羅姫。【Raki】-クオミク狂愛-さん

羅姫。【Raki】-クオミク狂愛-さん

yuiyui117

ボカロ/クオミク/PIGG/歌い手依存症

プロフイラストは何色さまの作品からいただいてます!

http://piapro.jp/e20051109(ピアプロサイト


基本アメブロやピグにいます( ´∀`)


あめーばID tubasacom117
あめぶろID http://ameblo.jp/tubasacom117/
       http://ameblo.jp/pynky-rabbit/    

上のブログの方が更新率高いですww

初心者なのでよろしくお願いします(*´∀`*)

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(42)

  • ダリ【ROM専アカ】
  • まちまち
  • 二谷
  • 子狐
  • aa
  • 水奈
  • にわ子
  • toor_0111
  • HIIRO/仕事募集してます
  • ゆーや
  • 十五日
  • 星灯式

フォロワー(1)

  • 結月*りま

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

く お と み く 。 3話 ―関係の歯車。―

3話 ー関係の歯車。ー 「俺かレンか、どっちかにして欲しいんだ。」 「どっちかなんて、、、、、」 ‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐ 「ごめん。」 「。。。。。。。。。。。。。。」 謝られても、困るし。 「だ、だ、だって、ミクオは、大切な家族で、大切なあたしの半分で、、、」 「じゃあ、家族だからダメなの?」 そんなわけじゃないけど、、、 「いつからなの?」 「いつからだと思う?」 「うーん、、、」 日常会話みたいになってるのは気のせいだろうか、、、 「最初から。って言ったら信じる?」 「え?」 最初って、、、、、、、、、、、、 どこからが最初? 「ミクと目が合って、話して、笑った。生まれた日から、俺はずっと好きだった。」 「ミクオ、、、、、、」 そんなの、、、ずるい。 「あ、あたしはそんな小さい時なんて、覚えてないけどなっ」 なんで焦ってるんだろう 「、、、、、、、、、ミク?」 「ほ、ほら、大体あたしたちって半分とか言ってるけど実際はどうなんだか――――――――― なんでこんなに焦って――――、、、 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 あ あたし あたし、 ミクオを・・・・・・・・・・・・・・・傷つけた・・・・・・・・・・ 「、、、、、、、、、、、、、、、っ、、、、、ミクのばか。」 だっ 「み、、、、、くお、、、、、、、、」 なんでだろ、、おかしいな、、、 「何で泣かせたあたしが泣いてるのよ、、、、」 「ミクのばか、、、、、、、、」 レンside うううううううううううわああああああああ言っちまった!言っちまったぜ俺! どどどどどどどどうしようどうしよう頭が混乱しうdんgくおymぐyxchouwmdihw 「はぁ、、、、、、、、、、、、、、、、、」 どうすればミクにおkもらえるんだ、、、 「って何考えてんだよ、、自分に呆れるぜ、、、」 「何に飽きれるんですか?」 「んー?そりゃあもちろんミクに告った返事をだな、、、、、、、、、、、 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 レンカ!!!!!!!!!??????????????ううううううううううううわわわわ い、今の聞いちゃった、、、、、、、、、?」 「聞いちゃった。」 「、、、、、、っうわー最悪、、カッコ悪ィ、、、、」 「レンくん・・・・・・・・・・・」 「んー?」 「、、、、、、、、、あのさ、痛いわーとかいうのだけはちょっとさすがに傷つくから―――、、、、 ちゅっ 「!?」 「レンくん、あたしじゃ、だめですか?」 「え、、、、、、」 「あたしじゃ、ミク姉さんのかわりになれない、、ですか?」 「レンカ、、、?」 「2番目でもいいんです・・・・・・私、、、、、、、、レンくんのこと、、、、、ずっと、、、」 「好きだったんです」 「レンカ、、、、、、、」 ミクside ミクオのところに行かなきゃ、、、、、、 あたし、、、、、、、、、、 亜種が一番傷つくことを、、、馬鹿にしながら言った。 最悪だよね。本当。 こんな半分、嫌われちゃうかな、、、、、、 「ミクオ!!!!!!」 「、、、、、、、、、」 返事が帰ってこない。 「ミクオ、、、、、、、、ごめんねっ、、、、、、、、わ、私っ、、、、 「!!ちょ、ミク、、 「あ、、、わ゛っ、、わだじ、、ずっ、ずっとミグオがねぇっ、、 「わ、わかったから。泣くのかいうのかどっちかにしろ、な?」 「い、いう、、、、、、っ。」 「あたし、、、、、、、、ミ、クオが、一番っ、、傷つく事、言った、、よねっ、ごめんねっ、、」 「こんな、、、、、、、はっ、、、半分じゃ、、、嫌だよね、み、ミクオに、、  嫌われるのも、、当然、、っ、だよねっ、、、、、」 「ミク、、、、、、」 「こんな亜種でごめんね、ミクオっ、、、」 「、、、、、、、、、、ったく、しょうがないなぁ、、」 ミクオは、あたしににっこりと微笑んでくれた。 すると、そっと優しく抱きしめてくれた。 すごく、、暖かかった。 「ごめんな。俺も。女々しく逃げたりしてさ。」 「いいよ。あたしのせいだもん。」 「じゃあ、責任とってくれる?ミクお姉様♪」 「いいよ。あたしのせいだもん。」 「本当!?」 「うん(*´∀`*)」 「どう言う意味かは、わかってるの、、かなー???」 「うん!」 ―――――――――――――― 「っ!?な、ミク、き、きs、、。。。。。!??」 「ミクオ、かわいいなあ( ´∀`)」 「うるさいですよ。」 ぼそっ「ミクにされたからだろ。。。。俺だってそのぐらいできるしっ」 「ん?」 「何でもっ!」 「んじゃあレンを振るしかないんだけどー」 「あー、、、、、、、そっちがあった、、、、、、、」 「一緒にくるよね、ミクオ君?」 「あー、、、はいはい。」 いつもとは違う、亜種との生活。の予感。 end

投稿日時 : 2012/08/08 23:39

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP