alb=ino → love

投稿日:2010/08/29 19:14:25 | 文字数:1,166文字 | 閲覧数:41 | カテゴリ:歌詞

ライセンス:

yonakiyasyaさんへの応募用
http://piapro.jp/content/tjjy8t7nzezw3x2r

アルビノの少女が恋をした物語
他人と違うことを嫌と感じていたが、
それが個性だと気づいて個性を活かして恋していこうとする
アルビノは夏の日差しには弱いけれど、
その弱さも恋の力で乗り切っていこうとする





歌詞募集に落選しましたので、作曲募集に変更させていただきます。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

空が突く地に 生まれた 淡い花
他人と違う 体と髪よ

銀色の 髪を束ねて
夏の暑さへと 飛んで行けたなら
まだ若い 僕は 近づく 熱に
溶け出して しまうかも しれないよ

僕は恋した そう君に
だけど後悔 この髪じゃ
嫌われること 分かってる
終わることない 嫌悪を

違う 感覚 それは ペルソナ

銀色の 髪を束ねて
君のところへと 飛んで行けたなら
まだ若い 想い 伝える ことが
出来ること 信じてる 夏の夢

銀色の 髪を束ねて
君のところへと 飛んで行くからね
焦ってる 波も 心も 恋も
慌てては いけないと おもうから

それは 焦りすぎて いるかもね
光 消えて しまうのかな
それは まさに杞憂 なのかもね
僕は 君が 好きなんだよ

銀色の 髪を束ねて
君のところへと 飛んで行けるんだ
果てしない 旅も 輪廻も 空も
そうきっと 味方して くれるから

銀色の 髪を束ねて
君のところへと 飛んで行けるんだ
まだ足りず 飴も ご飯も 息も
この喉を 通らなく なってきた

銀色の 羽を広げて
夜の果てにいる 君に会いに行く
君だけに 愛も 正義も 口も
残らずに 盗まれて しまったよ

君だけに



☆.。.:*・゜*・゜゜・*:.。..。.:*・゜☆。, .゜。 + ☆。☆≡☆...



そらがつくちに うまれた あわいはな
たにんとちがう からだとかみよ

ぎんいろの かみをたばねて
なつのあつさへと とんでいけたなら
まだわかい ぼくは ちかづく ねつに
とけだして しまうかも しれないよ

ぼくはこいした そうきみに
だけどこうかい このかみじゃ
きらわれること わかってる
わかることない けんおを

ちがう かんかく それは ぺるそな

ぎんいろの かみをたばねて
きみのところへと とんでいけたなら
まだわかい おもい つたえる ことが
できること しんじてる なつのゆめ

ぎんいろの かみをたばねて
きみのところへと とんでいくからね
あせってる かみも こころも こいも
あわてては いけないと おもうから

それは あせりすぎて いるかもね
ひかり きえて しまうのかな
それは まさにきゆう なのかもね
ぼくは きみが すきなんだよ

ぎんいろの かみをたばねて
きみのところへと とんでいけるんだ
はてしない たびも りんねも そらも
そうきっと みかたして くれるから

ぎんいろの かみをたばねて
きみのところへと とんでいけるんだ
まだたりず あめも ごはんも いきも
こののどを とおらなく なってきた

ぎんいろの はねをひろげて
よるのはてにいる きみにあいにいく
きみだけに あいも せいぎも くちも
のこらずに ぬすまれて しまったよ

きみだけに

我が輩はタコである。

名前はせんてふ。どんな理由で創作活動をしているのか、頓と見當がつかぬ。

何でもどこかの動画でwwwwコメントして居た事丈は記憶して居る。

吾輩はここで始めて人間というものを見た。

しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。

もっと見る

作品へのコメント0

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
▲TOP