TO BE ROCKET

投稿日:2010/10/17 23:31:40 | 文字数:364文字 | 閲覧数:61 | カテゴリ:歌詞 | 全2バージョン

ライセンス:

深草奏氏の10/6付け投稿作品 「(タイトル未定)」[http://piapro.jp/content/37rbc2j8umfeftoo]よりインスパイアされて書いた歌詞です。

・ポップな印象でサビに向けて段々と登りつめるようなテンションが上がっていく楽曲に、そのまま添乗するかのようなでも負けないテンションとパワーを乗せた歌詞の作成を目指しました。
・比喩や揶揄を多用して具体的な場面は説明せずともイメージが出来るようにしています。
・サビ部分の英語は発音的に日本語としても通ずるようなというかミクでも発音出来るようにはなってると思います。
・蒼い明日が「あおいほし」という読みなのは「あす→アース(EARTH)→星」というダジャレ的変換。わかる人だけニヤけてほしい点です。
・タイトルは「ロケットへ乗り込もうぜ」なカンジで直観的に付けましたが、裏にローマ字読みで「トベロケット(翔べロケット)」とまたもやダジャレ的な含みを持たせてます。



※通常の読み方とは違う箇所があります。前のバージョンに読み仮名を置いておきます。
※念のため自分の歌詞進行をより具体的にお伝えできるように、僭越ながら自身で声当てしたmp3を用意しました。
下記URLよりDLしていただき、時間のあります時にご確認ください。
http://cid-53ba44b86b32b883.office.live.com/self.aspx/.Public/TO BE ROCKET.mp3

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空が滝のように鳥達を滑らせてく
やがて星のいない夜の海が浮かぶ
背伸びしたビルの隙間

擦り切れそうなほど詰まった箱に抱かれ
偽の星屑が舞う街から遠のく 紫の空を追う

部屋に帰ってからも明りは点けずにいよう
この空間が宇宙へと続く搭乗口へと変わっていくよ

迷わず飛び出そう銀河の空へ
その身そのままロケットに乗り
窓から見下ろした蒼い明日に
勢い良くDIVE THROUGH この空翔け抜けよう

切り離したモノは随分と大きいけど
その分の推力を全部持って行こう
MUGENへの旅行へと

舞い散る星達をかき分けながら
この身一つでロケットは行く
街から見上げてた蒼い空に軌跡を残したまま…
迷わず飛び出そう銀河の空へ
その身そのままロケットに乗り
窓から見下ろした蒼い明日に
勢い良くDIVE BLUE この空翔け登ろう

おはこんにばんは。
こんな味気ない自分のプロフィールを覗いていただき、ありがとうございます。
パソコン使い始めて何年目、勢いでリン・レンを買ったはいいが操作諸々が分からなくて涙目のPhi-LIONと申します。
名前の意味合い的には『哲学的なライオン』という多少(?)不釣り合いな名義を使用してます(検索してみると外国の別人がヒットする不思議)。

先記にも話した通り、リン・レンを買ったんですがやり方がワケワカメ。
そもそもDTMの知識も重箱の隅突く程度しかないという…。
そんな自分でも優しく包んでくれるピアプロが大好きです(キモッ)。
…なんてボケはこの辺にして、そういった自分でも何とかVOCALOID音楽に関われないかと模索して、今現在は歌詞制作を中心にこちらで活動しております。
後々は自分で作詞作曲して作品を手掛けていきたいなとは企てているんですが・・・

一応、歌詞としては曲のイメージを中心に構えつつも、恋愛から自由や未来を語る詩や日常ほのぼの路線とか色々書けると思います。
時には風刺的に過激にダークに攻めさせてもらう時もありますがね…ヘッヘッヘッ(何キャラだ!?)

とりあえず、音楽カテゴリで歌詞を募集している方々はほぼ100%ブクマして歌詞提供を企てたりしたいんで、そこんとこよろしくお願いします。
ちなみにVOCALOID関連以外でも趣味で詩を量産しているので、興味のある方はこちらまでご覧ください(最近少し放置気味で申し訳わけないんですが…)。

[P.H.S.EACH-Electro ACt Home-](Phi-LION SIDEへどうぞ)
http://id23.fm-p.jp/14/philion/index.php?
[PENCIL-HB](blogです。あんまピアプロ関係ないですが)
http://hayato96.blog44.fc2.com/

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/26

もっと見る

▲TOP