enarinさん

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第5話 キノコネットコーポレーション > メッセージ

スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第5話 キノコネットコーポレーション

<スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第5話 キノコネットコーポレーション>

(ジューキの村・旅の宿“安全第一”・ロビー・朝)

GUMI達一行は、朝食を取り、身支度を終えて、ロビーに集まった。そしてGAKUは昨日撮影した、謎の男の写真を見せながら、宿の人にとりあえず訊いてみることにした。

GAKU:昨日の闘技場の試合で現れた、この男なんですが、心当たりありませんか?。
宿の人:うーん、やっぱり見たこと無いんだよね。一緒に消えちゃった鏡音建設の双子さんも、うちには泊まってなかったし。
MEIKO:あら、これもいつものパターンとはやっぱり違うのね。
GUMI:あの男の話通りなんですね。あの双子も現実世界から来たけど、私たちとは境遇が違う。敵味方で言うと、あの男側の人間。
GAKU:では、あの双子の事で知っていることは他に何かありますか?。
宿の人:う~ん、うちのお客さんじゃなかったから、あんまり知らないけど、村で知られている一般情報なら、いくつかあるよ。
GAKU:教えてくれますか?。
宿の人:いいよ。あの双子はね。村に倒れていたとか、そういうんじゃないんだよ。あのメイン道路を通って、二人で歩いて来たんだ。その後村長と会って、朝~昼は、同姓の建設会社のロードローラー運転手として働き、昼~夕方は、闘技場で村の興業に貢献していたんだよ。どこに“泊まっていた”というか“住んでいた”のかは誰も知らないんだけど、いずれにしても村のために頑張ってくれていたとは思うよ。
MEIKO:なんかぺっちゃんこにしたの、悪い気がしてきた・・・。
GUMI:仕方ないよ、お互い敵同士だったんだから。
GAKU:しかし、この一般情報だけから考えてもあの男のスタンスは、“ここに来るように指示した”だけだな。あの男のセリフにあった“私が現実世界から派遣した双子”って部分だ。“派遣”ってそういう意味だったのか。
MEIKO:“そういう意味”?。
GAKU:僕たちは“倒れていた”って形だったし、特に指示を受けていた訳でもない。でもこの双子は、ちゃんとした目的を持ってここに来た。“ここで生活する”って重要な目的を持ってね。
GUMI:なるほど、私たちのケースとは根本的に違うのね。昨日の意見交換で予想していた部分が“確定”に変わった気がする。
GAKU:うん。とにかく、ここではこれ以上の情報は聞き出せないから、メイテイの街に戻ることにしよう。酔っぱらい集団だけど、宿の人とか施設関係者なら、ちゃんと話を聞いてくれそうだしね。
MEIKO:いろいろありがとうございました。私たち、これから出発しますね。
宿の人:気をつけてね。あ!、あの道路、鏡音建設の話では、暫定的に安全に通れるようにしたそうだから。
GUMI:ありがとうです!。

こうして、GUMI達一行はメイテイの街に、最短ルートのメイン道路を使って、移動する事にした。

***

(キノコネット・位置不明・秘密基地・ネルの部屋・朝)

ガラッ!

プリマ博士:こら!、起きろ!。
ネル:準備できてます!。
ハク:食事後、いつでも出発できます!。
テト:σ(・ω・)ゞ

プリマ博士:あ、あら、今日はしっかりしてるのね。ちょっと感心したわ。
ネル:“今日も”ですよ~。それに~、今回は“尾行”だから、彼らが観光地に行けばそこに~、温泉に行けばそこへ~、って感じで、ヌフフフフ、半分観光じゃん!。
ハク:今回は心ゆくまで飲めますから。地酒が楽しみです。
テト:o(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)o

プリマ博士:はぁ~、まぁそうなんだけどね。とりあえず御前様の指令を伝えるわ。「昨日の通り、食事が終わったら出発して貰って、メイテイの街で彼らを見つけ次第、尾行を開始するように」。以上。あ、そうそう、食事は台所のテーブルの上にある、おにぎりと、昨日のカレーの残りのチンと、たくあんで済ませてね。
ネル:頑張ります!。
プリマ博士:んじゃ、宜しく。あの戦隊には別行動を指示するから。

こうしてネルハクテトのトリオは、食事を済ませて秘密基地を出発した。

***

(キノコネット・メイテイの街・インフォメーションセンター・検索PCの前・昼)

GUMI達一行はメイテイの街に戻り、そのままメイコの案内で、主に観光とニュース情報だがPC検索できる施設“インフォメーションセンター”に向かった。1台のPCの前に座ったのは、一番PCに詳しいGUMIだった。

パコパコ・・・

GUMI:う~ん、やっぱり観光案内とニュースしか閲覧できないPCじゃ、私たちが欲しい情報はヒットしないわね。
MEIKO:じゃあ、一般開放してある有料のネットPCコーナーに行きましょうか。この世界のネット情報だけになると思うけど、このPCよりは、もっと深いった情報が掴めると思うわ。

GUMI達一行は、メイコの更なる案内で、ネットPCコーナーに移動した。

(キノコネット・メイテイの街・インフォメーションセンター・有料ネットPCコーナー・昼)

入ってすぐの所にあったプリンターで、あらかじめ学歩が撮った“あの男”の写真を写真印刷しておいたので、ネットPCに接続されているスキャナに取り込み、画像検索を行うことにした。

PC:UNKNOWN & NO DATA

GUMI:うーーーーーむ。手強いな~。これでもダメか・・・・。じゃあ、ワード検索に切り替えるか。

検索ワード:『スナイパーウェア』
PC:UNKNOWN & NO DATA

GUMI:うぬぬ、やはり最初から“核心”ワードはNGでしたか。じゃあ、基本から行くわね。

検索ワード:『キノコネット』
PCの辞書サイト:この世界の名称。ソフトウェア会社“キノコネットコーポレーション”(KNC)が運営、管理、開発している。大きな街としては、メイテイの街、等が挙げられる。通貨はマッシュ。各街村に闘技場関連施設があり、KNCの公認バトルによる収益金で、それぞれの街、村が、独立して運営している側面もある。

GUMI:!、新しいワードが出てきたわね。それも、かなり重要そうなヤツ!。じゃあ、こいつを検索するわね。

***

GUMI達一行を尾行し、この光景を遠目から見ていた、ネル達3人は頭を傾げていた。

ネル:いきなり“スナイパーウェア”で検索してもだめだっつーの!。・・・それにしても“キノコネットコーポレーション”ねぇ。
ハク:ここの運営、管理、開発を行っている割に、それに見合うだけの“規模の大きさ”を持ってないのよね。競合会社がないから今の位置にいるんだと思うけど。
テト:(´△`)Zzzz・・・
ネル:テト寝るな!。
ハク:それにしてもあの人たち、ほんとに現実世界から来たのね。KNCはここの誰もが知っているはずの事なのに。
ネル:あれ?、妖精って、こっち側の存在だよな。なんで教えなかったんだ?。
ハク:そういえばおかしいわね?。
ネル:まぁいいや、観察を続けよう。

***

GUMIはキノコネットコーポレーションの検索を行っていた。

検索ワード:『キノコネットコーポレーション』
PCの辞書サイト:この世界の“運営、管理、開発”を行っているソフトウェア会社。略名“KNC(Kinoko Net Corporation)”。社長はソフトウェアの開発責任者でもある“工藤 海斗”(くどうかいと。ハンドルネーム:KAITO)。会社所在地は、シリコンの谷。会社の一般見学のみ受け付けている。

GUMI:会社とか社長の写真が全然掲載されてないし、HPのURLも何にも書いてないけど・・・みんな、これってもの凄く怪しいと思わない?。ソフトウェア、この世界の管理企業、代表者は名前から考えて、たぶん男。
GAKU:まぁ“キノコネットコーポレーション”って名前の企業は、現実世界では知らないけど、こっちではメジャーなんだろうね。
ミク:でもミクは知らなかったミクよ?、こっちの存在なのにミク・・・。
MEIKO:いや、ミクちゃんは妖精だし・・・。

学歩は新しく買った、前より詳しいマップを広げた。

GAKU:うーん、シリコンの谷なら今からここを出発して、途中のカイセンの村で一泊して明朝出発すれば、昼には到着できるな。見学も予約制ってわけじゃないみたいだから、現地で頼めるだろ。
MEIKO:このマップの説明では、観光名所でもあるみたいね。人もこの会社以外の目的でも往来するし、行ってみよっか!。
GUMI:行きましょう!。絶対何かわかるはずです!。

***

ネル:お、彼女たち、移動する事に決めたみたいだな。
ハク:カイセンの村を経由して、シリコンの谷に入って、KNC本社へなぐり込みですか。
テト:((≧ω≦))
ネル:んじゃ、見つからないように、尾行しましょうかね。
ハク:次の村はカイセンの村ですか・・・。ふむふむ。ガイドマップに寄ると、海沿いの村で名前の通り“海鮮料理”が美味しいんですか。それと勿論、お酒も・・・じゅる。
ネル:ふーん。銘酒“北の誉”(きたのほまれ)ってが有名なんだ。私は飲めないけどね。
ハク:じゅる・・・。
テト:(゜□、゜)
ハク:あれ?、テトは飲めないんじゃ・・・あ、これが目当てなのね。
ネル:え?、あー、あのあまーいスイーツの“雪ミルク”か。まぁ確かに私も飲みたいな。

ジャジャジャジャーン!

ネルの携帯が突然鳴った。

ガチャ

ネル:はい、ネルです。

御前の声:バッカモーーーーーーーーン!。飲み食いの話は後にして、さっさと尾行するんじゃ!。
ネル:は!、はひ!。
ハク:すみません!(絶対、荷物に盗聴器あるわ・・・・)。
テト:━━(゜Д゜;)━━━

こうしてGUMI達一行は、センターを後にし、簡単な食事をとり、カイセンの村へのルートを確認してから出発し、ネル達も見つからないように尾行していった。

***

(キノコネット・メイテイの街とカイセンの村の中間・海岸沿いの道・昼)

GUMI達一行は、こそこそ声で会話していた。

MEIKO:(・・・・尾行されているわよね、絶対・・・・。)
GAKU:(というか、“尾行している”あの3人、気づかれてないと思っているのか?。)
GUMI:(とりあえず、あの男の捜査線上で浮かんでくる人物は、全部怪しんだ方がいいからね。)
ミク:(それにしても、海岸で“山賊の格好”しても、カモフラージュにならないの、わからないミクかね?。)

***

ネル:ふふふ、完璧な変装だな!。
ハク:完全に背景にとけ込んでいるわよね。
テト:( ̄▽ ̄;)

***

そして、その地点から少し離れた、彼らからでは全く見つからない丘の上に、2台のミニ電動バイクが止めてあり、二人の人物が何らかの作業をしていた。

少年はしゃがんで双眼鏡を片手で持ってGUMI達を眺めていた。もう一人の少女は携帯で誰かと連絡を取っていた。

黄色い髪の毛、少年は寝癖頭、少女は大きな白いリボン。そう、彼らは“修復された”LENとRINだった。

RIN:こちらRINです。GUMI達一行の予想ルートは、今夜の宿泊地として立ち寄るだろう“カイセンの村”だと考えられます。はい。おそらく最終目的地は、シリコンの谷のKNC本社だと。・・・・わかりました。先回りして、闘技場の二人に彼らの撃破の連絡をしておきます。・・・・はい、それでは。

ピッ

RINは電話を切って携帯電話を後ろのポケットにしまった。

RIN:全く・・・・。我々に深入りしなければ狙われなかっただろうに・・・。それにしても彼らも運が悪いというか。あの二人のいる所に立ち寄るとは。こっちとしては新規の召還社員を使わずに“介入者”を消せるから楽でいいんだが・・・。

LEN:我々のプライベート情報はこの世界では完全にオミットされている。あの闘技場で起こった事が、ある意味不測の事態だったとはいえ、事情を知らない連中が見ても、意味はわかるはずがない。にもかかわらず、誰がどういう使い方で彼らを召還したのかわからないが、ここに来た彼らは、知らないはずなのに、KNC本社に向かっている。勘がいいのか、単にラッキーだったのか・・・。

RIN:いずれにしても、“介入者”になってしまった以上、最後までつきあってもらわなければならないのよね。
LEN:ところで、あの後ろの3人はどうする?。
RIN:特に指令は受けてないし、あれで尾行していると思っている連中は、放っておきましょ。
LEN:じゃあ、そろそろカイセンの村に入りますか。
RIN:そうね。

ブロン!、ブロロロロロ!!!!

二人はそれぞれの電動ミニバイクにまたがり、急ぎ足でカイセンの村に向かった。

☆オリジナル作品第6弾である、「スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険!」の第5話です。

☆謎の解明と、次の目的地への移動、そして次なる刺客。だんだん、ストーリーがはっきりしてきました。

☆さぁ、謎の男とその仲間達の謎とは何なのでしょうか?!。

☆あのネル一味は、もう定番のボケをやってくれるので、助かります。

☆め~こ人形については、これまでと同じ扱いになります。

☆巡音JIMさんについては、女学園の時と同じです。

***

☆ルカ亜種の巡音JIMについては、下記参照をお願いします。(巡音JIM、使わせていただきました!。ありがとうございます!)
○検証P様の描かれた作品:http://piapro.jp/content/unjl60mu3xmfq8qc
○nonta様の描かれた作品:http://piapro.jp/content/8355mqi5l98ervo1

******

hata_hata様が、第1作目のきのこ研究所のイメージイラストを描いて下さいました!。まことに有り難う御座います!。
『「却下します!」』:http://piapro.jp/content/oqe6g94mutfez8ct

☆hata_hata様が、第2作目のきのこ商店街のイメージイラストを描いて下さいました!。本当に有り難う御座います!。
『causality』:http://piapro.jp/content/c0ylmw2ir06mbhc5

☆nonta様も、同じく商店街のイメージイラストを描いて下さいました!。本当に有り難う御座います!。
『ようこそ!、きのこ駅前商店街へ!』:http://piapro.jp/content/dmwg3okh7vq1j8i1

投稿日時 : 2010/03/02 20:22     投稿者 : enarin

メッセージの投稿はユーザー登録が必要です。

  • ご意見・感想:

    hata_hata様、今晩は!、コメントどうもです!!!

    > 北海道人には嬉しいネタです♪

    今回はGAKUさんが北海道出身、GUMIさんが言語学専攻ということもあり、北海道ネタをちりばめてみました。これから先も調べてガンガン出していこうと思いますよ♪

    > 「カツゲン」と「焼きそば弁当」

    調べました~

    カツゲン:北海道限定のパック詰めの飲み物。乳飲料とかに似ているがさっぱりしている
    焼きそば弁当:中華スープの基までつくインスタント焼きそばの北海道限定食品

    ではでは、これらの商品ラインナップの中から1こずつ、あの3人に食べて貰いましょうか~。”超大盛り”とか”果物系”とか・・・

    > ホントにイイ味を出してますよねー

    最近はこの3人のネタを考えるのが楽しみです。シナリオがマジメになってきた関係で、更にこの3人の味が美味しくなりました。それにネル→ツンツン、ハク→おとなしい、テト→絵文字会話で正体不明、って事で、キャラも振り分けられたので・・・。リンレンもルカJIMもマジメキャラとして登場しているので、貴重な存在ですね

    > この戦いは楽しみダー!!と思ったら待て次号!う~~んつれない><

    申し訳ないです~!。実はこの戦い、闘技場としては最後の戦いになるんです。だから1話分になる予定であるため、ここで切らせていただきました~。リンレンも言っているとおり、ルカJIMコンビは最強です。しかも”二人のタッグ”であることがポイントです。

    > 外人恐怖症?意外な弱点が・・・w

    英語が苦手ということですね♪。まぁ結果として、とげとげで刀だったため、め~こ人形さんは出て行かなくてよかったんですが。でも外人さん苦手って私もそうです。英語しか通じない、って知っているだけに、きついですね。

    > 確実なのはGUMIさんたちがイレギュラーな存在だということですね

    ”介入者”と呼んでましたね。彼らにとっては、”来て貰うと困るor面倒な存在”。だからルカさん達に最後の引導を渡して貰う事にしたんですね。

    > ミクさんという妖精の存在も、ここに来て気になり出しました

    これは開けてびっくり!のネタを仕込んでますのでお楽しみに!。

    ご閲覧、コメント、本当にありがとうございます!

    2009/07/02 Fromuserenarin

  • ご意見・感想:

    nai☆様、今晩は!

    > 緊迫した雰囲気

    はい。前回の後半からあの3人を除いてマジメ路線にしました。というかあと半分しかないのに、シナリオ展開が遅かったので、加速の意味合いでも。

    > ネルハクテトの3人組

    nonta様、貴方、hata_hata様、共にこの3人組の人気が高いです。というか当方も楽しんで書いてます。組織も含めていじりやすいキャラです

    > 『うんめー』ですね♪

    はい♪。御前という怖い上司からの電話なので、着うたが”運命”なんです。某漫画家さんは、担当さんからの電話の着信音を”ヒュ~ドロドロドロ”っておばけの出現曲にしているそうです(実話)♪

    > ラストダンジョン(?)

    さて、KNC本社がラスダンになるのか、ならないのか?。実はちょっと秘策を考えてます。いずれにしても”最強の敵とのバトル”は始まります!

    > ところでJIMさんの英語、スゲーっす!

    えっと、下のレスとも重なるんですが、これは”辞書ソフトとネット調査”で作ってます。英語の諺サイトで自分が知りたい日本語諺に近い英語諺を当てました。勝利の女神・・・は、テキスト翻訳ソフトで英語にしました。勿論できあがった英語をチェックはしました。

    > 海外

    はい。弟がロスに住んでいるので、そのツテでロスの弟が住んでいる共同住宅で2週間、滞在しました。ロス、ハリウッド、ユニバーサルスタジオ本家、UCLA、サンディエゴ、グランドキャニオン、ラスベガスに、弟の車で移動して行きました。アメリカは車がないと非常に危険でしかも移動できませんので助かりました。でも半分”時差ボケ”起こして死んでいました。プロフィールに書かれている私のHPからのリンクで、ロス旅行記を掲載してあります。

    > でも、このさり気なくカッコいい英語のセリフに思わず納得です

    実はあまりに英語が出来ないため、旅行中、弟の通訳がないとだめな状態だったのです。なので、今回も含めて、JIMさんが登場する場面の英語は、翻訳ソフトに頼っております・・・・。MEIKOさんではないですが、ちょっとした外人恐怖症なのかも・・・

    ご閲覧、コメント、本当にありがとうございます!。

    2009/07/02 Fromuserenarin

  • ご意見・感想:

    nonta様、今晩は!

    > 並大抵の強さではない感じですね。これは、きっと大変なバトルに…

    実は今回で名前だけ出てきたモノを含めて全員出したので、謎の男と御前と御前の組織を除くと、ここが”闘技場戦”の最後になります。ということで、次の第6話は、おそらくまるまる1つ”ルカJIM戦”にしようと思ってます。

    最強の敵にGUMI達はどうするのか!?。

    > そして、がんばれネルハクテト三人組!。…なんか、思わず応援してしまいます。

    この3人、コメントを頂いた方々全員から、応援メッセージを頂いてます~。主人公達より人気が高いかもかも。

    というか、シナリオのアクセント的な要素としても重要で、かつ、いい味になってきたので、大切なキャラとして、最後まで書こうと思ってます。ほんと、この3人、頑張って欲しいですね。

    ご閲覧、コメント、本当にありがとうございます!。

    2009/07/02 Fromuserenarin

  • ご意見・感想:

    北の誉!(←まずそこに食いつくか?ww
    北海道では老舗の酒蔵ですね~。前回の「ざんぎ」「ガラナ」といい、
    北海道人には嬉しいネタです♪
    次は「カツゲン」と「焼きそば弁当」あたりを(コラコラコラww

    ネルハクテトの3人組は、nai☆さんも書かれているように、ホントにイイ味を
    出してますよねーwきっとenarinさんも、楽しんで書いてるんじゃないでしょうか?
    癒されるなぁ~ww

    そして遂にキタ!ルカさんとJIMさんのスーパータッグ!!
    この戦いは楽しみダー!!と思ったら待て次号!う~~んつれない><
    にしてもMEIKOさん。外人恐怖症?意外な弱点が・・・w

    ネット世界と現実世界。そして’KNC”一体何の為の人間召還なのか?
    確実なのはGUMIさんたちがイレギュラーな存在だということですね。
    ミクさんという妖精の存在も、ここに来て気になり出しました。
    兎に角次回が楽しみです。

    ではでは~ノシ

    2009/07/02 Fromuserhata_hata

  • ご意見・感想:

    しだいに佳境に近づきつつある緊迫した雰囲気が…。ストーリーは徐々にシリアス色が濃くなってる感じっすね~。少しずつ明かされる事象とは別に新たな謎が。結末は予想もつかないので、いつも通り流れに身を任せますw

    ネルハクテトの3人組はカンペキにイロモノ担当に決定だねw この3人のマッタリとした癒し効果は、良い感じの潤滑剤になってる感じです。事実この3人のオチャラケがとっても楽しみになってしまいましたよ(*^_^*)
    ところで、ネルの着信音、ベートーベンの交響曲第5番『うんめー』ですね♪ なんちゅーコアな趣味w

    そしてラストダンジョン(?)へ向かう一行に立ちふさがる巡音…って、ルカさんとJIMさんw ある意味最凶コンビかもw
    ところでJIMさんの英語、スゲーっす!
    そういえば、どこだったか忘れましたが、確かどこかのコメントで、海外にもいらっしゃったことがあったとお書きになっていたような…。少々記憶がオボロで、かつ、記憶の混濁があるかも知れませんが、その際は何卒ご容赦下さいませ。
    でも、このさり気なくカッコいい英語のセリフに思わず納得です。

    2009/06/29 Fromusernai☆

  • ご意見・感想:

    巡音タッグ、あの自信満々の態度に他の人々の反応からすると、並大抵の強さではない感じですね。
    これは、きっと大変なバトルに…。
    そして、がんばれネルハクテト三人組!
    …なんか、思わず応援してしまいます。

    2009/06/29 Fromusernonta

▲TOP