悲しきピアノバラード仮歌詞 > 作品つながり

悲しきピアノバラード仮歌詞

悲しきピアノバラード仮歌詞



あれから あなたを 忘れられずに

今ここで 歌を 歌うわたしよ

悲しい ピアノの 音を あなたに

聴かせて わたしの 想い届けて

運命は 意地悪ね あの出会いが なかったらね

今はそう 別々の 人生を 生きてたはず


けれども けれども 届かない

あなたを 好きだと 言えないの

ああこんな 気持ちならば

わたしは もう 泣くだけね



わたしは あなたに 愛を歌うわ

けれども 知ってる あなたのなかに

いるのは 別の 人と いうことを

ピアノに のせてる 想いは消える

運命は 冷たいね あとわずか すれ違いなの

今はただ 別々の 人生に 浮かんでいる


けれども けれども 届かない

あなたを 好きだと 言いたくて

ああこんな 気持ちならば

わたしは 消えてしまう


かな歌詞

あれから あなたを わすれられずに

いまここ でうたお うたうわたしよ

かなしい ピアノの おと をあなたに

きかせて わたしの おもいとど けて

うんめいわ いじわるね あのであい がなかあたらね

いまわそお べつべつの じんせいお いきてた はず


けれども けれども とどかない

あなたお すきだと いえないの

ああこんな きもちならば 

わたしわ も なくだけね



わたしわ あなたに あいおうたうわ

けれども しいてる あなたのなかに

いるのわ べつの ひとと いうことお

ピアノに のせてる おもいわ きえる

うんめいわ つめたいね あとわずか すれちがいなの

いまわただ べつべつの じんせいに うかんで いる

けれども けれども とどかない

あなたお すきだと いいたくて

ああこんな きもちならば

わたしわ き えてしまう

歌詞募集中の悲しきピアノバラードの仮歌詞です。


ストーリー

音楽学校を卒業したミクは、ピアノの弾き語りの仕事を手に入れた。

そこで高校時代の憧れの先輩との再会を果たす。

しかし彼にはすでに別の彼女がいたのだった。

ミクは自分の想いをピアノに載せて歌を歌うのだった、、、

投稿日時 : 2022/05/19 22:00    投稿者 :しずかけい

歌詞募集中の悲しきピアノバラードの仮歌詞版です。
↓歌詞の応募はこちら↓
https://piapr...

この作品の関連作品

悲しきピアノバラード仮歌詞
▲TOP