【曲決定】 『茜雲』

投稿日:2010/11/13 17:00:26 | 文字数:1,304文字 | 閲覧数:268 | カテゴリ:歌詞 | 全5バージョン

ライセンス: この作品にはライセンスが付与されていません。この作品を複製・頒布したいときは、作者に連絡して許諾を得て下さい。

応募用の歌詞です。★10/28 採用されました!
↓本家はコチラ↓
http://piapro.jp/content/jamcym6xk7876he1

11/13 遅まきながら最終決定版を反映。
色々ホントに勉強になりました、ありがとうございます☆

そして色々調べたついでにKAITO兄さんの魅力に打ちのめされて、ヘンな方向に傾きつつある今日この頃です…。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

[1A]
夕暮れに 染まる町
まだ少し 迷う僕
落ちる影の向こう 佇む景色は
どこか 君の笑顔 似ているよ(う)に見えて

[1B]
足跡 なぞるように
通り過ぎてく風の音
伸びてく 飛行機雲
君の目に 届いている?((ように)願う)

[1S]
まっすぐ光る雲 西を染めてく
茜色の空 見上げ
また いつの日か 君と★【二人】
笑い合えるよ(う)に 願(う)
今なら きっと言える
誰より好きだと

[2A]
一つずつ線を辿って
曲がる角 手を振った
小さな思い出は も(う)遠いけれど
今でも 僕の中 温かく照らすよ

[2B]
あれから 楽しいこと
苦しいこと★【辛いことも】あったけれど
胸を張って 話せるように
僕もまだ 歩いている

[2S]
東を昇る月 西に残った
茜色の雲 見上げ
一つだけ 伝えたい 僕は
今もまだ ここにいる
君のいないこの町に
また明日が来る

[3C]
影法師 汚れた靴で
いくつも夢 追いかけてた
振り返る まっすぐな道を
変わらずに照らす 茜色

[3S]
薄れて消える雲 西に輝く
茜色の空 見上げて
もう一度 いつの日か 二人で
笑い合えるよ(う)に 願(う)
今なら きっと言える
誰より好きだと

空を染める 夕暮れを
また二人で見よう

------------------------------
譜割り用
------------------------------

[1A]
ゆうぐれに そまるまち
まだすこ し まようぼく
おちる かげ のむこお たたず むきせつわ
どこかき みのえがお にている よにみえて

[1B]
あしあと なぞる よおに
とおりすぎてく かぜ のおと
のびてく ひこ お きぐも
きみのめ に とどいている(よおに/よ(に)ねが)

[1S]
まあすぐ ひかるくも にしをそ めてく
あかね いろのそら みあげえ
また いつのひか きみ と ★【ふた り】
わらい あえるよ にねが
い まならきいといえ る
だれよりす きだと

[2A]
ひとつずつ せん をたどおて
まがるか ど てをふうた
ちいさなお もいでわ も とおいけれど
いまでも ぼくのなか あたたかく てらすよ

[2B]
あれから たのし いこと
くるしい ことああた けれど ★【つらいこ ともああた けれど】
むねをはあてはなせ るよに
ぼくもま だ あるいている

[2S]
ひがしを のぼるつき にしにの こおた
あかね いろのくも みあげえ
ひとつだけ つたえたい ぼくわ
いま もま だここ にいる
きみのいないこ のまちに
ま たあした がくる

[3C]
かげぼおし よごれた くつで
いくつも ゆめ おいかけてた
ふりか える ながいな がい みち
かわらずにて らす あか ねいろ

[3S]
ひがしを のぼるつき にしにか がやく
あかね いろのそら みあげて
もおいちど いつのひか ふたりで
わらい あ えるよ にねが
い まならきいといえる
だれよりす きだと

そらをそめるゆ うぐれを
またふたりでみよ お


歌詞提供楽曲の公開マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/22196729
ネタメインの自作曲マイリス⇒http://www.nicovideo.jp/mylist/23436480


↓メールアドレス↓※□を@に変えてください。
redmoon9312□yahoo.co.jp


たぐい

もっと見る

作品へのコメント1

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    こんばんは、りゅくです。
    拙作に歌詞を御応募頂きました御礼に伺いました。
    「採用です!」でいきなり「ここをちょっと……」と依頼に入ってしまったため色々と前後してしまいましたが、他の皆様と同じように今回の選考に関しての私なりの感想をお伝えいたします。

    御応募頂いた当初のメッセージにもありますが、私が抱いていたイメージよりも遅い時間の風景を描かれており、茜色の空よりも星の輝くグラデーションの空の印象を受けました。
    歌詞の説明の「失恋」というワードと合わせ「少し雰囲気が沈んでしまうかも」と思っていたのが、実際に歌にして良い意味で裏切られました。
    柔らかい声を持つKAITOを脳内で歌わせて想像していたよりもずっと芯のある前向きな歌詞なのだと気付きました。
    3か所あるサビの冒頭を同じフレーズで統一し、そこに出てくる「茜色の空」で風景を強く印象付けられ、全体を引き締めると同時にきっちりと纏め上げられた歌詞の構成の仕方で、たぐい様の歌詞を採用しようと決めました。
    特別な奇をてらった言葉では無く、シンプルな言葉で語られる歌詞は聴いていて心地よく、すとんと頭の中に入ってきました。
    一見すると簡素過ぎるイメージの歌詞も、主人公の気持ちをはっきりと描くことで説明しすぎ無い余白の部分の想像を掻き立てられます。
    タイトルはやはり「茜雲」のまま行きたいなぁと考えていたため、リライトの一つに飛行機雲が出てほくそ笑んでおりました!サビの部分もそれに合わせて素敵な歌詞がつけられており、3か所のサビを少しずつ変えて時間の経過を表すのも面白いだろうと、現在確認頂いている歌詞の形になっています。(ということでメールお送りしておりますのでよろしくお願いします。今確認です!)

    皆さまに向けての御挨拶にも書かせて頂きましたが、歌詞応募をさせて頂き私自身勉強することがとても多く、また自分の中で固まりきっていない世界を皆さまの力をお借りして作り上げていくことになりました。
    お一人お一人の歌詞それぞれに惹かれるものがあり、文章を書かれる方の独自の世界を見せて頂きたいという気持ちがあったので、極力私からのイメージは指定せず自由に主人公を動かして貰いたいという目論見は、様々な視点の歌詞を拝見し叶いました!
    完成に向けてまだ難関は山盛りですが、ご協力よろしくお願いします┏○ペコ

    りゅく

    2010/10/30 03:11:41 From  りゅく

  • 【KAITO】 茜雲

    by りゅくさん

オススメ作品10/31

もっと見る

▲TOP