魚のカルメラ焼きさん

魚のカルメラ焼きさん

yurikisikiya

初心者で知らないことだらけです。
もし私の書いた作品で似たようなモノがあったら教えて下さい

もっと見る

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

自分を歌に込めないで

1 何でもないよないつもの日。 うるささに、身を委ねてさ、 歌を歌おう自分の世界。 誰も聞こえない自分以外。 つらい事も、悲しい事も、無かったように歌いなさい。 ただ思った言葉を言うだけでもいい、 とにかく歌おう独り歌。 分からないだらけの世間様、 間違いだらけの記入欄、 鞄に閉まって歌おうよ。 独り歩いて口ずさむ 1サビ 歌えよ歌え、[客]が聞かないでも 歌えよ歌え、[君]が聞かないでも 歌えよ歌え、[僕]が聞かないでも 歌えよ歌え、[自分]はわかるから 2 何でもないよないつもの日 静けさに、身を委ねてさ、 歌を歌おう自分の世界。 何も聞こえない自分以外。 嬉しくてもひとまずね、無かったように歌いなさい。 自分に問わず、自分歌を、 独り止まって口ずさむ 2サビ 歌えよ歌え、[音]が無いでも 歌えよ歌え、[喉]が無いでも 歌えよ歌え、[肺]が無いでも 歌えよ歌え、[自分]はわかるから サビ前 何かの音が聞こえるよ。でも何故かいつも同じ音。 誰かの声が聞こえるよ。でも何故かいつも同じ声。 家族の歌が聞こえるよ。でも何故かいつも同じ歌。 僕だけ歌が歌えないよ。僕だけそこに、いないから。 ラストサビ 歌えよ歌え、[世界]が無いよ 歌えよ歌え、[見体]が無いよ 歌えよ歌え、[心結]が無いよ 歌えよ歌え、[自分]はわかるのに

同じフレーズを繰り返していますがその度に違う[言葉]を使いました。
この歌の意味がわかったら悲しくなると思います。
投稿日時 : 2018/05/17 01:08

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP