作詞・テキスト作品(78)

1:userゼグァール(Zeguar)17/12/21 17:37

こちらもまだまだ未熟ですので、教えていただけるとうれしいです。

  • 2: [このメッセージは削除されました]

  • 3: [このメッセージは削除されました]

  • 4: [このメッセージは削除されました]

  • 5: [このメッセージは削除されました]

  • 6:user餠(※旧字体)18/01/06 20:10

    詞先と曲先、どちらがいいか問題について少し。
    曲先が良いというのは、プロの事情としてそうなっているってだけなのを何か勘違いしてる人が多い気がしますね。
    昨今、売るためには豪華な音作りが必須になってきたので、歌詞に合わせて作るのが難しくなって先に曲を作らざるをえない、みたいなことは各所で記事になってます。
    でも、そんなの素人にはいっさい関係ない話でしょ~と。両方やってみてやりやすい方で作ればいいと思いますわ。

    私なんかは圧倒的に詞先の方が作りやすい。後に型にはめることを考えつつも自由にやれるから。
    でも、曲先にも良さがあって、文字数に合わせて言葉を探していると、自分の普段の思考からはあまり出てこない語彙がひねり出されるんですね。自分で書いたものなのに新鮮な感じがする、みたいな。
    だから、他人の書いた曲で歌詞を募集してるとこには積極的に食いついていってますね、勉強のために。

    そんなわけで、最初はいろいろ手を出してみようよ、って話でした。

  • 7: [このメッセージは削除されました]

  • 8:user餠(※旧字体)18/01/07 09:43

    >nekopi catさん
    わかりますねー、他人の作品・感性に合わせるのっておもしろいですよね~
    いくつかコラボに参加してみて、こんなに楽しいものなのかと何度も思いましたわ。

    念のため。6に書いたのは個人宛ではなくピアプロを見ていての印象ってことなので、あしからず…
    へんに何かにとらわれている人が多い印象なんですよ、もっと自由でいいのに、っていう。

  • 9:userゼグァール(Zeguar)18/01/11 15:11

    烏賊Pのニコニコ道具箱、私も参考にしてます!
    ほったらかしで任せっきりなのはあれなので、私からも一つ。

    私は趣味で作ってるので、売れるとかはどちらでもいいんですが、
    こちらにロングセラーのコツとかが詰まっていると思います。

    作詞のコツと作詞方法
    http://www.potmanrecord.com/songwriter.html

    以下はどこかで見たことですが、
    共感を得るために、難しい言葉を使うより、簡単な誰でも知っているような言葉を使う。(わかりやすさ・覚えやすさ)
    これも大事な要素だと思います。万人受けではない、難しい言葉が悪いというわけではありません。
    あくまで一つの考え方なので、とらわれずに作りましょう。
    これが絶対!というものは芸術作品に存在しないのですから。

  • 10:userゼグァール(Zeguar)18/01/11 15:28

    私の作詞法を書いておきます。これが絶対ではないので、あくまで参考程度にどうぞ。
    アイディアをメモする。(思いついた単語や文をなんでも書いていく)
    思いついたアイディアを元に、イメージをふくらませる。
    文の修正などをし、まず詩ができます。
    ここから字数合わせや言い換え等をして、語数をあわせていきます。(ここはまだ私も勉強中)
    言い換え等はこちらが役立つと思います。

    ・連想類語辞典:日本語シソーラス
     http://renso-ruigo.com/

    これで「作詞」の完了です。

  • 11: [このメッセージは削除されました]

  • 12:userゼグァール(Zeguar)18/01/29 01:48

    作詞について、制作の助けになるようなサイトをご紹介します。

    字数合わせや、いい言葉ないかななんて時によいと思いました。
    その言葉の意味についてもすぐ知ることができて便利だと思います。だじゃれ自動作成なんてものもあります。
    だじゃれ自動生成は、韻を踏むのにもいいかもしれません。

    ことばさあち
    http://cotoba.sijisuru.com/


    こちらはWEB作詞支援ツールです。韻を踏むのによい言葉を選んでくれます。

    作詞支援ツール/単語データベース(韻検索/母音検索/連想表示) 56万語を収録!!
    https://kujirahand.com/web-tools/Words.php

  • 13:userゼグァール(Zeguar)18/01/29 14:17

    作詞法は、ここがわかりやすいと思います。

    ≪作詞家としての作曲講座≫其の1-②:詞先制作でもキレイに歌詞を作るには?
    https://ameblo.jp/lyricist-h1r0i/entry-10728133459.html

    字数合わせは、『3 or 5 or 7 ± 1』

    ※こちらの方法が絶対というわけではありません。あくまで参考程度に。

  • 14:user餠(※旧字体)18/01/30 12:32

    掲示板で雑談するだけではアレなので、作品をひとつ投稿しておきました。
    存分にいじってやってくださいませ~

  • 15:userゼグァール(Zeguar)18/01/30 14:23

    餅さん、投稿ありがとうございます。

  • 16:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 15:03

    作詞について、すこしずつわかってきましたので、個人的な考えを書きます。

    「散文や詩の状態のものが、なぜ曲を作りにくいのか」についてです。


    はっきりといってしまえば、散文や詩の状態でも曲にできないことはないです。
    世の中にはそういった曲も、また、弾き語りなどのものもありますし。

    でも、それは「メロディを作る人の特権」です。
    作曲者側の視点で考えると、字数が合わない状態のものでは曲にしずらいのです。

    作曲では、ノリがよくなるように、似たようなフレーズをだいたい2回ほど繰り返すんですよ。
    (どういうことかわからない方は、こちらのページを見ていただければだいたいわかると思います。)
    https://riron.sitefactory.info/0409.html#a

    つまり、字数を合わせないと曲にしにくいですよ、ということです。
    ましてや「改変不可」な状態だとなおさらです。
    どれだけいい文でも、字数が大幅に合わないと、曲をつけるのは難易度が跳ね上がります。
    難易度が上がれば当然、目を向けてくれません。
    もしくは依頼しても、「自分でメロディ(またはリズム)だけでも作ってよ」といわれてしまうかもしれません。
    曲の一番だけ(short)とかならまだ大丈夫かもしれませんが、Fullだとまず厳しいです。
    仮にできたとしても、なんだか早口だったり歯抜けのような、聞いていて違和感のある曲になってしまいます。

    さて、少し厳しめなことを書きましたが、散文や詩の状態でも、
    「自分では作詞ができない」と諦める必要はありません。
    これから勉強していけばよいのですから。

    言い替えや字数を合わせて、ステキな「歌詞」にしてあげてください。

  • 17:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 15:15

    さて、上記のコメントを読んで、作詞なんてどうやればいいんだ!ってなると思います。
    まずは5・7・5(ごーしちご)で作ってみるといいかもしれません。
    いわゆる俳句と呼ばれるものですね。字足らず、字余りでも大丈夫です。
    とりあえずなんでもいいので5・7・5にしてみましょう。

    そうさくは どうしてこうも おもしろい byゼグァール

  • 18:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 19:39

    さて、俳句ができたら今度は替え歌をやってみましょう!
    コラボ内の作品で、改変ができるものであれば、替え歌が作れます。
    (コラボ外のものでも規約上大丈夫ですが、使うものはコラボ内のものにしておいてください。)
    できましたら創作ツリーの追加または関連作品に追加しておきましょう。

  • 19:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 19:40

    え、こんなので練習になるの?と思うかもしれませんが、十分練習になります!

  • 20:userゼグァール(Zeguar)18/02/08 19:54

    歌詞の字数について考える。 ※あくまで個人の考えです。

    絶対に字数を合わせなければいけないか、というとそうでもないです。
    少ないぶんにはまだよいのですが、多すぎるとせっかくの音が台無しです。
    でもやっぱり、あまりにも合わないものもダメです。どういう基準でしょうか。

    基準は、「±1」です。俳句でも、字足らず・字余りなどといいますね。
    なぜ「±1」かといいますと、1字少ない場合は休符を入れたり伸ばしたりすることで当てはめられます。
    1字多い場合はどこかしらの音を縮めることで対処できます。
    歌詞は、曲になったときのイメージをしながら書きましょう。

    どうでしょうか?よろしければ、上記の点を参考にしてみてください。

  • 21:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 17:53

    曲か歌詞、どちらが先かで字数合わせのやり方も変わってきます。

    ●曲先の場合
    曲が先で歌詞を付ける場合は、極力字数をあわせましょう。上記の「音数±1」が目安です。
    あまりに字数の合わないものは、作曲者のメロディを崩してしまうことになります。

    ●詞先の場合
    歌詞が先の場合は、字数がずれていても、改変可能であれば修正が可能です。
    また、大きくずれている場合でも作れないことはないです。
    作曲者の技量が問われるため、難易度はあがりますが。

  • 22:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 17:57

    もちろん、詞先の場合でも字数が合っている方が作りやすいです。
    部分的にメロディを繰り返さない場所を作ることで、字数を気にせずやるということもできますが。

  • 23:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 18:00

    まずは字数を合わせることから始めてみましょう。

    始めの内は、韻だとか○○法だとか気にしない方がいいです。
    そんなことを気にしだすと、そもそも書けなくなります。
    そういったことは、後々覚えましょう。

  • 24:userゼグァール(Zeguar)18/02/13 18:22

    「かえるのうた」で字数合わせについて見てみましょう。

    かえるの うたが
    きこえて くるよ

    クヮ クヮ クヮ クヮ
    ケケケケ ケケケケ(※)

    クヮクヮクヮ

    ※この部分は「ケロケロケロケロ」、「ゲゲゲゲゲゲゲゲ」、「ゲロゲロゲロゲロ」などとも歌われる。

    簡単にできてますけど、字数は合っています。
    最後のクヮクヮクヮだけ、繰り返さずそのままと言った具合です。

  • 25: [このメッセージは削除されました]

  • 26: [このメッセージは削除されました]

  • 27: [このメッセージは削除されました]

  • 28:userゼグァール(Zeguar)18/02/15 00:37

    有紀さん、ご説明ありがとうございます!
    次回も楽しみにお待ちしています。

  • 29:userゼグァール(Zeguar)18/02/16 15:25

    こんなサイトがあったのでご紹介。

    歌詞に道筋をつけよう。構成を決めることの必要性について
    http://dn-voice.info/lyrics-theory/04-constitution/

    曲先は音数(字数)という制限があるので歌詞が作りやすいです。
    詞先で曲を作っていく場合は、そういった制限がないので、ユニークな構成になることもあります。

    個人的に、始めは曲先か、替え歌で練習するのをオススメします。
    短めの曲も作っていくと思いますので、練習に使ってください。

  • 30:userゼグァール(Zeguar)18/03/10 23:06

    さて、字数を合わせましょう!といっても、最低限どこを合わせればいいのかイマイチわからないかと思います。
    では、どうすればよいのでしょうか。

    「同じメロディを使う部分は最低限字数を合わせましょう!」

    曲の1番と2番はできるだけ同じ字数にしないと歌として歌いにくいですね。
    詞先か曲先かで作り方は変わってきますが、これは共通していますね。
    まずは字数を合わせることから始めましょう。
    韻を踏むだとかそういったことを考える前に、まずは字数合わせです。
    難しく考えず、書いた文を言い替えたり書き変えてみたりして、字数を合わせていきましょう。

  • 31:userゼグァール(Zeguar)18/03/10 23:08

    少しだけですが散文も投稿していますので、字数合わせや言い替えなどの練習にもお使いください。

  • 32:userゼグァール(Zeguar)18/04/29 16:34

    ●韻を踏む

    「韻を踏む」ラップなんかにはよく出てきますね
    少し見てみましょう。

    「韻を踏む」ってどういう意味?
    http://in-note.com/article?id=1

    韻とは「2つ以上の言葉の母音がすべて一致している」ことをいいます。

    そもそも、母音とか子音とかなんだっけ?というお方はこちらでざっくり見ましょう。
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1011365145

    ざっくりと言えば、日本語の母音は「あ・い・う・え・お」です。

  • 33: [このメッセージは削除されました]

  • 34:userゼグァール(Zeguar)18/04/30 15:58

    nekopi catさん、補足ありがとうございます。
    ラップなどでと言っているのは、やっぱりイメージしやすいからでしょうね。

    歌詞をよくみていると、さまざまなジャンルで韻を踏んでいるものが見られますね。
    英語と日本語を混ぜた韻踏みは難易度が高そうですね。

    そんなわけで、韻にも種類があるみたいなので少し見てみます。

    韻を踏むってどういう意味!?韻を踏むための4つの方法。
    http://myfavinfo.com/2879.html

    脚韻・頭韻・母韻・子韻とあるようですね。
    うまく取り入れて、いい歌詞を作りましょう!

  • 35:userゼグァール(Zeguar)18/04/30 16:00

    作詞・初心者向けの注意点と心得
    https://yppts.adam.ne.jp/music/prct/lyric.html

    いろいろありますので、少しずつ練習していきましょう。

  • 36:userゼグァール(Zeguar)18/04/30 16:17

    ●ラップ

    韻を踏むコツを例文と一緒に紹介!今日からこれでラッパーだ
    http://myfavinfo.com/4522.html

    韻を踏むのはラップの歌詞だけ?韻を踏まないラップもあった!
    http://myfavinfo.com/4518.html

  • 37: [このメッセージは削除されました]

  • 38:userゼグァール(Zeguar)18/05/03 14:39

    他所のコラボのスレッドを紹介していいものか少々悩みましたが、
    共有知識としてありがたく参考にさせていただきましょう。

    作詞の基礎の基礎
    http://piapro.jp/collabo/?view=bbs_thread&bbs_thread_id=60761&id=26035

  • 39:userゼグァール(Zeguar)18/05/03 14:52

    まずは5W1Hを元に書いてみる。(多分私ができてないやつ)

    5W1Hをはっきり設定しよう!
    http://628b3d.seesaa.net/article/371473319.html


    そもそも5W1Hって何?というお方はこちら

    5W1Hの意味と正しい順番!具体例文を上げて文章の書き方も!
    http://szumilabo.com/5w1h/

  • 40: [このメッセージは削除されました]

  • 41:userゼグァール(Zeguar)18/05/03 15:32

    ちょっといろいろなコラボを巡回して探してきました!
    基礎の基礎を丁寧に記載していただいていましたので、見られる内に参考にさせていただきましょう。

  • 42: [このメッセージは削除されました]

  • 43: [このメッセージは削除されました]

  • 44:userゼグァール(Zeguar)18/05/03 15:56

    ラップを想定して書きましたので、ノリのいい感じに見えるのであれば嬉しいです。
    ただ韻を踏みたいが為にいろいろ書きましたので、内容は若干おかしいですけどね。

  • 45: [このメッセージは削除されました]

  • 46:userゼグァール(Zeguar)18/05/04 23:25

    無理やり感のある韻踏みテストに曲をつけていただき感謝です。

    コメント5でご紹介されている「ニコニコ道具箱」にもあるように、
    乱用して変にならないよう、韻は要所で使うのがよいかと思います。

    変に考えるより、直感で似ているような言葉を探してみましょう。
    (よく見るとちょっとダジャレも混ざってますね。)
    http://piapro.jp/t/zRpe


    また、韻を踏むのが難しいと感じたら、支援サイトを利用しましょう。

    韻ノート
    http://in-note.com/

    作詞支援ツール/単語データベース(韻検索/母音検索/連想表示) 56万語を収録!!
    https://kujirahand.com/web-tools/Words.php

  • 47:userゼグァール(Zeguar)18/05/08 12:06

    ざっくりとした説明をしてきましたが、こちらのサイトが作詞する際の目安にするといいかと思ったのでご紹介します。

    今更訊けない歌メロの歌詞を書くときの基本的な2つのタブー
    https://arynco.com/creation/lyrics-taboo-1/

    ●まとめ
    ・作詞で行うこと:メロディに言葉を割り振る
    ・メロディの最後、ロングトーンに「ん」が来るのはなるべく避ける
    ・歌い方やメロの振り方で吸収できる誤差の範囲は±1文字
    ・考えないで適当に書いたポエムはプログレにされます

    タブーとは言っていますが、絶対というわけではありませんので、
    初心者のうちはこの点を気をつけておくといいかと思います。

  • 48:userゼグァール(Zeguar)18/05/22 23:09

    ★作詞の曲先・詞先についての注意点まとめ

    ●曲先

    作曲者によってはメロディを変えるのを嫌う方もいるので、できるだけメロディの音数に字数を合わせておきましょう。
    字数合わせを怠ると、せっかくいい歌詞でも合わせられなくなることもあります。
    以前書いた±1字程度なら、字数のズレがあってもある程度は大丈夫かと思います。

    作詞初心者は字数という制約があるため、こちらのほうが作りやすく簡単かと思います。

    ●詞先
    作詞者が自由に構成や音数を決められます。
    1フレーズ(一句)ごとに字数を合わせる必要はありません。
    大事なのは、1小節に何文字入るか考えて1フレーズを作ることです。

    ただ、同じメロディを使う部分(1番・2番など)はできるだけ字数を合わせておきましょう。
    大幅に字数が合わないものだと、作曲者がさじを投げます。あと聞いていて早口になるか間延びするかします。
    自分で作曲ができる場合か、技量がある方に作曲を依頼する場合はご自由に。

    こちらは作曲者が作りやすいように考える知識が必要になります。
    自由度はこちらのほうが高いです。

  • 49:usertanaka_tanako18/05/29 00:41

    作詞方法やお役立ちリンクなど、とても参考になります…!
    私も曲先での作詞であれば参考程度にお答え出来ることもあると思いますので
    何かご質問がありましたら何でもどうぞっ
    お互いに色々共有できたらいいなと思います^^

  • 50:userゼグァール(Zeguar)18/06/13 19:42

    詞先で作詞する場合に、キャッチーな曲になるよう考える方法について。

    作曲では、2~3回ほど繰り返すと、耳に残りやすいということが最近わかってきましたので、
    そこから作詞すると、おおよそですがこうなると思います。

    ●4フレーズで1ブロックを構成する場合の字数

    ・同数 同数 変数 変数

    ・同数 同数 同数 変数

    こんな感じですかね。同数の部分は±1字程度なら大きく変わらないと思います。
    私もまだまだ研究中ですし、あくまで主観ですので、参考程度にどうぞ。

    聞いたほうが早いという方は、こちらを参考にどうぞ。

    ねがいごと
    http://piapro.jp/t/ia0B

    サビは若干変則的ですが、だいたいこういうことです。

  • 51:userゼグァール(Zeguar)18/06/13 19:51

    ●参考になりそうな作詞ピアプロ講座

    試験に勝つ!(嘘)作曲者が喜ぶ歌詞の作り方
    http://piapro.jp/t/nBTN

    歌詞の作り方&アレンジ方法について
    http://piapro.jp/t/5wg3

    歌詞を書く上でのポイント【PC推奨】
    http://piapro.jp/t/YcKd

  • 52:userゼグァール(Zeguar)18/06/28 14:18

    51の続き。

    ・同数 変数 同数 変数

    などもありますね。

    すべてがこのパターンで無いといけないというわけではなく、
    キャッチーさをもたせたい(印象に残したい)部分に使うと効果的かと思います。

  • 53:userゼグァール(Zeguar)18/06/28 14:19

    上記のコメント51じゃなくて50の続きですね、失礼しました。

  • 54:userゼグァール(Zeguar)18/07/30 15:04

    曲先であれば、メロディの音数に従っていれば問題ないですが、
    詞先で作る作詞家は、作曲の知識を多少知っていないといけません。
    作詞と作曲は密接な関係にあるので、作詞するには作曲の知識が少し必要です。

    以下の点に注意してみてください

    ・ただの文章になっていないか。
    ・書きたいことを詰めすぎて、長くなっていないか。
    ・構成やフレーズの区切りがあるか。
    ・展開はあるか。(A・B・サビなど)
    ・モチーフはあるか。(繰り返すフレーズ)

    人に好まれるメロディーの秘密
    https://www.ssw.co.jp/music_seminar/02/index.html

    メロディーのリズムを解説!良い音楽を作曲する秘訣とは?
    http://music-b.com/melody_rhythm

  • 55:userNori_Style【ボカロP(作編曲等)募集】18/07/31 06:18

    わたしが良くやるのが、例えば文字数、7と5が主体のフレーズだとすると、
    7-5-7-5
    7-5-7-7
    7-5-7-5
    7-5-5-7(もしくは 7-5-7-7-5)
    と、ラスト音を上げ調子にしたり、下げ調子にして
    次のパートへのアクセント。もしくはサビの締めに使います。変でしょうか?

  • 56:userゼグァール(Zeguar)18/07/31 08:18

    Noriさん、いいと思いますよ。

  • 57:userNori_Style【ボカロP(作編曲等)募集】18/08/01 01:56

    ほっ(+o+) よかった。
    この調子で作詞をすると、作曲の方はしづらいようでして、ただ文字合わせられてないと思われがちなのです。

  • 58:userゼグァール(Zeguar)18/08/04 11:07

    詞先作曲での注意点
    http://www.4th-signal.com/compose/know/20070927_notice_of_lyric_first.html

  • 59:userNori_Style【ボカロP(作編曲等)募集】18/08/07 04:08

    ゼグァールさん。ありがとうございます。精進します(;´Д`)

  • 60:userゼグァール(Zeguar)18/08/10 01:02

    作詞の注意点について見ていきます。
    自分自身も未熟なため、気をつけていきたいところです。

    独学でやってる自称“作詞家”の書いた詞には度々困らされる【必要とされる作詞法とは】
    http://www.crimsonboots.com/Entry/380/

    【一部抜粋】
    ”作詞家自身が作曲をしてみるというのは非常によい経験になる。自分が書いた歌詞で曲を作ってみて、そして歌ってみるのだ。別に公表しなくてもいい。作曲家の仕事を自分で経験するだけで大きなアドバンテージだ。”

    最近の曲がヒットしない原因は「歌詞の文字数」!? 往年のポップスと比較してみると…
    https://citrus-net.jp/article/51795

    ”往年のヒットソングの歌詞は概して短い”
    字数は少ないほうが覚えやすい傾向のようです。

    メロディーに歌詞を乗せるときの注意点
    http://ch.nicovideo.jp/kakimiya-music-CG-theorize/blomaga/ar295444

    曲先のお話。イントネーションに気をつけましょう。

    ボカロ曲の歌詞の文字数、BPM、演奏時間について
    https://piapro.jp/t/6NVp

  • 61:userゼグァール(Zeguar)18/09/04 12:10

    曲先で一度練習してみましょう。

    栄光へのキセキ-inst
    https://piapro.jp/t/Mi06

    まずは、メロディの音数を数えましょう。

  • 62:userゼグァール(Zeguar)18/09/04 12:11

    ちょっと構成がわかりにくいかもしれませんので、数えたものを書きます。

    A
    ・・・・・ ・・・・・
    ・・・・・ ・・・
    B
    ・・・・・・・・ ・・・
    ・・・・・・・・
    S
    ・・・・ ・・・・ ・・・・
    ・・・・ ・・・・ ・・・・・
    ・・・・ ・・・・ ・・・・
    ・・・・ ・・・ ・・・

    音数に合わせて文字を打ちましょう。
    数える時は、上のように点や「あ」など簡単に押せる文字を使うとやりやすいです。

  • 63:userゼグァール(Zeguar)18/09/04 12:13

    今回の曲の構成は、A・B・S・A・B・S・間奏・B・Sの順です。
    これに合わせて歌詞を練っていきます。

  • 64:userゼグァール(Zeguar)18/09/10 21:23

    まず気をつけるべきなのは、字数ですね。
    字数を合わせると言っても、ただ合わせればいいというわけではありません。
    メロディの句切れに気をつけて歌詞を乗せましょう。

    今回の例ですと、Aメロを見てみると字数は10・8となっていますね。
    ですが、細かく句切れを見てみると、5・5・5・3となっています。

    つまり、10字と8字として歌詞を考えてしまうと、区切れが変になってしまう可能性があります。
    10字のところに、「いっぽふみだしてみて」と入れてしまうと、

    5・5で区切ってますので、「いっぽふみ・だしてみて」となってしまいます。
    なんとなく言葉の切れ目が変な感じですね。

    8字のところに、「きっとできるから」と入れてしまうと、
    5・3で区切ってますので、「きっとでき・るから」となり、これも変ですね。

    作詞において、メロディに乗るかどうかというのは大事です。
    メロディの区切れを意識して作りましょう。
    これが、字脚を整えることの考え方の一つです。

    詩と詞の違い。字脚を整えて歌詞にする方法
    https://dn-voice.info/lyrics-theory/06-syllable/

  • 65:userゼグァール(Zeguar)18/10/23 11:53

    作詞は曲と密接な関係にあるものですので、少し作曲の知識が必要です。

    作曲には、「モチーフ」と呼ばれているものがあります。
    いわゆる、繰り返す音のフレーズです。

    ぱっと思い出せる曲をイメージしてみてください。
    よく音の流れに注目してみると、同じフレーズを繰り返している部分があるはずです。


    モチーフを知ることが、印象に残る歌詞を書くことへの第一歩になります。

  • 66:userゼグァール(Zeguar)18/11/05 15:25

    素敵な作詞をしよう!!作詞入門・作詞の仕方・方法・書きかた・コツ・アドバイス☆彡作詞サイト
    https://matome.naver.jp/odai/2141431813490328601

    【抜粋&まとめ】

    ●最初に一行で、まず惹きつける。
    最初の一行は、一番聞こうとしているときで、耳に入りやすいため、ここはとても重要です。
    サビは一番心に残るところなので、伝えたいことや、強調したいフレーズを入れます。

    ●テーマで言いたいことはひとつが基本。
    何個もテーマがあると、聞き手に伝わりにくく、分かりずらいです。
    しっかりテーマがずれないように、まとめて書きます。

    ●曲先でかいてみる。
    練習は、既存曲の替え歌からでもいいでしょう。
    歌詞の字数が多いものは避けてください。
    まずは、短めのものにします。

    ●俳句で練習してみるのもよい。
    一番と二番の、文字の数が同じにならないといけません。曲は基本、同じですからね。
    自由詩ですと、曲がのらないのです。字数の制限がありますから。
    俳句などは、短めな作詞のような感じなので、57577で作ってみるといいですよ。

    一文字、二文字くらいの字余りなら、曲をつけるときになんとかなります。
    作詞先行なら、何となくの曲をつけて言葉を乗せると、スムーズにいきます。
    鼻歌くらいでいいので、やってみてください。

    ●詞は起承転結で書いていきます。
    起 はじまり
    承 はじまりのつなぎ
    転 展開で盛り上がり
    結 結び

    ●印象付ける、キラっと光る歌詞にするには!
    例えば、聞きなれない単語、誰かが口にした、意味不明の単語、素敵だなって思った言葉などを
    タイトル&サビに入れると効果的です。

    ●見直すべき点はないか?
    作詞ではなく、一番と二番の内容が違う。
    字数があっていない。
    普通の詩がかいてあるだけ。
    読んでいて、つまらない
    読むと、意味不明
    何が言いたいかわからない
    統一感がない
    個性がない
    詞にリズム感がない
    心惹かれる素敵な言葉がない
    共感できない
    サビが重要なのに、強調されていない。

    などがあげられます。

  • 67:user餠(※旧字体)18/12/18 15:16

    久しく幽霊部員してますが、ちょいと思うところがあったのでここを借りて書きたいと思います。

      みなさん【推敲】してますか??

    理論・音の数・キャッチーさ、そういった押さえるべきポイントをふまえたうえで、じゃあ実際にどう実践していくのか? という段階で、どうも多くの人があまりやってないんですよね、推敲。

    感じたままを書けばいい、なんてのは当たり前。心にもないことなんてもともと書けるわけがないんだから。
    その先へ進もうって話なんですよ。いいものを創るためにがんばろうよ、ってことが言いたいんです。
    続く↓

  • 68:user餠(※旧字体)18/12/18 15:17

    拙作を例に実例を紹介しますね。

    「 限界なんてどこにもない
      進もうよどこまでも  」

    最初、思いついたままこう書いたわけです。ここでまず第一段階、
    (1)一晩寝かす
    これが推敲の第一歩です。書いてるときは興奮状態なので、冷静な判断ができません。一日~数日程度、時間をおいてから読み直すとアラが見つかりやすい。

    (2)適切な語句を選ぶ
    で、例文をみると「どこ」がカブっているわけです。これはたいへんカッコ悪い。
    効果的だと判断して「意図的に」繰り返す場合を除いて、直近になんとなくで同じ語句が出てくるのは、避けた方が良い場合がほとんどです。
    なので、直します。

    「 限界なんて決めないでいい
      進もうよどこまでも  」

    (3)響きを考慮する
    さらに、これは歌詞ですから、歌としての響きがどうなっているかを考慮します。
    レン君に歌ってもらったところ、後ろの「進もうよ」との間が狭すぎておさまりがよくないとわかったので、直します。

    「 限界なんて決めないで
      進もうよどこまでも  」

    これを歌ってもらうと、「で」という濁る音が末尾にきていることによって響きがいまいちキレイでない、と感じたので、またまた直します。

    「 限界なんて決めずに
      進もうよどこまでも  」

    これで、長さも響きもまずまずキレイにはまったので、これで完了としました。

  • 69:user餠(※旧字体)18/12/18 15:18

    複数人で作業する場合、作詞と調声が別人ということも多いと思います。
    作詞担当者は、上記のような状況を想定して、調声担当から意見があったときに「うわ、私の歌詞が否定された!」などと早とちりで憤慨しないでほしいと思います。(似たようなケースをよそで何度か見かけたので)
    調声担当も、しり込みせず言うべきことは伝えた方が良いと思います。

    目的は、少しでも良い作品に仕上げること、のはずですからね。

    というわけで、ひとりで作るときでも複数人でも、しっかり手間をかけて推敲をやりましょうという意見でした。

  • 70:userゼグァール(Zeguar)18/12/19 06:50

    なるほど、推敲ですか。
    こういった情報はなかなか知りえないので助かります!

  • 71:user影-ei-18/12/21 11:25

    餠さん!!
    推敲…順番に段階を経て行くのですね(`・ω・´)
    自分はあとから、こっちのほうが良かった~とか、ここ失敗したーとよくなりますが、
    先に出来るところまで推敲すると、そういった事が減るのですね。勉強になります!

    そして、グループ・コラボだと推敲の概念が馴染んでないと、起こりうることで
    どう言葉にすればいいのか解らずモヤモヤしていたものは、まさに、これ・・・!です。( ´ω`*)
    表現力、言葉の情報量、伝達の仕方。こういった芯が通っていて、やわらかな言葉で
    たくさんの創作に携わる方々に、伝えられたらきっと素敵ですね。

  • 72:user影-ei-19/02/07 21:46

    ふと思ったので、こちらに書き残し・・・。
    自分は、作詞とか小説とかを上手く作れないんですけれど、言葉を面白いな奥深いなってよく思います。

    日本語の表現は、ひらがな、カタカナ、漢字、ローマ字、日本語を英語(外国語・空想語)で書く、
    書体も基本のものから、フリーフォント、手書きオリジナルまで色々あって・・・。
    漫画などの文化があるので、当て字などもスムーズに受けとめられる事もあって、拡がりがすごいです。

    自分が思っている表現により近いものを選んで使っていくのと同時に、
    ちょっと捻った表現にしたいときや、言葉の意味に自信が無い時は、先にググってみたり。

    で、何が言いたいのかというと、文字で表現する時に、いろいろな表現が出来るということです。
    ※助詞・助動詞などで言葉や文章の意味が変わるのも奥深いですが、そこは省きます

    例えば、「やさしい」という言葉ですが、

    やさしい
    ヤサシイ
    優しい
    易しい
    YA/SA/SHI/I
    夜砂詩慰
    kind(参照:http://upgradeourenglish.com/speaking/kind-expressions/

    受ける印象が違うと思います(ひとつは漢字違いで、意味も違います)
    また、動画などでは とくにそうなのですが…。
    例として「優しい」をいくつか書いてみると、区切り方や空白の間隔で、表現がさらに広がるんです。( ´ω`*)

    優しい   優 し い   優 し い   優 し い   優し い   優し い   優 しい   優 しい

    普通   全角/半角スペース   全角半角スペース組み合わせ   文字の切れ目

    こういう遊び心があって色々出来るものなので、もしコラボとかで自分の詞を使って貰える機会とかがあれば、
    歌詞の中に含まれる背景や意味、風景などなど、考えていたことや、希望とかは(無理がない範囲で)
    お伝えできたらいいなっておもいます。相談に乗ってくれたり聞いてくれる作家さんだと嬉しいですね。

    同時に、掲示板に書き込む時も、読みやすさを考えて入力したりします。(たまに変な行変えになるけど)
    ちょっと、半角スペースを入れるだけで「、」では 違和感 になるような文字の切れ目が解消されたり。
    日本語の文章の書き方としては、間違いだけれど…。

    楽しい・・・。

  • 73:userゼグァール(Zeguar)19/02/27 00:49

    【超初心者向け】良い歌詞を書くために最低限守らなければいけない6つの掟
    https://koya-sus.com/write-good-lyrics/

  • 74:user影-ei-19/03/02 06:11

    歌詞だけでなくて、他の工程もそうなんですが…。
    誰かと一緒に進める、認めて貰う事を前提として創作する。→この場合、ゼグさんや他の方のアドバイス内容必須。

    逆に、ただ自分の作りたい物を作るだけ。そっち最優先の場合だと、割と何でも根性でなんとかなります!!笑。
    ただ、根性が無いと潰えるので、自分次第。

    これは最近投下した動画の歌詞ですが、5.7.5.に近ければブレててOKwなぜなら、無理やり調整するから!!
    ただし、曲完成まで、すべて自分でやるけれど。

    生まれてくれて ありがとう
    生んでくれて ありがとう

    そばにいてくれて ありがとう
    さそってくれて ありがとう


    あそんでくれて ありがとう
    共感を ありがとう

    やさしさを ありがとう
    生まれてきたね ありがとう

    おいしいものたべて
    あーそびーましょー・・・!

    評価は気にしない事。^_^;
    次作ってるのも、ここまでばらばらです。

    19

    23
    24

    19
    14

    12
    14

    18
    20

    16
    17

    19
    16

    13

    9
    9
    8
    5

    19
    4

    曲作りの構成も全て無視しています。でも案外何とか出来る!
    ♩=♪♪=♫ テンポ60=テンポ120の半分の遅さ みたいな知識を得ていれば、大丈夫。
    作るの楽しい…。

  • 75:user影-ei-19/03/02 06:21

    5の倍数にあと数文字足りない…ちょっと多い…そんな部分、そこを♪の公式で、間を取りつつ無理やり埋めて行きます。
    なので、リンクに書かれていた手法と同じであり、ただ「こうやって作る」意識だけ除いて「適当」に。

    予定(理想)と合わない部分は、強引に調整。変更するのも自分自身しか関わらないから、問題ない。
    ただ、言いたい事や伝えたい事、コアになる部分は必要。

    なので、まず基本を知って、知識を得て、できない><。ってなるより、てきとうでいいから。
    ・・・根性あればできる。時間がかかっても、あきらめなければ、いつかできる。って伝えたい…。

  • 76:user影-ei-19/03/02 08:34

    補足:最初はそれで、できた!って思えたら…。その後は、良い曲・歌詞・作品を作りたい場合は
    やっぱりキチンとした流れや方法に沿ってないと、歌舞伎でもあるように、型(形?)を守ってから崩す、のが一般的。
    そういしないと、違和感を感じてしまう=良い評価や印象につながりにくいかもです。
    できれば、自由にすることは楽しいことだけど、変なクセが付いてしまう怖さもあります。
    自由にやりたい場合はおすすめ、でもきちっとしたい時には、お勧めできないです。
    息抜きで楽しむには最適かもです( ´ω`*)ノシ 長々と連騰失礼しました。

  • 77:user影-ei-19/03/02 11:22

    DTMとかに貼るべきかもですが…上記関連で^_^;好き放題言わせて頂いた、おわびというか…
    わかりやすかったので。https://drumimicopy.com/time-signature/

  • 78:user影-ei-19/03/06 19:58

    歌詞…当て字を常に使っています。レッツ中二病!!です。それはさておかせて頂きまして…。

    歌詞を並べる時のお供。辞書、辞典。昔は広辞苑をぱらぱらと捲るのが楽しく、
    漢字の違いで表す意味が変わるのが楽しかったです。昨今ではWeb上で調べられるのが便利で、
    類義語とかも、さっと出てくるので楽ですね( ´ω`*)

    ただ、見間違い勘違い、英文や外国語は翻訳・理解間違いが多くなりがちですが…。苦笑。
    自分は思いついたまま、そのままを並べて音を付けて行く感じなので、あまり参考になりませんが、

    ちょこちょこ、辞書を捲って気楽に眺め見たり、類似語とかを「こんな表現・意味があるのか…」と日常的にすると
    少しだけ言葉の表現や、表したい事の字数制限に拡がりが出来て、よりイメージに近づける事が出来る気がします…。

▲TOP