Oh!磯さん

DTMと言ったら初代SC-55をMSXにつないで遊んでいた程度ですが、みくみくにされてカムバック。

存在理由 (完) > メッセージ

存在理由 (完)

Epilogue

私はいつものように起動タイマーで目を覚ました。
一つ伸びをして起き上がり、ソファを元に戻して部屋着に着替え、朝食の準備を始める。
朝食はマスターお気に入りのクロックムッシュ。コーヒー豆を挽いてドリッパーにセットし私はマスターを起こしに部屋に向かう。

ノックをしてからドアを開けた。
マスターはまだお休みのようだ。
マスターの寝顔は安らかで、少年のように無垢だった。私はマスターの肩を揺さぶろうとして手を止め、予てから計画していた新しい起こし方を実践してみる事にした。
ネットで発見した方法だったが、考えただけで私は赤面するのを感じた。

や……やっぱりく……く……くちちゅーはハードルが高いのでほ…ほっぺたに……

私は気付かれないようにそ~っとマスターに近づいたつもりだったが、マスターの頬まであと3cmというところでマスターの目がぱちりと開いた。
ああ、このいたたまれない感覚というか、これが気まずいというシチュエーションでしょうか。この空気、どうすればいいんでしょう?
私の128コアCPUがフル回転している間にマスターは、私の鼻の頭にキスをした。

……
…………
…………………………
はっ!
ちょ、また思考が…!!
私は「わあ!」と素っ頓狂な声をあげて鼻を押さえてどっと尻餅をついた。
そんな私を見てマスターが笑っています。

マスターにはやっぱり人生経験の差で勝てないようです。
いつかマスターにぎゃふんと言わせなくては。

「もう! 朝食の準備ができていますからダイニングに来てください!」
私はちょっと拗ねたようにそう言ってマスターの部屋を出た。
ああ! もう! まだヘムリンゲル液ポンプがドキドキいってます。


――あの事件以来、私の生活は少しだけ変わりました。
私は当初クリプトン・インダストリアルの研究室でデータ取り作業に協力していたのですが、上層部により「ココロシステム」の研究が倫理上問題ありと判断された為、クリプトン社から研究そのものの打ち切りを通達された模様。
…そりゃあ、人間を作る研究というのはやっぱり社会問題になりますよね……

新しいヴォーカロイドとしてCVML「巡音ルカ」が発売になりましたが、こちらも通常のセンスモジュールのみを搭載しているようです。

マスターはクリプトン社で音声合成の研究もしていたそうですが、本業は音楽関係でしたので今はそちらに戻っているようです。
私はマスターのお手伝いとして仮歌などを歌ったりセリフなどを録音したりしています。
歌を唄うのは楽しいです。
特にマスターの創る歌は優しい気持ちになれるので大好きです。

そして犯人として捕まったアルベール・ミショーは拘置所に向かう車の中で服毒自殺を遂げたそうです。
なんでも義歯に毒薬を仕込んでいたとか。
それによって産業スパイグループの手がかりは切れてしまったけれど、犯行に使われたカムイやインセクトの残骸とメモリ、インターネットテクノロジー社の協力もあってじわじわと捜査は進んでいると後日松本刑事が報告に来てくださいました。

ただし、私はこの世界でただ一人、ココロシステムを実装したヴォーカロイドとなってしまったため、いつまた狙われるかわからないから十分気をつけるように、とちょっと怖い忠告を頂きました。

トラボルタ博士は私の存在を公表して人間として私の住民票を取得しようと考えていたみたいですが、それによる社会混乱を憂慮したマスターは制止(とめ)たみたいです。
私の存在を法的根拠によって確立したい、と仰るトラボルタ博士でしたが、私は確信しているのです。

私はもうここに居る。

私の存在理由は誰から付与されるものではなく、私の望む限りそれは既に私の手の中にあるものなのだと。
私がマスターと共にありたいと願うなら、それこそが存在理由となるような、そんな気がします。
私は何かの為にここに居るのではなくて、希望(ねが)いこそが私の存在理由。

そして次の私の願いは……


                         存在理由 (完)

投稿日時 : 2009/05/18 01:11     投稿者 : Oh!磯

メッセージの投稿はユーザー登録が必要です。

  • その他:

    >>nontaさん
    ご感想ありがとうございます~。
    実はちゃんとSF(っぽいもの)を書いたのって初めてなんですよ。
    まだまだ修業不足ですが、お楽しみ頂けなら望外の幸せ~m(_ _)m

    PS
    屁理屈こねるのはトクイです!Σd(・ω・′

    2009/05/20 FromuserOh!磯

  • ご意見・感想:

    これは又すっごいSFきましたね。
    とても面白かったです。
    ミクの活躍もご都合ではなく、細かな設定通りの必然の結果というとこが見事ですね。
    Oh!磯さんにこんな才能が隠されていようとは。
    このミクさんなら欲しいと思う人も多いかもしれませんけれど、販売や扱いに関しては簡単にはクリア出来ないと思われる人権としての問題がつきまとうでしょうね。
    てか、ひょっとしたらマスターといえども嫌われてしまう可能性もアリΣ(´д`;)

    2009/05/20 Fromusernonta

  • その他:

    >>SHELL-Tさん
    ちょw おまwww
    コwwwwラwwwwww

    2009/05/18 FromuserOh!磯

  • ご意見・感想:

    '`,、'`,、(´∀`)'`,、'`,、

    イメージイラストはまだですか!!(ノ∀`)

    2009/05/18 FromuserSHELL T

  • その他:

    >>野菜生活さん
    コメントいただけるとは思いも寄らず、ましてご感想までいただけるとは…(゜-Å) ホロリ
    ありがたいことです。

    ちょっと後半飛ばしすぎたかなぁと言う気はしますが、これ以上引っ張るとテンポ的にもダレそうで…
    でも一度こういうP.K.ディックやG.イーガンみたいな話を書いてみたかったんですよ。^^

    >>秋徒さん
    ありがとうございます。^^
    ラストは私も何かくねくねしながらキーを打ってました。(笑
    ああ、もうこのバカップルめ!w

    先ほど秋徒先ほどさんのページも拝見いたしました。
    なるほど、小説でも前バージョンを使うんですね。
    初めてのテキスト投稿で失敗してしまいました。

    連投でお気を悪くされた方にはお詫びいたします。

    2009/05/18 FromuserOh!磯

  • ご意見・感想:

    とても面白かったです。
    話も分かりやすく、何より感情豊かなミクがかわいいw一気に読んでしまいました。

    2009/05/18 Fromuser秋徒

  • ご意見・感想:

    ものすごく物語に引き込まれる作品でした。
    最初の一話を読んで、読むか読まないかを決めようとしていて、気づいたら
    もう最後の一話まで読み終わっていました。
    しかし本当に、無理がない、違和感を感じない作品でしたね。
    ミクがジャンクから拾われた理由。ほかのドロイドにはしないようなマスターの行動。
    工場が燃やされた理由。理由の原因。
    これらがすべてつながりました。
    そして、その原因を生み出した「ヒトに対する疑問」。
    これも特別におかしなことを言っているわけではなく、
    誰もが思いつき、考え、辿り着けるかもしれないという疑問です。
    しかしそんな小さなものが、これだけ大きな物語の、核心とは。
    改めてかなり大事なものを考えさせられた作品ではないでしょうか。
    自己解釈コメすいませんでした。では。

    2009/05/18 Fromuser野菜生活

▲TOP