ようこそ!、きのこ駅前商店街へ! 第3話 酒屋とアイスクリーム屋と英会話教室とミリアム達

投稿日:2010/03/02 17:24:48 | 文字数:3,704文字 | 閲覧数:412 | カテゴリ:小説 | 全2バージョン

ライセンス:

☆オリジナル作品第2弾である、「ようこそ!、きのこ駅前商店街へ!」の第3話です
☆謎への入り口を色々作ってみました。
☆「XYZ…」ネタは知っての通りですが、言葉だけのネタにしました。

☆それにしても、食欲旺盛なミリアムさんですね。

前のページへ
1
/1
次のページへ
TEXT
 

<ようこそ!、きのこ駅前商店街へ! 第3話 酒屋とアイスクリーム屋と英会話教室とミリアム達>

(喫茶店LEO)

レン:ルカさん、今日はお使い物を頼まれてくれるかい?。
ルカ:お使い物ですか?。
レン:うん。メイコさんの酒屋、カイトさんのアイスクリーム屋、アンさんとプリマさんの英会話教室の3件の所に集金に行って欲しいんだ。ここにみんなが集まった井戸端会議の時は、割り勘での後払いにしているからね。まだ清算していないのが、この4人分の3件だけだから。
ルカ:わかりました。
レン:これが場所でこれが明細書ね。もう電話してあるから、お釣りなしでお金をもらうだけだから。
ルカ:はい、行ってきます。
レン:あ、急ぎの用じゃないからゆっくりでいいよ。それと行くとき扉の札を“準備中”にしておいてね。
ルカ:はい。

ルカは札を裏返して、集金に出かけた。

(「リキュールショップMEIKO」前)
ルカ:えっと、ここがメイコさんのお店みたいね。

お店の中:毎度ありがとうございました~!。
お客さんが二人ほど店から出てきた。

ルカ:あ、メイコさんいるみたいね。
ルカは中に入っていった。

メイコ:いらっしゃ・・・あら、ルカちゃん。
ルカ:メイコさんこんにちは、マスターから集金を頼まれました。
メイコ:うん、私も聞いているわ。ちょっと待っててね。

メイコは部屋に戻ると、お金が入った封筒を持ってきた。

メイコ:これよ。井戸端会議専門とはいえ、随分貯まっていたのね~。まいったまいった。
メイコは封筒をルカに渡した。ルカは明細書と中身をチェックした。

ルカ:確かに頂きました。
メイコ:ルカちゃん、まだ時間ある?。
ルカ:はぁ、まぁ急いでとは言われていませんので。
メイコ:ちょっとお話しましょうよ。
ルカ:そうですね。

ルカとメイコは店内の椅子に並んで座った。

ルカ:あの、いつも皆さんに訊いているんですが、メイコさんは地元の人なんですか?。
メイコ:ううん、私は外から。来たときのお店とか店舗数と知っている人から考えると、たぶん、ミクさんの後だと思う。ミクさんとはちゅねさん達が八百屋を切り盛りしているのを見ながら、このお店を建てたからね。
ルカ:あと、お店忙しそうですが休日とかは何をされて過ごしているんですか?。
メイコ:そうねえ、私はお酒好きだけど、ここのはさすがに売り物だから、ミリアムの所とか、この商店街の飲み屋で飲んでいるわね。
ルカ:・・・やはり、商店街の外には出られないんですか?。
メイコ:そうねえ、そういえば出たことないわね。ここなんでもあるし、美味しい店多いから、ここでなんかやっているわね。このお店の裏が“うち”なんだけど、部屋は散らかり放題だけどね。
ルカ:一人で飲んでいるんですか?。
メイコ:いやいや、やっぱりお酒は楽しく飲みたいからね。一番多い組み合わせは、カイト&アン&プリマのチームで飲んでいるわね。
ルカ:うぉ!、ミクさんに強敵出現!。
メイコ:あら、カイトとミクさんの事、知っていたのね。それは私も知っているわ。あれだけミクさんの挙動不審を見せられれば解らないはずないものね。でも、大丈夫よ。カイトとは“飲み友達”だから。恋愛感情は全くなし。カイトの方もそういう行動全くなし。あれだけバイトの女の子にキャッキャされているのに。全くどこまで鈍感なのやら・・・・。
ルカ:ハハハ・・・。それと、この商店街で、お店以外の名所とか名スポットとかあるんですか?。バイト休みの日に見ていこうかなと思っているんです。

メイコ:うーん、お店以外ね・・・。あ、商店街広告用のモニターがあるわ。
ルカ:モニターですか?。
メイコ:うん。TVみたいなものね。でも内容は商店街のお店の広告を流しているの。だからTVではなくてモニターよね。小さい広場、あるわよね、あそこの片隅に固定式で置いてあるの。ここの人、ほぼ全部この商店街で買い物しているから、ここの事、詳しいのよ。だからほとんど使われてないの。
ルカ:情報有り難う御座います!。休日にでも寄ってみますね。
メイコ:じゃーねー。

ルカはメイコと別れ、次のお店であるカイトの勤め先「アイスクリームチェーン店“BLUE MUFFLER”」へ向かった。

(アイスクリームチェーン店“BLUE MUFFLER”店内)

ルカ:すみませーん、喫茶店LEOの者ですが集金に参りました~。

カイトはお客さんの対応をしていた。

カイト:有り難う御座いました。あ!、ルカさん!、ちょっと待っててください。・・・えっと、お店の用だからちょっと席を外すね。君、後をお願いね。
店員:はい。

カイトはルカをSTAFF ROOMに案内した。

カイト:はい、これ。ぴったしだけど一応確認してね。
ルカ:はい。・・・・・・OKです。確かに頂きました。
カイト:そっか~、ルカさん、今日は集金か~。大変だね。

ルカ:いえいえ。お時間は頂けたので。あ!、少しだけいいですか。
カイト:少しだけならいいよ。
ルカ:カイトさんも、やっぱりここ以外から来たんですか?。
カイト:そうだよ。順番から言うとメイコさんの次くらいかな。メイコさんにはお世話になったよ。飲み友達だしね。
ルカ:じゃあ休日は、だいたい居酒屋とかミリアムさんのバーとかで過ごしているんですか。
カイト:夜はね。昼間はここでアイスクリームの研究をしているよ。一応、僕、アイスクリーム好きで店長になったから、お店に出すアイスを色々考えているんだ。だから、この商店街から外には出たことないかな。
ルカ:そうですか。それと“カイトさんが気になるなー”って女の子、一人知っているんですが、カイトさん自身、何か気づいてますか?。
カイト:?、お店の女の子のアレは仕事上の事のはずだし、それ以外・・・特に思い当たらないよ。
ルカ:そうですか、変な質問ですみませんでした(ああ・・ミクさん、涙目ね)。
カイト:他には?。
ルカ:あ、最後に、“店舗”以外で、この商店街の名物とか名スポットとかってあります?。
カイト:んー、名物に名スポットか~。あ、レオンさんのゲーセンの隣にあるアクセサリー店の店先に、大きなモニターがあるよ。あの近辺での待ち合わせでは、たいがいあそこを目印にしているね。やっている放送はTVらしいけど。名スポットといえばこれくらいかな。
ルカ:どうもです!、休日にでも寄ってみます!。有り難う御座いました!。
カイト:いえいえ、こちらこそ。じゃあね。

ルカはカイトと別れ、今日最後の集金先である、アンとプリマの英会話教室“E.M.T”に向かった。

(英会話教室“E.M.T”内、会議室)

ルカ:お忙しい所、すみません。集金に来ました。
アン:Oh!、Miss. Luka!。Thank You !. ワザワザ有り難ウネ、コレがお金デス。

ルカはアンから封筒を受け取り、中身をチェックした。

ルカ:はい、確かに。ところでアンさんとプリマさんは、今日の英会話教室は?。
プリマ:今はLessonのない時間なんデス。つまり休み時間カナ。
ルカ:あ、休み時間にすみませんでした。
アン:いえいえ、ルカさんと話す時間が出来て、とてもHappyですよ。せっかくだからMany Many Questionしてネ。
ルカ:じゃあ、アンさんとプリマさんは、Holidayは何をして過ごしているんですか?。
アン:Holiday?、そうねえ、私たち、ここに来てそんなに経ってないから、ずっとこの商店街を散策しているわね。ここ結構大きいから見所満載よ。毎回プリマと一緒に行動しているのヨ。来たときにあったアイスクリーム屋さんに寄ってジェラートとか食べながら談話したり、凄く楽しいわネ。
プリマ:そうそう。この街、いろんな発見があるから、Favoriteです!。
ルカ:では、店舗以外の一番の発見って、何かありますか?。
アン:Shop以外ですカ?。Well・・・やっぱりShopが多いんだけド・・・、うーん。
プリマ:アン、あれなんてどうカナ?。あの、“掲示板”。
アン:!、あー!、あれね!、そうね、アレはちょっとMysteryよネ。
ルカ:謎なんですか?。
プリマ:ハイ。掲示板だからホトンド待ち合わせや伝言で使われているんだけド、時たま“違う”内容の事が書かれている事があるノ。
アン:それが、意味不明なのヨ。暗号みたいな言葉らしいケド、少なくともこの商店街の住人には思い当たる事がないことナノ。
ルカ:“XYZ…”とか、そういうのですか?。
プリマ:“XYZ…”?、それは知らないけど、もっと変なのなのヨ。
アン:まぁこの商店街の人たち、どうせ誰かのイタズラだと思っているカラ、ムシしているけどネ。
ルカ:有り難う御座いました!。今度寄ってみる事にします。
アン:こちらコソ、楽しい時間でしたヨ。Thanks!。
プリマ:また来てネ。
ルカ:はい!。

こうしてルカは帰路についた。

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

基本、テキストでのボカロ小説で活動してます。今は、

『Dear My Friends! 2期』
(最近は"ディアフレ!"って略記することが多いです)

を連載投稿してます。

たまにイラストも投稿してます。

コンテンツの利用に関しましては、事前事後問わず、コメントにてお願いしますね。

投稿告知などは、twitterでやってます。

もっと見る

作品へのコメント6

ピアプロにログインして作品にコメントをしましょう!

新規登録|ログイン
  • userIcon

    ご意見・感想

    nai☆様、こんにちは~!

    > さりげない日常も結構面白いものですねw

    これは出来るだけ”この商店街が平和である”事を強調するために、そう書きました。なんでもない日常の風景ですよね。”商店街を出ない”という事を除けば。

    >懐かしいw 10㌧ハンマーに追いかけられるスナイパーのアレ

    そうです。新宿の今はない掲示板のアレです。やはり掲示板のポイントが出てきたのでちょっとだけ出してみました。

    > 今回は気になる“キーワード”っぽいのが目白押しだなぁ

    第3話はそのために書いたとも言える話でした。RPGっぽくなりましたね。でもRPGのアレって、凄く便利なんですよね。出来るだけ自然に情報を得られるようにイベントを組んだはずですので。

    > RPGの基本であると再認識。(RPGじゃないって! …たぶん

    さて、”たぶん”で終わるかどうか・・・・。第4話以降でわかるとおもいます。

    > そして露骨に怪しい謎の会話がw

    これは何かある事を少し強調しようと思って。それに第4話以降でイベントを無理なく出せるようにするためです。これがないとちょっと不自然な事になるので。

    > この商店街って一度入ったらそう簡単には抜け出せない閉鎖空kn…、あ、いや…、まぁその…

    ふふふ、それは当たっているのか、はずれているのか、それは第4話以降で明らかに!

    > 神人とか出てきて暴れたら…と思うとガクガク(((( ;゜Д゜))))ブルブル

    謎の会話から考えると、あり得るかも??

    > 古泉君友情出演で助けに来てくれるかな?

    まだ一人、スポットを聞いていない人がいましたね~。

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!

    2009/02/20 10:50:58 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    nonta様、こんにちは~!

    > 未だはっきりとは現れずというところですね

    これは次回の休日の散策でわかってくる事にしたため、違和感への疑問程度で押さえてます。それにルカさん本人も”この街が好き”と言ってますからね

    > 次回に何か謎が鮮明になり始めるという展開でしょうか

    そうするつもりです。お楽しみにです~。

    > 謎の人物のセリフで、何かがあるということだけは読んでいる人にはハッキリしてきた訳ですが

    はい。さすがに淡々と進めてきたので、少しアクセントを効かせようと思って、あえて入れました。はい、何もないわけがないので、それをハッキリさせようと思いまして。

    > 妙なコトさえなければ楽しそうですし、あの彼女たちの暮らす場所なら自分も行って暮らしたいぐらいですけど♪

    実はそれは大事なポイントなんです。文中で記載されているとおりなら、こんな平和な(もしくは昭和の復興期の人情味あふれる)商店街、そうそうないはずですから。だから凄く”暮らしたい”と思えるように書きました。でも、このことは実は・・・。

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!。

    2009/02/20 10:32:39 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    hata_hata様、こんにちは~!。

    > 各キャラの商店街との関わり

    これは商店街としての機能に出来るだけ無理がないようにするためなんです。お店をやっていたら普通は街のどれかに関わり合いを持っているものですから。

    > 段々世界が広がりを見せ始めましたね~

    有り難う御座います!。研究所の方では進行は速めだったんですが、今回は街の状態を説明する所で細かくしようと思ったので、ゆっくり目でした。

    > 休日の散策でどんな事が待ち受けているのか、凄~く気になりますw

    どうもです~♪。休日の散策では、ここまでで知った”名物スポット”巡りが始まります。さぁ、一体ルカさんは何を見つけるのでしょうか?

    > enarinさんの読者を惑わす手管なのか? 面白くなって参りました!

    有り難う御座います!。そう、あの人です。何故ここまでキャラを立て続けに出してきたのに、彼だけ出さなかったのか?。それは次以降でわかると思います。

    > 次回も楽しみにしております

    お楽しみにです~!

    ご閲覧、コメント、有り難う御座います!

    2009/02/20 10:23:51 From  enarin

  • userIcon

    ご意見・感想

    さりげない日常も結構面白いものですねw でも、何だろう…この奇妙な違和感は?
    掲示板の“XYZ…”ってw 懐かしいw 10㌧ハンマーに追いかけられるスナイパーのアレですねw
    それはさておき、モニターに掲示板に神社に…φ(..)メモメモ  今回は気になる“キーワード”っぽいのが目白押しだなぁ。
    やっぱり、初期の情報収集は大切ですね。RPGの基本であると再認識。(RPGじゃないって! …たぶん
    そして露骨に怪しい謎の会話がw やっぱ何かあるんだぁ!

    それにしても…、この商店街って一度入ったらそう簡単には抜け出せない閉鎖空kn…、あ、いや…、まぁその…。
    でもハ○ヒの機嫌によって、神人とか出てきて暴れたら…と思うとガクガク(((( ;゜Д゜))))ブルブル
    古泉君友情出演で助けに来てくれるかな?(って話違w

    2009/02/20 05:41:16 From  nai☆

もっとみる(6)

もっと見る

▲TOP