【投稿用】嘘つき天気予報

投稿日:2010/05/31 23:11:05 | 文字数:448文字 | 閲覧数:133 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

梅雨手前なので。


gishi523さんの【エイドス】
http://piapro.jp/content/in5mvstczau3kvik
の投稿用歌詞になります。

以下、分かりにくい単語です。

雨後(あめあと):
本来は「うご」と読みます。語呂の関係であめあと。
雨上がりくらいのタイミングでしょうか。
使用例は雨後の筍など。

リズム隊:
リズムやビートを担当する演奏者を指します。
ドラマーやベーシストを指すみたいです。

クラベス(スペイン語: claves):
木製の打楽器。2本の木片を打ち合わせてカチカチと音を出す。
拍子木(ひょうしぎ)とどちらにするか迷いました。

たぶん、降水確率の低い日に急に降った夕立です。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

喧嘩の後には 気まずい沈黙
何であんなこと 言ったのだろう

夕暮れさえぎり 地面を叩いた
つよい雨音に 誘われて

君と二人 雨宿り初めてした
閉じ込められて嬉しい? なんて

嘘つき天気予報 土砂降りの雨にありがとう
二人の時間 引き伸ばしてくれて

ごめんねはいつだって お互いに気持ち持ってる
何度も今も 私は確かめる


どこかの軒先 ここには何にもないから
そう 二人でお喋りしよう

周りをさえぎる 雨はリズム隊
綺麗なクラベス 響かせて

背が高いから 少し見上げて見た
いつもの会話嬉しい? なんて

嘘つき天気予報 雨後(あめあと)の虹にありがとう
雨が勇気を 元気をくれたから

歩くのはいつだって 一人じゃ寂しくて出来ない
何度も今も 君が手つないでね


普段の帰り道はもう いつもと違う楽しみ
天気予報みたい だから

嘘つき天気予報 晴れ渡る空にありがとう
綺麗な日差し 包んでくれたから

さよならはいつだって 涙がこぼれそうでつらい
何度も今も こらえてまた明日

気まぐれで文など投稿しようかと思います。
音感はなし。
ジャンルはロック、ポップス、バラード辺り。

最近自分がスロースターター(出だしに弱い)ということに気づく。
歌詞の9割りは普通のことしか言ってない。
→それが黄金比だと信じてみる

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン

オススメ作品10/28

もっと見る

▲TOP