或る詩謡い人形の記録『雪菫の少女』第三章

投稿日:2009/03/04 15:46:38 | 文字数:2,039文字 | 閲覧数:335 | カテゴリ:小説

ライセンス:

魔力が目に集まる~っていうのは動画の方でそういうコメントを見かけたからです。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

 雪が降る。しんしんと全てを覆い隠す。
「………」
 とある小さな村。
 その外れにある、小さな小屋。
 住んでいたはずの夫婦はいない。
「…逃げたか」
 一応部屋を物色する。様々な設計図や魔術の書かれた紙が散乱していた。火が消えた暖炉の中には、燃やしたらしい書類の破片。その中にあった、燃え残った一枚の紙に目が留まる。
「………」
 それを服に仕舞い込んで、私は家を出た。

 深い森。闇色に染まる木々。降り続ける雪は足音さえ消していく。
 草を掻き分け、私は進んだ。この程度の暗さなら特に支障はないし、寒さにはもとより慣れている。
「…………」
 哀れだと、不意に思った。まだ若い夫婦だったはず。科学者の男と、魔術師の女。

 才能があることと幸福になることは無関係だ。
 才能があるからこそ、不幸になることもある。

「あなた達のように」
 開けた視界の先に目標を見つけ、私は言った。目標がこちらを向く。白い髪を持つ男と、紅い瞳を持つ女。女は手に何かを抱えていた。
「王の追っ手か…!」
「理解なさっているのならば話は早い」
 彼らと一定の距離を保ったまま、私は言った。
「王の命令に従いなさい。そうすれば引き下がりましょう」
「君はあの王が何を命令したのか知っているのか?」
 私の言葉を無視し、男が言った。仕方なく私は合わせる。
「知っています」
「何故止めない!知っていながら、何故王の凶行をやめさせようとしない!」
「我ら騎士にとって王の命令は絶対。それがどんな凶行であれ愚行であれ、命令あれば従うのみ」
 なるべく冷たく言い放った。自分に言い聞かせるように。

 そう。私はあの人に従うだけ。
 そうすれば、あの人の傍にいることが出来る。

「…盲信者め……!」
「如何様にも仰ってください」

 あの人がそれで満足するなら。
 この手をどれだけ汚しても構わない。

「覚悟はよろしいですね」
 剣を抜く。
「走れ!」
 男が叫んだ。同時に地を蹴る。
「遅い」
「…っ?!」
 一閃、横に薙ぎ払った。どさりという音。一拍遅れて紅い液体が噴き出した。
「…うあぁぁぁあ!!」
 傷口を押さえ、彼が叫ぶ。地面に斬り落とした左腕の傍に倒れこんだ。
「あなた!」
 女が叫ぶ。
「…っ、馬鹿!逃げ――!」
 男の言葉が終わる前に、私は行動していた。一瞬で女の懐に飛び込む。
「魔力がもっとも集まるのは、眼でしたね」
「え――」
 紅い瞳。綺麗なのに、もったいない。
「……ぁああああああっ!!」
 悲鳴を上げて彼女は自分の顔を押さえた。どさりとその腕に抱えていたものが雪の上に落ちる。
「…オギャア、オギャア……ッ」
 泣き声に、私はそれを見た。どうやら双子の赤子だったようだ。落とされた衝撃で起きたらしい。雪が緩衝材になったか、怪我はしていない。
「………」
 剣を振り上げる。「ま、待て!」と男が叫んだ。
「頼む!子どもだけは…っ、その子達だけは助けてくれ!」
「………」
 赤子は泣き続ける。溜息をついて私は剣を下げた。血を払い、鞘に収める。
「…いい子ね。泣き止みなさい」
 慎重に2人を抱き上げた。赤子はしばらく泣き続けていたが、やがてまた小さな寝息をたて始める。
「………」
 赤子が泣き止んだのを見届け、私は歩き出した。が、数歩もいかないうちに足を掴まれる。
「…まだ何か」
「…何処へ連れて行く気だ」
 見下ろすと、男の瞳がこちらを見つめていた。
「…それは私達の子だ。返してくれ…」
「…王は私に命令を下しました。『奪え』と」
 手を振り解く。男の顔が絶望に染まった。
「言いましたよね?命令は絶対だと。私は従うのみです」
 再び歩き出す。遠ざかる背後で、男の叫び声が聞こえた。

 とある森の奥深く。
「……“雪菫の少女”が何の用だい」
「……」
 訪れた客人に、女は冷たい言葉を投げ掛けた。少女は気にした様子もなく女を見つめ返す。その腕には何かを抱えていた。ふ、女の持っていた煙管から煙が漂う。
「王の力になれと言うのならばごめんだよ」
「違います」
 言って、少女はその腕に抱えていたものを差し出した。ん、と女の眉が寄る。
「……赤子か?魔力を持っているな」
「…世話を任せたいのですが」
 少女の言葉に「はぁ?」と女は声を上げた。
「やめてくれ。ここは孤児院じゃないんだよ」
「お願いします」
 少女は頭を下げる。渋い表情で、女は煙管を咥えた。大きな溜息と共に煙を吐き出す。
「……訳ありかい」
「…ええ」
 沈黙。先に折れたのは女の方だった。
「……わかった。その子ども達は私が責任をもって預かろう」
「ありがとうございます」
 深く少女は頭を下げた。

 本当は生かすべきではなかったのだろう。
 私のようにならないとは限らない。

 もしかしたら、私は期待したのかもしれない。

 いつかこの子達が真実を知って、私を殺しに来てくれるのを。

主に歌詞投稿&小説投稿しています。

常に修行中です。使われたら喜びます(笑)
よろしくお願いします。


歌詞投稿で使っていただいたもの。

32さん
単独ver『あるいは誰かの物語(仮題)~Requiem~』
http://piapro.jp/a/content/?id=lwd7cmf98g9snoas
合体ver『Legend of light~あるいは誰かの物語~』
http://piapro.jp/a/content/?id=j9c9qbznshf5b3sp
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm3353194

hoicowlowさん
『Fight!』 
ミクのみver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2003%3A15%3A18
ミリン(ミク&リン)ver
http://piapro.jp/a/content/?id=n1xneis3vwoqdf9d&cdate=2008-04-07%2018%3A43%3A17
『はるのうた』
http://piapro.jp/a/content/?id=5kjix36ys6a4e9vc

fumuさん
『銀の夢』
http://piapro.jp/a/content/?id=dl55n8hxlesioibo

壱村Pさん
『Once Again』
http://piapro.jp/content/3nrvufh7oa7tptwt
動画ver http://www.nicovideo.jp/watch/sm5382295



使っていただいた作曲家方様に感謝!
使わせていただいた絵師様にも感謝!
タグ職人にも感謝!

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/27

もっと見る

▲TOP