或る詩謡い人形の記録『言霊使いの呪い』第二章

投稿日:2009/09/08 01:33:14 | 文字数:1,015文字 | 閲覧数:326 | カテゴリ:小説

ライセンス:

今回は短め。

長編ってどこで区切るべきか分からなくなってしまうのは…私だけですね、すみませんorz

第三章はもうしばらくお待ち下さい。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 食事を済ませ、私は兄の手伝いをすることにした。兄に一人だと、いつまで経っても終わりそうにない。
「兄様、早く布を敷いてちょうだいな」
「わかったわかった」
 兄が敷いた布の上に本を並べる。これでようやく後半分。
「そういえば兄様、マスターの部屋にあった本は日干ししないの?」
 聞いたところ、ここにある本は全部兄様の部屋にある物らしい。
「ああ…うん」
 本を並べる作業をしながら兄は頷いた。
「僕のだけでもかなりの量だし、マスターのはまた今度にしようと思って」
「そうなの」
 確かに兄の持っている本の量は半端ない。自ら「本の虫だから」と言うだけはある。
「でも、これはマスターのでしょう?」
 一冊拾い上げて、私は言った。随分古い魔術書だ。表紙は色褪せて元の色がなんだったのか分からなくなっている。「あ!」と顔を上げて兄は呪文を唱えた。途端本が私の手を離れて兄の元へ飛び去る。
「嘘はいけないわね、兄様」
「……いや、勉強しようと思って…」
 本を置きながら兄は続ける。
「力を使いこなすには、力を知っておかなおかないと」
「そんなの小さい頃にマスターに散々叩き込まれたじゃない」
 溜息を吐きながら私は言った。「今更すぎるわ。今私達がするべきことは、力を“知る”ことじゃなくて“使う”ことじゃなくて?」
「子どもの頃教えられたことが全てだとは限らないだろう」
 顔を上げ、兄は言った。「“使う”ことばかりに執着していたら、身を滅ぼすよ」
「兄様は臆病ね」
「君は慢心すぎる」
 無言で私達は睨み合った。先に根負けしたのは兄。目を逸らし、本を置く作業を再開する。それを見て私も別の本を手に取った。

 よくあることだ。私達の一番の違いは、“魔術”の捉え方。兄はマスターの教えを守り、私はマスターの教えに従わない。それは理由が分からないというだけではなく、自分の力を試したいという欲求もある。けれど、それは叶わない。

 マスターは私たち双子に魔術を掛けた。この森から出られぬ呪いの言霊。森を出れば私達の命は尽きる。
『それがお前達の為なんだよ』
 昔森を出ようとした時、マスターはそう言った。私は腕の傷を兄に治してもらいながら、マスターの言葉に頷くしかなかった。
 でも、本当は訊きたかった。

 どうして、森を出てはいけないの?
 どうして、魔術を使ってはいけないの?

 どうして、どうして。

 答えはもうもらえない。

主に歌詞投稿&小説投稿しています。

常に修行中です。使われたら喜びます(笑)
よろしくお願いします。


歌詞投稿で使っていただいたもの。

32さん
単独ver『あるいは誰かの物語(仮題)~Requiem~』
http://piapro.jp/a/content/?id=lwd7cmf98g9snoas
合体ver『Legend of light~あるいは誰かの物語~』
http://piapro.jp/a/content/?id=j9c9qbznshf5b3sp
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm3353194

hoicowlowさん
『Fight!』 
ミクのみver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2003%3A15%3A18
ミリン(ミク&リン)ver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2018%3A43%3A17
『はるのうた』
http://piapro.jp/a/content/?id=5kjix36ys6a4e9vc

fumuさん
『銀の夢』
http://piapro.jp/a/content/?id=dl55n8hxlesioibo

壱村Pさん
『Once Again』
http://piapro.jp/content/3nrvufh7oa7tptwt
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm5382295



使っていただいた作曲家方様に感謝!
使わせていただいた絵師様にも感謝!
タグ職人にも感謝!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/25

もっと見る

▲TOP