> 作品つながり

蒼い木々を抜けて
甘く香る雫から 遠く離れる

空へ散りゆく 君が描いた夢よ

蛍 羽を広げ 君の望む場所へ
夜空 高く舞い上がり
一縷の燈となるように

朽ちた草の陰に
息をひそめ くすませた私の瞳

そっと拭った 君の手の温もりよ

蛍 羽を広げ 君の眠る場所へ
過去を刻む亡骸が
私を呼んだとしても

白く明ける朝は きっと
この両腕を焼くのだろう
それでも離しはしない
君が点した愛を

蛍 私は今 君の望む場所へ
夜空 高く舞い上がり
導の星となる




あおいきぎをぬけて
あまくかおるしずくから とおくはなれる

そらへちりゆく きみがえがいたゆめよ

ほたる はねをひろげ きみののぞむばしょへ
よぞらたかくまいあがり
いちるのひとなるように

くちたくさのかげに
いきをひそめ くすませたわたしのひとみ

そっとぬぐった きみのてのぬくもりよ

ほたる はねをひろげ きみのねむるばしょへ
かこをきざむなきがらが
わたしをよんだとしても

しろくあけるあさは きっと
このりょううでをやくのだろう
それでもはなしはしない
きみがともしたあいを

ほたる わたしはいま きみののぞむばしょへ
よぞらたかくまいあがり
しるべのほしとなる

瀬良さんの歌詞募集曲へ。
http://piapro.jp/t/PCK0

心だけでも君のもとに、というイメージです。

一人称が「私」ですが、女性目線というわけでもありません。
VY2の声を聞いた時に、声質的に「私」にしてもきれいにはまりそうだな、と思いました。

投稿日時 : 2015/06/22 22:26    投稿者 :遠野音

【2015/07/01追記】
修正の受付は終了しました。
「さらに作り込みたいと思ったもの」について...

▲TOP