(non title) > 作品つながり

(non title)

白い煙の中で
下をずっと見つめていた
白い花が君を包んでいて
「似合わない」

そう呟いて 走り出した
信じたくなかった
その瞳が見れなくなるなんて
怖くなって 叫んだ
苦しくって 声も出ないよ
もう嫌だ と
すべてがモノクロに変わった

深く 深く 沈んでく身体(からだ)
この手はもう届かないけれど
こぼれた 一滴
さえぬぐえなかった
風が僕を嘲笑う

静かな冷たい部屋
時計の音で目を覚ます
ふと隣のぬくもりを探した
その瞬間彩(いろ)がついた

君の姿が見えなくなって
どれくらい経つだろう
こんな日がくるだなんて
思ってもみなかった
あがいて もがいて
君の影を探した
もうイナイとは分かってはいても

遠く 遠く 離れてる世界(ばしょ)で
この声はもう聞こえないけれど
こぼれた 一滴
見せないで 僕に
どうか どうか 笑っていてよ

ずっと ずっと 一緒だろ?僕ら
いつも二人で手をつないで
こぼれた 一滴
やっと分かったんだ
君は・・・

もう一度 抱きしめられるのなら
もう一度 伝えられるのなら
もう一度 その声が聞けるなら
ねえ、どうして? なんて言わないさ
もうダメだ だなんて思わない
だから もう一度
もう一度だけ・・・!

強く 強く 君を思い続ける
この心ももう届かないのかな?
こぼれた 一滴
今度はちゃんとすくうから
僕は空に囁いた

「おやすみ」

歌詞は初投稿です!
なんか思ったままぶつけたらまとまらなくn(ry
裏設定ばっかりができた曲でした;;
曲のイメージは爽やか系ロックでした。ギターとキーボードが目立つ感じの・・・
どなたか曲をつけてくださるとうれしいです^^
そして発想力がないわたしの代わりに曲名を決めてくださる方を募集中です!
お願いします!!

投稿日時 : 2008/12/12 00:32    投稿者 :福島

今回は福島さんの投稿作品に曲付しました。
ただ、早口部分ができてしまったので聞き取りにくいかも。
歌...

この作品の関連作品

(non title)
▲TOP