関連する動画

【コラボ歌詞】ありがとうを胸に【小学生向け合唱曲】

   「ありがとうを胸に」


A1
窓の外を見上げたら
新しい光
見えた気がした

B1
別れの日の
春の朝は
世界がとても
まぶしく
見えるよ

さよなら

A2
ふと梢を見上げたら
新しい若葉
芽吹いていた

B2
別れの日の
今この時
すべてがとても
やさしく
見えるよ

ありがとう


S1
初めて門を くぐった日より
心も体も 大きくなって
思い出という 翼を広げ
未来の風を 背中に受けて

S2
晴れ渡る空 希望を胸に
新しい一歩 踏み出していく
真っ白な地図 未来のしるし
旅立とう さぁ 夢に向かって

今……


SS
さよなら
(先生)

ありがとう
(友達)

さよなら
(思い出の場所)

ありがとう
(すごした日々)

さよなら……

ああ

ありがとう



【平仮名版】↓

A1
まどのそとを みあげたら
あたらしい ひかり
みえた きがした

B1
わかれのひの
はるのあさは
せかいがとても
まぶしく
みえるよ

さよなら

A2
ふとこずえを みあげたら
あたらしい わかば 
めぶいていた

B2
わかれのひの
いまこのとき
すべてがとても
やさしく
みえるよ

ありがとう

S1
はじめてもんを くぐったひより
こころもからだも おおきくなって
おもいでという つばさをひろげ
みらいのかぜを せなかにうけて

S2
はれわたるそら きぼうをむねに
あたらしいいっぽ ふみだしていく
まっしろなちず みらいのしるし
たびだとう さぁ ゆめにむかって

いま……

SS
さよなら
   (せんせい)

ありがとう
    (ともだち)

さよなら
   (おもいでのばしょ)

ありがとう
    (すごしたひび)

さよなら……

ああ

ありがとう

【コラボ歌詞】ありがとうを胸に【小学生向け合唱曲】

   「ありがとうを胸に」


A1
窓の外を見上げたら
新しい光
見えた気がした

B1
別れの日の
春の朝は
世界がとても
まぶしく
見えるよ

さよなら

A2
ふと梢を見上げたら
新しい若葉
芽吹いていた

B2
別れの日の
今この時
すべてがとても
やさしく
見えるよ

ありがとう


S1
初めて門を くぐった日より
心も体も 大きくなって
思い出という 翼を広げ
未来の風を 背中に受けて

S2
晴れ渡る空 希望を胸に
新しい一歩 踏み出していく
真っ白な地図 未来のしるし
旅立とう さぁ 夢に向かって

今……


SS
さよなら
(先生)

ありがとう
(友達)

さよなら
(思い出の場所)

ありがとう
(すごした日々)

さよなら……

ああ

ありがとう



【平仮名版】↓

A1
まどのそとを みあげたら
あたらしい ひかり
みえた きがした

B1
わかれのひの
はるのあさは
せかいがとても
まぶしく
みえるよ

さよなら

A2
ふとこずえを みあげたら
あたらしい わかば 
めぶいていた

B2
わかれのひの
いまこのとき
すべてがとても
やさしく
みえるよ

ありがとう

S1
はじめてもんを くぐったひより
こころもからだも おおきくなって
おもいでという つばさをひろげ
みらいのかぜを せなかにうけて

S2
はれわたるそら きぼうをむねに
あたらしいいっぽ ふみだしていく
まっしろなちず みらいのしるし
たびだとう さぁ ゆめにむかって

いま……

SS
さよなら
   (せんせい)

ありがとう
    (ともだち)

さよなら
   (おもいでのばしょ)

ありがとう
    (すごしたひび)

さよなら……

ああ

ありがとう

【歌詞応募】光へ、未来へ【春の歌・すたじお ぱぷりか様】

題名『光へ、未来へ』

1.
空を見上げ 風がそよぐとき
私の目に 映る人は今
通り過ぎた 季節に手を振り
旅立つ時を 待ってる

悲しみを 越えて行けると
笑っていた まばゆい陽を
あびて

どうぞお行きなさい 信じた道
幸せをつかむと
迷わずに進んでいけば良い

未来へ……!

2.
鳥が歌い 若葉薫るとき
私の背を 見守る人は今
手をつないで 歩いたこの道
そっと気配 離れてく

別れさえ あたたかいのは
重ねてきた 思い出の数
だから……!

どうか信じていて 私の行く
この道はきっと
あなたを照らす光になる

未来へ……!


【ひらがな】
1.
そらをみあげ かぜがそよぐとき
わたしのめに うつるひとはいま
とおりすぎた きせつにてをふり
たびだつときを まってる

かなしみを こえていけると
わらっていた まばゆいひを
あびて

どうぞおゆきなさい しんじたみち
しあわせをつかむと
まよわずにすすんでいけばいい

みらいへ……!

2.
とりがうたい わかばかおるとき
わたしのせを みまもるひとはいま
てをつないで あるいたこのみち
そっとけはい はなれてく

わかれさえ あたたかいのは
かさねてきた おもいでのかず
だから……!

どうかしんじていて わたしのゆく
このみちはきっと
あなたをてらすひかりになる

みらいへ……!



【歌詞応募】光へ、未来へ【春の歌・すたじお ぱぷりか様】

題名『光へ、未来へ』

1.
空を見上げ 風がそよぐとき
私の目に 映る人は今
通り過ぎた 季節に手を振り
旅立つ時を 待ってる

悲しみを 越えて行けると
笑っていた まばゆい陽を
あびて

どうぞお行きなさい 信じた道
幸せをつかむと
迷わずに進んでいけば良い

未来へ……!

2.
鳥が歌い 若葉薫るとき
私の背を 見守る人は今
手をつないで 歩いたこの道
そっと気配 離れてく

別れさえ あたたかいのは
重ねてきた 思い出の数
だから……!

どうか信じていて 私の行く
この道はきっと
あなたを照らす光になる

未来へ……!


【ひらがな】
1.
そらをみあげ かぜがそよぐとき
わたしのめに うつるひとはいま
とおりすぎた きせつにてをふり
たびだつときを まってる

かなしみを こえていけると
わらっていた まばゆいひを
あびて

どうぞおゆきなさい しんじたみち
しあわせをつかむと
まよわずにすすんでいけばいい

みらいへ……!

2.
とりがうたい わかばかおるとき
わたしのせを みまもるひとはいま
てをつないで あるいたこのみち
そっとけはい はなれてく

わかれさえ あたたかいのは
かさねてきた おもいでのかず
だから……!

どうかしんじていて わたしのゆく
このみちはきっと
あなたをてらすひかりになる

みらいへ……!



【歌詞応募】光へ、未来へ【春の歌・すたじお ぱぷりか様】

題名『光へ、未来へ』

1.
空を見上げ 風がそよぐとき
私の目に 映る人は今
通り過ぎた 季節に手を振り
旅立つ時を 待ってる

悲しみを 越えて行けると
笑っていた まばゆい陽を
あびて

どうぞお行きなさい 信じた道
幸せをつかむと
迷わずに進んでいけば良い

未来へ……!

2.
鳥が歌い 若葉薫るとき
私の背を 見守る人は今
手をつないで 歩いたこの道
そっと気配 離れてく

別れさえ あたたかいのは
重ねてきた 思い出の数
だから……!

どうか信じていて 私の行く
この道はきっと
あなたを照らす光になる

未来へ……!


【ひらがな】
1.
そらをみあげ かぜがそよぐとき
わたしのめに うつるひとはいま
とおりすぎた きせつにてをふり
たびだつときを まってる

かなしみを こえていけると
わらっていた まばゆいひを
あびて

どうぞおゆきなさい しんじたみち
しあわせをつかむと
まよわずにすすんでいけばいい

みらいへ……!

2.
とりがうたい わかばかおるとき
わたしのせを みまもるひとはいま
てをつないで あるいたこのみち
そっとけはい はなれてく

わかれさえ あたたかいのは
かさねてきた おもいでのかず
だから……!

どうかしんじていて わたしのゆく
このみちはきっと
あなたをてらすひかりになる

みらいへ……!



【歌詞応募】光へ、未来へ【春の歌・すたじお ぱぷりか様】

題名『光へ、未来へ』

1.
空を見上げ 風がそよぐとき
私の目に 映る人は今
通り過ぎた 季節に手を振り
旅立つ時を 待ってる

悲しみを 越えて行けると
笑っていた まばゆい陽を
あびて

どうぞお行きなさい 信じた道
幸せをつかむと
迷わずに進んでいけば良い

未来へ……!

2.
鳥が歌い 若葉薫るとき
私の背を 見守る人は今
手をつないで 歩いたこの道
そっと気配 離れてく

別れさえ あたたかいのは
重ねてきた 思い出の数
だから……!

どうか信じていて 私の行く
この道はきっと
あなたを照らす光になる

未来へ……!


【ひらがな】
1.
そらをみあげ かぜがそよぐとき
わたしのめに うつるひとはいま
とおりすぎた きせつにてをふり
たびだつときを まってる

かなしみを こえていけると
わらっていた まばゆいひを
あびて

どうぞおゆきなさい しんじたみち
しあわせをつかむと
まよわずにすすんでいけばいい

みらいへ……!

2.
とりがうたい わかばかおるとき
わたしのせを みまもるひとはいま
てをつないで あるいたこのみち
そっとけはい はなれてく

わかれさえ あたたかいのは
かさねてきた おもいでのかず
だから……!

どうかしんじていて わたしのゆく
このみちはきっと
あなたをてらすひかりになる

みらいへ……!



▲TOP