CONVERGENT WORLD

投稿日:2008/10/13 20:35:28 | 文字数:1,035文字 | 閲覧数:387 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

【詞】 HOKUTO_T
【曲・調教】 showjiさん→http://piapro.jp/content/qmwwsdhzk87iu14z

ある日、いつもお世話になっているshowjiさんが「RPGのラスボスっぽい曲で、疾走感と退廃感、そして寂寥感あふれる、好きな音楽をすべてぶち込んだカオス。そんなものを作ってみたい」なんて言うもので、これはそういうことかと書き上げた歌詞です。

タイトルの通り「収束する世界」をテーマにしています。

ミクやリン、レンがいる世界。その世界がいつしか誰からも忘れ去られて、そして消えていこうとしている時に“僕ら”はどうしているだろうか、ということを考えながら書き上げてみました。

そんなわけで楽曲担当はshowjiさんです。
http://piapro.jp/content/qmwwsdhzk87iu14z
8分強ですねw
歌詞ともに長くてごめんなさいw

ニコニコ動画:【ミク・リン・レン】CONVERGENT WORLD【オリジナル】ver.1.2
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5685373

この世界が終わりかけても“僕ら”は、最後までタクトを振りたい。そう思います。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

それは終わりの始まり
世界の終わりの始まり


音を立てて崩れ落ちる空
僕らの世界は緩やかに終息に向かっている

想いはいつしかはじけとんで
世界の終焉(おわり)へと吸い込まれていく


いつかは消えゆく場所だけど
僕らが見ている光景は望んでいたものだろうか

いつかは消えゆく時代だけど
僕らが遺せた証は何もなかったのだろうか


近づいてくる鐘の音
僕らの鼓動が共鳴する

それは終わりの始まり
世界の終わりの始まり



この世界のたった一つの出口へ
きっと最後には 斃れているモノには誰も脇目ふらず
“はじめからそうだった”ように振る舞い
元のセカイへ繋がる扉を打ち破る取り残された僕ら


崩れていく幻想が奏でるのは僕らへのレクイエム
霞んでいく幻影が映し出した僕らの最後の姿


とめどなく流れては消えていく小さな流星<ヒカリ>
(僕もその一つなのかもしれない…)

いつからかそこにいて輝き続ける原石<カケラ>
(僕もその一つになりたかった…)

この世界が終わるまでに



壊れかけのオルゴール 儚く響く音はたった三つ
同じ音<うた>を繰り返す 耳を傾けるモノは誰もいない

転がりだすスピーカー 九番目が足下で止まる
ノイズだけが鳴り響く 耳を塞ぐモノは誰もいない


崩れかけた世界を飛び出した先に
僕らが信じた未来<つばさ>は傷付いて

「もう 飛べない…y……」

微かに動いた唇は無機質で冷たかった


崩れかけた世界を抜け出した先に
僕らが信じた未来<きぼう>は残酷に

「だから さyなら……」

最後に浮かべた微笑みは無秩序に歪みだした


そして 世界は終わり始めた



哀しみに震える空から 流れくる大粒の涙
何もかもコワレテシマエと 振りかざした右手が音を砕く

燃えさかる炎の中から 這い上がる古ぼけた人形
これならばウマレナケレバと 無音の叫び声が色を砕く


過去に潰えた 幾つもの想い
いまでは忘れ去られて久しい
僕ら見ていた世界を支えた
あの歌声はいまは聞こえない

もしもこのまま 終わりが来るなら
それでもいいと 思っていたから
もしも僕らに チカラがあるなら
どんな未来が待っていただろう


激情に裂ける大地から 吹き上がる灼熱のマグマ
何もかもトケテナクナレと 吐き出された言葉が歌を砕く

終わりゆく世界の中でも 最後までタクト振る指揮者<マスター>
ひとりでもノコッテイレバと 切ない願い事が空へ消える

作品へのコメント2

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    >ミコ猫 さん

    はじめまして。作詞担当のHOKUTO_Tです。
    イメージが湧いたようでそれは何より嬉しいことです。

    この曲の世界観自体が重たいですからねぇー。
    でも、もしこの作品から何か着想が得られたのならぜひ挑戦してほしいです。

    2008/10/15 22:23:35 From  HOKUTO_T

  • userIcon

    ご意見・感想

    初めまして。
    曲を聴かせて頂きました。
    壮大な世界が頭の中を駆け巡っていきました。

    最初の歌が始まる前の部分から絵が出てくる感じ。
    ただ私の絵では、ちとキツイかもしれない・・・・・・マシなミクたんを描かなければ・・・・・(大汗)。
    修行してきます・・・・・・・・・・・。

    2008/10/13 16:56:32 From  ミコ猫

▲TOP