【初音ミク】靴と空【オリジナル曲】 > 作品つながり

光が消えたら 沈もう 夢の中へ
騙されていると わかっていても 浸る 甘い夢

世界は綺麗で いつでも優しすぎて
聴こえないふりをしたり 下を見たり 僕は逃げていた

前を向けば 見えるものが
あっただろう 鮮やかだろう
見上げれば 下に落ちた
あの空も

夢から覚めても 光は見えなかった
霞んでいる景色 何の色も 音も意味がない

手のひら握って つかんだ希望さえも
膝抱え 部屋の隅で 埃かぶっているよ 見渡せば

さっきまでは そこにいたのに
気づいたらどこにもない
さっきまでは見えていたのに
さっきまでは さっきまでは

ここには誰もいない
ここには僕がいない

今は何もなくて 辛い日々だって 死にたくない

前を向けば 見えるものが
あっただろう 鮮やかだろう
見上げれば 下に落ちた
あの空も 拾えるだろう

前を向いて 歩けるかな
その先に 見えるのかな
生きていくよ 綺麗な世界を
生きていくよ 生きていくよ

投稿日時 : 2015/01/29 14:59    投稿者 :suga

▲TOP