Ten.さん

おためしのつもりで買った体験版ミクに情が移りまくり、製品版な彼女をお迎えしようか連日悩んでいます。

青のからだ 薄紅色の薔薇 > ツイート

青のからだ 薄紅色の薔薇

彼のからだは深い青を纏う

青色の髪に青色の眼 真白い肌にうつる水底

彼の中にはひとつぶの種が宿る

真紅の色を抜かれ 青に染めるため造られた種

彼から芽吹いた小さな薔薇が嘆く

「私の色を返して」 薔薇が望むのは真紅の色




青色の彼は言いました

「それなら僕の紅色(いろ)を分けてあげましょう」

嘆く薔薇は問いました

「あなたのからだには青色しかないのに?」

彼は微笑って答えます

「大丈夫、だってこのからだには――」 




彼のからだから一輪の花が咲く

薄紅色のやわらかな薔薇 青色の中ににじむ紅色

胸に薔薇を抱き彼は微笑う

ごめんなさい僕のからだでは 真紅には足りなかったけれど




(けれど、それでも僕の中には確かに――)




「青い薔薇を咲かすのではなかったのか」

「確かに青色だけで構成されているはずなのに」

「失敗作」

「できそこない」

「こんなもの」



「こわしてしまえ」




人の手で作られた作り物の人 

奇跡の青い薔薇を 咲かすためだけのからだ

用を成さぬからだは壊されて

細いからだから 毟り取られる薄紅色の薔薇

毟り取られた細い薔薇の根が

広がっていたのは はりめぐらされた紅色の管

青色の彼が隠し持っていた真紅の色




(確かに――人の、紅色(あかし)が)


人植物別方向アプローチ……の、つもり。絵でチャレンジするんじゃなかったのか私。
文章でもへっぽこには変わりないんだぞ私。


人植物が、植物でつくられた人間、ではなく、植物をつくるためにつくられた人間(ややこしい…)だったらどうだろう、という妄想。
それも、今現在未だに不可能な、青色の薔薇を咲かすための装置として。
多分人としての機能はほとんど失われて、培養液とか生命維持装置の類がないとかたち保っていられないくらい弄繰り回されてるんじゃないかなぁ。
植物生やすための土台と水と栄養素を造る器官と、美しく花を咲かせるための歌声。
自分から生えた植物と同調し、管理することのできるできる思考。
そして、花とともに愛でる為の、美しい人のかたちのからだ。
そのかたちを維持するために唯一残された、人としての証。血の真紅。


…いやでも普通に考えたら青色の薔薇作るより植物生やす人間作るほうが絶対手間かかりますよね…。
しかも青色だけで構成されてるなら血も青色になるんじゃないだろうかファンタジーだとしても普通に考えたらさぁ…!
ほんとに色々無理が あ り す ぎ る ! orz


テンポ悪いわ台詞入ってるわで歌詞としても全く使い道なさそうです。
シリーズ生みの親の月條さんには土下座しかできません…。
ていうかこれ人植物ですらないような。


追記。
調べてみたら青い薔薇は遺伝子レベルでの開発が既に成功していて、市場に出回る日もそう遠くないようです。(写真見たら青というより紫でしたが)
近い将来、近所の花屋さんに兄さん色の薔薇が並ぶかも知れないと思うとwktkが止まりませんネ!←

投稿日時 : 2008/06/18 23:31     投稿者 : Ten.

ツイートはありません。

▲TOP