或る詩謡い人形の記録『雪菫の少女』第六章

投稿日:2009/03/04 16:00:27 | 文字数:3,393文字 | 閲覧数:367 | カテゴリ:小説

ライセンス:

長いです…orz

呪文は『賢帝の愛顧』のコーラスから取らせて頂きました。ちょっと書き換えてます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

「どうぞ」
「失礼します」
 部屋の扉を開けて少女を招きいれる。執務室の中央、客人用の椅子に彼女を座らせた。彼女が部屋を物珍しそうに眺めている間に、気付かれないよう鍵をかける。
「お茶を淹れて来ますから、少しお待ち下さい」
「そんな、お気遣いなく…」
「駄目です。身体を暖めませんと」
 少女に背を向けて、私室に入る。浮かべていた笑みを消した。窓際の机の引き出しから、ぐしゃぐしゃになった紙を取り出し、広げる。そこに書いてあるのは呪いの言霊。覚めない眠りへ誘う、封印の呪文。
「………」
 呪文自体は簡単なもの。数秒もあれば唱えられる。
「ふふ…ふ…」
 自然と笑みが零れた。先程あの少女に向けていたものとは違う、本当の笑み。

 私は何を今まで躊躇っていたのだろう。

 もっと早くにこうすればよかったのだ。

 机に置いていた調度品を払い落とす。派手な音を立ててそれらは床へ落下した。
「ど、どうしましたか?!」
 隣の部屋から驚いたような声が聞こえた。笑みを浮かべたまま、私は呼びかける。
「すみません、落としてしまいました。申し訳ありませんが、手伝っていただけませんか?」
「大変!火傷していませんか?!」
 案の定、彼女は私室へ飛び込んできた。そして私と、床に散らばる調度品を見て目を丸くして固まる。
「あ、あの…?」
「素直すぎるのも、考え物ですね」
「え…?」
 わけが分からない、といった表情を浮かべる少女。あの人を狂わせる歌姫。

 どうせ先が短いのならば、私が今ここで終わらせてあげる。

「we M Se ja Ses t’i ja……」

 紙に書かれた呪文を読み上げる。不可解そうに少女は私を見ていたが、不意に何かを悟ったようにさっと表情を変えた。さすが“歌姫”。言霊には詳しいか。
「mt’i e Sa tse M wi a」
 少女が駆け出す。その後を追って私も駆け出した。私室を飛び出し、部屋を出ようと彼女は扉に手をかけたが、鍵がかかっているため開かない。少女が鍵を開けた瞬間に私はその肩を掴み、引き倒した。小さく彼女は悲鳴を上げる。
「we M Se ja wes tse a」
 構わず私は呪文を紡ぎ続ける。効力が現れ始めているのだろう、彼女は身を起こせぬまま、顔だけをこちらに向けた。
「どうして……?」
 か細く告げられた言葉に、私の中で何かが切れた。呪文を中断する。
「どうして?」
 低く呟いた声に、びくりと少女が震える。気にせず私は続けた。
「どうしてと、聞くのか?全てお前のせいだというのに」
「……え」
「陛下はお前の延命の術を見つけるため、戦を始めたのだ」
 少女の目が大きく見開かれた。そんな、と唇だけが動く。
「お前のせいで大勢人が死んだ。お前のせいで民は苦しんでいる。お前のせいで陛下は狂った!」
 自然と声が荒くなる。惨めに横たわる少女に私は声を叩きつけた。
「お前のせいだ!全てお前が来てから始まった!お前のせいでこの国は、あの人はここまで壊れてしまったんだ!」
 呆然とする少女の目から、ほろりと何かが零れ落ちた。もうその目は私を見ていない。そんな、どうして、と唇を動かすだけ。
「……それも、もう終わり」
 一息ついて、私は呟いた。冷静さを取り戻す。いつの間にかまた握り潰していた紙を広げた。
「we M Se ja Ses t’i ja。Mt’i e Sa tse M wi a」
 読み上げる呪文に、もう彼女は反応しない。全てを受け入れ、諦めたかのようにただ涙を流し続ける。
「we M Se ja wes tse a」
 これで終わる。やっと、やっとこの地獄のような日々が終わる。
 この少女がいなくれば、陛下は悲しむだろう。
 けれど、大丈夫。私が支えてみせる。
 だって、前王と前王妃が亡くなった時も、私が支えてきたんだもの。
 国だってすぐに再建できる。
「i pe M tse…」
 
 だから。
 
 あなたはいらないのよ。

「…狂う王の為に、歌姫に永久の眠りを!」

 びくん、と少女の身体が震えた。そのまま動かなくなる。
「…」
 一呼吸した、その身体から力が抜ける。その場に座り込んで、私はしばらくぼんやりと少女を見つめた。陛下と同じ若草色の髪。若草色の瞳は、本当にもう開かない?
「………」
 そっと少女の腕を取る。…脈はない。顔に耳を寄せる。…息もしていない。
「…ふ、ふふ……」
 少女から離れる。自然と声が漏れた。
「ふふ…あはは…あははははははっ!」
 こんなに大声で笑ったのは何時ぶりだろう。誰も来ないことをいいことに、私はしばらく笑い続けた。

 やった。

 ついにやった!

「あはははっ、はハッ、アハハハハハハッ!」

 どれくらい笑い続けただろう。ふと、あることに思い至って私は笑うことを止めた。

 もし。

 もし、この呪文を解く魔術があったら?

 それを陛下が見つけたら?

「…………」
 先程までの高揚感が嘘のように冷めていく。私は眠り姫と化した少女を見つめた。

 殺さなければ。
 こんな魔術じゃ生温い。本当にこの娘を殺さなければ、また同じことが繰り返される。
「殺さないと」
 立ち上がって剣を抜く。少女に向けて振り下ろそうとした、その時だった。

 バタンッと、勢い良く扉が開いた。

「…何をしている」

「……へ、いか」

 陛下の様子は、今までとまったく違っていた。振り乱した髪、荒い息を収めるように、肩を上下させている。
「…彼女が、」
 びく、と身体が震えた。
「彼女がいなかったから、探していた。お前が連れて行ったのを見かけたと、兵から聞いて、ここに来た」
 がらがらと何かが崩れていくのを感じた。陛下が横たわる彼女を見る。そして、私を。
「何をした」
「………」
 剣から手を離した。カラン、と無機質な音を立ててそれは彼女の横に落ちる。
 冷たい声に、瞳に、声が出ない。
「お前は、何をした」
「…わ、わたしは」
「彼女に何をした!」
 声と共に強く押しのけられる。バランスを崩して、私は床に倒れこんだ。
「おい……おい!目を開けてくれ!なあ!」
 彼女を抱き起こして陛下は呼びかける。しかし少女は目覚めない。当たり前だ。私がそう呪いの言霊をかけたのだから。
「あと…あと少しだったんだ。あと少しで、君を救えたかもしれないのに…!どうして…!」
 陛下の綺麗な瞳から、大粒の涙が落ちる。悲しみの感情。だけどそれは一瞬にして、憎しみの色に染まった。呆然としている私を睨みつける。
「…お前が、したのか」
「………し、て」
 今まで見たことない、聞いたことのない陛下の表情と声に、私は思わず呟いていた。
「赦して…ください、陛下……わ、わたしは、私は陛下の、あなたの為に…」
「嘘だ」
 ぴしゃりと叩きつけられた言葉は、氷よりも冷たい。私は更に必死になって言い募った。
「ちがう、違う嘘じゃ、嘘じゃありません!嘘じゃないの陛下!陛下、ねえ聞いて――」
 言いながら手を伸ばす。

 お願い。

 お願いだから、傍において。

 嫌わないで。

 また、昔みたいに名を呼んで、笑って――

「触るな!」
 そんなささやかな願いは、陛下の一言で砕かれた。少女を抱きかかえて立ち上がり、陛下は私に背を向ける。
「お前は私を裏切った。その罪は重い」
 淡々と陛下は告げた。
「騎士団長の任から外す。牢の中で自らの罪を認識するとよい」
 そのまま陛下は部屋から出て行く。何かを叫んでいるが、耳に入ってこない。
「どうして…?」

 どうして?

 どうして、こうなるの?

 兵士が部屋に入ってきた。私を両側から捕らえ、立たせようとする。それを見ることもなく、陛下は歩き出した。
「待って…!」
「団長!おとなしくしてください!」
 左の腕を掴んだ兵士が叫ぶ。振り払おうともがくが、敵わない。
「いや!離して!陛下…陛下!」
 私の声など聞こえていないかのように、陛下は振り向かない。

 どうして。

 こんなに想っているのに。

 あなたのために全て捧げたのに。

 あなたのためにあの女も殺したのに。

「……う…あぁあぁぁああぁあぁあああっ!!」

主に歌詞投稿&小説投稿しています。

常に修行中です。使われたら喜びます(笑)
よろしくお願いします。


歌詞投稿で使っていただいたもの。

32さん
単独ver『あるいは誰かの物語(仮題)~Requiem~』
http://piapro.jp/a/content/?id=lwd7cmf98g9snoas
合体ver『Legend of light~あるいは誰かの物語~』
http://piapro.jp/a/content/?id=j9c9qbznshf5b3sp
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm3353194

hoicowlowさん
『Fight!』 
ミクのみver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2003%3A15%3A18
ミリン(ミク&リン)ver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2018%3A43%3A17
『はるのうた』
http://piapro.jp/a/content/?id=5kjix36ys6a4e9vc

fumuさん
『銀の夢』
http://piapro.jp/a/content/?id=dl55n8hxlesioibo

壱村Pさん
『Once Again』
http://piapro.jp/content/3nrvufh7oa7tptwt
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm5382295



使っていただいた作曲家方様に感謝!
使わせていただいた絵師様にも感謝!
タグ職人にも感謝!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/23

もっと見る

▲TOP