辻雷狼さん

辻雷狼さん

Danya_V3

来てから間もない素人です。

齢:14 現在、中学二年生

iPodからの投稿のため、テキスト以外は上げるコトが出来ません。なので、テキストをゆるりと書いて行くと思われます。

イラストはアメブロにて公開中

こんな私ですが、宜しくお願いします。

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(2)

  • Deino
  • 日枝学

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

「貴方たちが、大好きだから」

感情なんていらない。 苦痛を嫌だと思う自我なんて、必要ない。 目の前に映えるもの全てが邪魔だった。 全て、ぶち壊してしまいたかった。 理由なんてない。だけど、自分の中の何かが、そうしろと叫んでる。望んでいる。 劈く爆発音、迸る血飛沫、火花、硝煙の匂い、地面に散る薬莢、残骸。全て、自分が巻き起こしたもの。そしてこれからも、巻き起こすもの。 貫かれる痛み、押しつぶされる痛み、それに比例して湧き上がる殺意と逆上。それらに後押しされた腕はさらに、その猛威を振るった。 もっと壊す、砕く、潰す。 そして、もっと傷つけて、もっと傷ついてやる。 「私は、そういう生き物だから」 私はただ、貴方たちが大好きなだけ 貴方たちが心に受けている痛みを、変わってあげたいって 抱えている悩みを、消し去ってあげたいって 私はそれしか望まない。それしか分からない。それだけ、ただそれだけに引っ張られて、引き摺られて、壊す。傷つく。傷つける。 私はこれからも戦い続ける。 貴方たちが大好きだから。 一人じゃないって、分かってもらいたいから。 感情なんていらない。 苦痛を嫌だと思う自我なんて、必要ない。 感情なんていらない。 自我なんて無い方がいい。その方が、いつでも自分に正直でいられるから。 嫌いな誰かのために、戦うなんて出来ないはずだから。

ブラック★ロックシューターの空っぽのはずの心境。空想100%。自分でも分からなくなった\(^o^)/
投稿日時 : 2012/03/30 01:26

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP