『輝く時期』

投稿日:2010/02/21 20:15:46 | 文字数:739文字 | 閲覧数:107 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

冷たく強い風吹く 丘の上で佇んでた
寒さ耐え夢も無く 一人震えていた

周り見渡したなら 仲間達が見つかるよ
ゆっくりで良い少しずつそれが みんなの約束

さあ 涙拭いて やりたい事探そう
今は小さな夢のかけら Ah-

春の日差しが 勇気の種を与えるから
前に向かって 歩き出そう これから始まる時

躓いても転んでも いつかは歩き出さなくちゃ
怖がらず諦めず 僕達(ぼくら)の合言葉さ

〔間奏〕

さあ 合言葉を 胸に刻みつけて
いつかこの手に 夢掴もう Whoー

春風がほら 背中を押してくれてるから
夢に向かって 踏み出そう 今こそ旅立つ季節(とき)

暖かな日が 夢の花開かせるから
空に向かって 飛び立とう 僕達(ぼくら)が輝く時期(とき)


以下歌詞流し込み用ひらがな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
つめたくつよいかぜふく おかのうえでたたずんでた
さむさたえゆめもなく  ひとりふるえていた

まわりみわたしたなら なかまたちがみつかるよ
ゆうくりでいいすこしずつそれが みんなのやくそく

さ なみだふいて やりたいことさがそ
いまわちいさなゆめのかけら あ

はるのひざしが ゆうきのたねをあたえるから
まえにむかあて あるきだそ これからはじまるとき

つまづいてもころんでも いつかわあるきださなくちゃ
こわがらずあきらめず ぼくらのあいことばさ



さ あいことばを むねにきざみつけて
いつかこのてに ゆめをつかもお う

はるかぜがほら せなかをおしてくれてるから
ゆめにむかあて ふみだそお いまこそたびだつとき

あたたかなひが ゆめのはなをひらかせるから
そらにむかあて とびたおお ぼくらがかがやくとき

詞書きです。他は出来ません。
亀詞書きですが、詞先、曲先どちらも出来ます。
作詞の依頼、無茶苦茶喜びます。
こんな私でよければお友達になって下さい。

歌詞採用して頂き、ニコ動にUPされてる2作品です。
http://www.nicovideo.jp/mylist/12633612

にゃっぽんにもいます。
http://v-nyappon.net/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=9137

最近mixiにも参加いたしました。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=23999291


もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/30

もっと見る

▲TOP