

  • 【MEIKO】never forgotten【 JAZZ_オリジナル】 うあじゃさん 2017/04/07
    17:44

    「もう忘れたわ」そう言いながら
    ロングピースに 火を付けて
    乱れた髪 物憂く搔き上げ

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 1章11節 早瀬道博さん 2017/04/05
    23:37

     一方、ボーカロイドの家。
     「リン、ちゃんと野菜切れた?」
     「うん」

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 1章7節 早瀬道博さん 2017/04/02
    23:37

     一方、買い物に出かけている五人。
     「…とりあえずこれで良いわね」
     「レン、そっち持って」

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 1章2節 早瀬道博さん 2017/04/02
    17:39

     「ミク」
     「雅彦さん、どうされたんですか?」
     雅彦が、一足早く朝食を食べ終え、朝食前に作ったカフェオレの残りを飲んでいるミクに尋ねる。

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 1章1節 早瀬道博さん 2017/04/02
    17:37

     ここはとある部屋。部屋にあるベッドに一人の少女が寝ていた。年齢は恐らく10代半ば位だろう。髪の毛は長く、その色は緑とも青ともとれる。
     しばらくすると、目覚ましがなる。その目覚ましに反応したのか、少女の目が覚め、手が伸びて目覚ましを止める。そうして少女は少し眠そうな表情だったが、時間を確認した後、素早く起きて、ブラシを手に部屋に置いてある姿見を見ながら、髪をとかし始めた。そうしてしばらく髪をとかした後、今度は髪留めを持ってきて髪型をツインテールにする。そうした後、手早く着替えて部屋を出て、台所に向かう。
     台所には、すでに三人の男女がいた。

  • 初音ミクとリンクする世界 初音ミク編 前書き(注意点) 早瀬道博さん 2017/04/02
    17:36

     ボーカロイドはヤマハの商標登録です。
    この作品はピアプロ・キャラクター・ライセンスに基づいてクリプトン・フューチャー・
    メディア株式会社のキャラクター、「初音ミク」、「鏡音リン」、「鏡音レン」、「巡音ルカ」、「MEIKO」、「KAITO」を書いた作品です。

  • 規制≠自己性義犠生 りくりくりさん 2017/03/28
    18:14

    A
    知らぬ存ぜぬのシャッフル
    カタログ的な愛言葉

  • 象の墓場 りくりくりさん 2017/03/28
    00:29

    A
    そうさ 過不足な吐息勇気
    刹那 舞い上がれ

  • タイトル未定。 氷翠さん 2017/03/24
    22:49

    この世に在りし神等いない
    存在するは欲張り獣
    誰しもが野望心に抱き

  • Beauty and the Beast 2017 (HD) F.ull-Onl.ine Torrent.Movie licett_xyzさん 2017/03/21
    10:26

    https://www.behance.net/gallery/50427741/Beauty-and-the-Beast-2017-(HD)-Full-Online-TorrentMo
    https://www.behance.net/gallery/50427739/Beauty-and-the-Beast-2017-Full-(HQ)-Online-TorrentMo

  • 【カイメイ】未熟a 【あっとほーむ】かなりあ荘【物書き発祥の地?】 2017/04/13
    15:31

    全て仕方のないことだ。
    その一言で、全て片付いてしまう
    今年でそろそろあの地を出て2年が経つ

  • 盲目のイレーザー shuttle race back (シャトルレースバック) 2017/03/18
    15:21

    僕は盲目のイレーザー
    何でもかんでも消しちゃう
    忘れたくない思い出も

  • イケんじゃない!? づみさん 2017/03/17
    10:49

    24時間って短くない?
    1時間が60分って中途半端
    恋に仕事に友情

  • 好きになってもらう資格なんてない 涼介さん 2017/03/14
    20:36

    好きになってもらう資格なんてない
    こんなに小さくて
    こんなにずるくて

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 エピローグ7節(最終節) 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:45

     そうして、雅彦は朝食を食べ終えたあと、食器を流しにおき、身支度を整える。洗面所の鏡を見て身だしなみを整えたあと、部屋に戻って小ぶりのリュックの中身を確認したあと、背負って部屋を出る。
     「それでは、行ってきます」
     『行ってらっしゃい』

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 エピローグ6節 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:43

     「みなさん…」
     キッチンについた雅彦が見たのは、ボーカロイドが全員そろってキッチンの机に着席している所だった。
     『雅彦さん、おはようございます』

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 エピローグ5節 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:40

     そうして翌日の朝。雅彦は起き、ベッドの上でぼおっとしていた。今日は朝食当番ではないので、もう少し遅くに起きても良かったが、何となく目がさめたのである。昨日、ミクの胸の中で泣き、さらに幸田にも心配をかけていたことが分かった。今、雅彦は自分がどうすべきかを考えなければならない。その脳裏に、今までに雅彦が出会った人の顔が去来する。
     (今の僕は、多くの人々との出会いの上に成り立っている…)
     ミクたちもそうだが、それらの人々なくして今の雅彦はなかっただろう。そして、それらの人々から、雅彦は多くのものを得た。

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 エピローグ4節 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:38

     そして、そのころ、雅彦の部屋。
     「安田教授、夜遅くに申し訳ない」
     幸田が雅彦に連絡をして来ていた。

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 エピローグ3節 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:36

     「それでは雅彦さん、お休みなさい」
     「ああ、ミク、お休み。…ありがとう」
     そういって自分の部屋に戻る雅彦。部屋に入ると、ロックをかける音がした。

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 エピローグ2節 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:34

     その日の夜。ミクは自分の部屋にいた。
     (雅彦さん、大丈夫かしら?)
     そんなことを考えるミク。そうすると、扉の方からノックが聞こえた。

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 エピローグ1節 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:32

     結局、沢口は雅彦とミクが見舞いにいった数日後に意識を失ってICUに入り、さらにその数日後、その意識はもどることなく亡くなった。葬式は沢口の遺志により親族と関係者のみで行われた。雅彦とミクも沢口の遺志で参加し、沢口の遺体の入った棺を担いだ。
     ここは、とある墓地、その墓地には雅彦とミクと幸田がいた。三人が向かい合う墓石には<沢口家乃墓>と刻まれている。三人で敷地内の草をむしり、ミクが花を添え、幸田が墓石に水をかけ、雅彦が線香に火をつけ、墓に添える。そして、三人は墓に向かって手を合わせた。
     「…沢口さん、どうぞ安らかに眠ってください」

  • 初音ミクとパラダイムシフト4 3章26節 早瀬道博さん 2017/03/09
    22:30

     翌日、沢口の病室。
     『こんにちは』
     「おや、雅彦君にミクさんか。こっちへ来て」

▲TOP