けものみち 【作曲:彼死Pさん】 > 作品つながり

けものみち 【作曲:彼死Pさん】

【A1】
寂しき 褥(しとね)の 黒猫(シャノワアル)
恋心は 吐息に 寝取られて
いついつ 秘密の 蜜を編む
生(なま)獣の 除け者 懸想人(けそうびと)

【B1】
許しはせぬ 許しはせぬ
針千本を 飲みやんせ
逃がしはせぬ 逃がしはせぬ
夕病み 夢見の道

【S1】
極楽鳥の色羽(いろは)に 惚れ腫れて
人の道を外れた 畜生道(けものみち)
地の果てまで 貴方を追い詰めて
爪を研げば Les plaisirs de la chasse(レ プレズィール ドゥラ シャッセ)

【A2】
娘猫(こねこ)の 心も 露知らず
艶廓(つやくるわ)で 乱れた 密(みそ)か事
とろとろ 吐息に 囚われて
討つ 獣の 下手物(げてもの) 化物道(けものみち)

【B2】
許しはせぬ 許しはせぬ
地獄の門を 通りゃんせ
逃がしはせぬ 逃がしはせぬ
宵病み 黄泉路の道

【S2】
極楽鳥の色羽(いろは)の 散りぬる夜(よ)
悶え惑い 踏み締む いばら道
忸怩(じくじ) 悔やむ 悲鳴を聞かしゃんせ
暗く燃ゆる Les plaisirs de la chasse(レ プレズィール ドゥラ シャッセ)

【S3】
極楽鳥の色羽(いろは)に 惚れ腫れて
人の道を外れた 畜生道(けものみち)
極楽鳥の色羽(いろは)の 散りぬる夜(よ)
素足のまま 踏み締む いばら道
じくじく 病む 地獄を見やしゃんせ
苦楽 燃ゆる Les plaisirs de la chasse(レ プレズィール ドゥラ シャッセ)

【C】
倶利伽羅 紅蓮の慕情を滾らせ 貴方を追う
草木を搔き分け 心を躍らせ 貴方を追う
金切声 恋 死出虫 千切れば ケダモノの道

himekami@彼死Pさんの http://piapro.jp/t/9v4X に採用して頂きました(*'ω'*)

【動画完成!】http://www.nicovideo.jp/watch/sm29035170

和風曲にジャズのテイストという独特な曲調に合わせ、歌詞も古風な世界観にフランス語を混ぜてみました♪

地味で根暗な主人公を黒猫に、派手に着飾って遊ぶ恋人や遊女達を極楽鳥に見立て、嫉妬に狂って追い掛ける喜びに目覚めていくというヤンデレ歌です。

【言葉の意味】
褥(しとね):寝床
懸想人(けそうびと):思いを寄せる人
廓(くるわ):遊郭
忸怩(じくじ):自らの行いを深く恥じるさま

Les plaisirs de la chasse:狩りの快楽(ふらんす語)
「見やしゃんせ」と「ドゥラシャッセ」の韻踏み(笑)

倶利伽羅:地名。富山の倶利伽羅峠。
源平合戦で、牛に松明を括り付け走らせる火牛攻めを行なった場所。
その火牛のように追いかけるという意味も無くはないですが、単に「くりからぐれん」という響きが良かったので(笑)

※前のバージョンに歌詞の解釈を乗せています。

投稿日時 : 2016/06/13 00:34    投稿者 :つきふみ

たくさんの歌詞のご応募ありがとうございました!
つきふみさんの「けものみち」を採用させていただきまし...

▲TOP