優しい傷跡-君のために僕がいる- 第01話「胎動」

投稿日:2009/05/04 23:13:51 | 文字数:2,395文字 | 閲覧数:689 | カテゴリ:小説

ライセンス:

【登場人物】
増田雪子
 帯人のマスター

帯人
 雪子のボーカロイド

メイト(教授)
 大学病院の先生

初音ミク
 一年前の「聖夜の悲劇」という事件に遭い、意識不明に。

アカイト
 現在逃走中

【コメント】
GW中にできるだけ連載することにしました。
ちょっとの間しかできませんが、よろしくお願いします。

今回はクリプト学園の人も出ますよ!^^

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

その日、雪子と帯人は大学病院を訪れた。
両手いっぱいの花を持って、真っ白な扉を開ける。

「よお、久しぶり」

部屋にはメイトが立っていた。

「あ、メイトさん。お久しぶりです。もう調子はいいんですか?」

「調子? ああ、麻痺してたやつか。大丈夫だよ。
 用心して検査とか、いろいろやってただけだ。至ってケンコー♪
 毎週お見舞い、ありがとな。この子も喜ぶよ」

メイトは微笑んだ。

雪子は花瓶の水を換えて、持ってきた花を入れた。
部屋の窓を開けて、三人とも椅子に座る。

「どうよ。学校は」

「……楽しいです。……いつも、雪子と一緒にいられるから」

「幸せそうな面しやがって。このやろおー」

メイトは帯人の頭をぐりぐりいじる。
帯人は笑いながら、為すがままになっていた。

「ホント、おまえらいい恋愛してんだなぁ。うらやましいくらいだ。
 俺にも一つ分けてくれよ」

「……だぁめ…」

「にやつきやがって、このやろー(ぐりぐり」

「…あぅう…」

雪子はくすくす笑っていた。

ふと、メイトは手を止める。
どこか遠い場所を見るような目で、じっとミクを見つめた。

「この子も、もっと、幸せな恋を経験できたら良かったのに…さ…」

メイトは、ミクの頬にかかる髪の毛を丁寧に払い、話を続けた。
とても悲しい声だった。

「初音ミク。こいつ、まだ元気だったころ、よくここに来ていたんだ。
 学生のくせに、音について研究しているらしくて、
 音楽療法ってやつの研究をアカイトと一緒にしていた。
 元々、ミクも音が好きだったんだ。
 自然と二人は仲良くなっていった。
 ……でさ、こいつ、アカイトのことが好きだったんだよ。
 口に出さないが、見りゃわかる。
 アカイトを見るときの目は、そりゃあ輝いていたから」

「それで…ミクちゃんは、思いを告げたんですか?」

首を横に振る。

「結局、片思いで終わっちまった。
 二人で教会の合唱団に参加したり、聞きに行ったり、
 はたから見りゃ、もうカップル同然なのに。
 あの聖夜の悲劇を境に、二人は変わったんだ。
 …おまえらだけは、変わるなよ。絶対に」

「メイトさん…」

「あー、はい。おっさんの昔話はこれにて終わり。
 俺は仕事があるから、そろそろ行くよ。
 どうする? ここにいる? それとも、俺の部屋に来るか?
 アイリッシュ・コーヒーを出してやってもいいぜ」

「ありがとうございます。でも、やっぱり、ここにいたいから」

「そっか。
 ありがと。それじゃあ、また」

メイトは部屋を後にしてしまった。
カーテンがなびく。風が、雪子の髪をもてあそんだ。
頬にかかった髪を帯人が払う。

「…僕は変わらない。
 君がいる限り、僕は……君を愛す…一生」

「ありがとう、帯人」

「……あの人…」

「ん? メイトさんが、どうかしたの?」

「………なんでもない」

暖かな日差しを浴びながら、二人はミクのそばにいた。
部屋に入る風が心地よかった。

     ◇

アルコールの匂いが鼻を刺すほどきつい。
書類を持ってきた子が、あからさまに険しい顔をした。

「教授。勤務中に飲酒はやばいですよ。アルコールきつすぎです」

「るっせー。いいんだよ。今日は担当じゃないから」

「いいわけないですよ。
 医者が酒臭かったら、それこそ大問題なんですから。気をつけてください」

「あいよー」

部屋を出て行くのを確認して、コーヒーを一気に飲み干した。
ブランデーの味しかしない。
アルコールが、のどと胃を焼いた。

「ボーカロイドは、なんで、酔えないんだろうな…」

こぼした言葉は、静まりかえった部屋に溶けて消える。
乳白色のカップをテーブルに置いた。

机の上には一枚の写真がある。
そこにはにこやかに微笑む、かつての助手と、若かりしころの俺自身。
そして――優しげな笑みを浮かべる、彼女がいた。

そっと彼女の輪郭を指でなぞった。
アルコールの熱で、目尻が熱くなった。

「そういえば…」

アカイトが残していった書類の中に、こんなメモがあった。

 《ノイズ》

何のことだか、さっぱりだ。
だが、なにか関係があるのかもしれない。

メイトは立ち上がり、残された書類を棚から引っ張り出した。
もう一度だ。
もう一度、手当たり次第調べよう。
あいつが何をやらかそうとしているのか、を。

     ◇

(――だれ?)

生まれた瞬間を、覚えている人はいない。
それはボーカロイドだけじゃない。人間も同じ。
だから、ここにいる意味を見いだせないのは当然のことだった。

(――だれか、そこにいんのか)

水底に沈んでいた。
目を開けば、水面が輝いていた。
頭から足先へ、撫でるように水が流れていく。
ふわふわと浮かぶように、ただそこに存在していた。

(――なあ、答えろよ。聞こえないのか)

あるとき、少女が水面をのぞき込んだ。
初めて自分以外の人と出会った。
嬉しいのか、驚いたのか。自分でもわからない。
感情を表現する方法を、俺は知らない。

(――きれいなのか、そこは…)

明るい世界で、少女は微笑んだ。
でもそれは悲しい笑みだった。

(――そっか。)

彼女のために何かしてやりたい。
してやるのが、俺の使命だとさえ思った。

(――でも)

見えない枷が、手足を捕らえて放さない。
声を出そうとしても、気泡となって消えていく。
元々、存在自体が曖昧だった。
気泡のように消えてゆく運命だったんだ。

それなのに、突然引きずり出される。
無理やり、枷を引きちぎられて、血がにじんだ。

痛みを感じる前に、俺は光を見た。
まぶしい光。
これが日の光か。
彼女が見た世界を知った。

でも、そこに彼女はいなかった。

【お休み中】

===========================================

「優しい傷跡」は三部作ですが、三部の途中で書けなくなりました。
続きは書けませんが、そこまでのお話は残しておくつもりです。
二次創作やら派生やらは、一言いただければ基本okです。
これからは何となく書いた歌詞を載っけていくつもりです。
よろしくお願いします。

帯人・がくぽ・ミクオ・欲音ルコが大好きです。

下から飛べますよ♪

===========================================

優しい傷跡
http://piapro.jp/content/7q5hqtkfhff7gpll

優しい傷跡 番外編
http://piapro.jp/content/prenayotf2qetyrj

優しい傷跡-魔法の音楽時計-
http://piapro.jp/content/p6xkwgja3thb4jvs

優しい傷跡-君のために僕がいる- (中断)
http://piapro.jp/content/3itb7ja54w5dp7y1

もっと見る

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    きました!第一話!
    すごい国語力とこった話作りには、毎回本当に感心しています^^
    どうか私にもその一部を分けて欲しいぐらいです;
    どうかこれからも頑張ってくださいね♪

    2009/05/05 19:22:33 From  ニュルーズ

  • userIcon

    ご意見・感想

    第一話!!早速!更新お疲れ様です。。アイクルさんは仕事が早いですねぇ・・。
    GW中だけでも何でも、楽しませていただきます!!本当に嬉しいです!
    タイトルのことなのですが・・・。胎動・・。一度みて、あれ?っと思ったのですけど、
    ハナシの内容に合ってて、納得しました!!そぅいうところ考えてあって、尊敬してしまぃます。。
    では。短いですが、ここで。 頑張ってくださいね!

    2009/05/04 23:54:09 From  まにょ

もっと見る

▲TOP