誰が為の歌(Lushiaさまに捧ぐ) > ツイート

誰が為の歌(Lushiaさまに捧ぐ)

薄雲射[さ]した 明けの陽と
清[さや]か遠のく 衣擦れの音
遣[や]る眼差しの 傍らに
歌交わすひとの 温もりもなく

転がり朽ちる枇杷[びわ]を
屠[ほふ]る鳥の嘴[くちばし]
啄[ついば]む果肉が この身と等しく 抉られる

摺[す]り合わす切なさと いとしさの
かすかな捻れを 指で撫で
重ならぬ端を ただ憂い
歌い捧ぐ 誰[た]が為のうた



凪[な]ぐ風の薫り 節の折
移ろいゆくのを 羨みながら
撫でる後朝[きぬぎぬ] 徒[いたずら]に
嗤[わら]うかのように 滑り落つ

憐れ詰られた花
失せる色のはかなさ
また巡る故の 時と同じと 知る筈が

撚[よ]り合わす寂しさと くるしさの
僅かな歪みに 瞼伏せ
馴染まぬ末[すえ]を ただ嘆き
歌い紡ぐ 誰が為のうた

********************

うすぐもさした あけのひと
さやかとおのく きぬずれのおと
やるまなざしの かたわらに
うたかわすひとの ぬくもりもなく

ころがりくちるびわを
ほふるとりのくちばし
ついばむかにくが このみとひとしく えぐられる

すりあわすせつなさと いとしさの
かすなかねじれを ゆびでなで
かさならぬはじを ただうれい
うたいささぐ たがためのうた



なぐかぜのかおり せつおのり
うつろいゆくのを うらやみながら
なでるきぬぎぬ いたずらに
わらうかのように すべりおつ

あわれなじられたはな
うせるいろのはかなさ
まためぐるゆえの ときとおなじと しるはずが

よりあわすさみしさと くるしさの
わずかなゆがみに まぶたふせ
なじまぬすえを ただなげき
うたいつむぐ たがためのうた

*追記*
がっつり書き直しました。m(_ _;)m



るしあさんの素敵和風兄さん絵をニヨニヨ眺めながら、2年ぐらい前に書いたモノを、修正。
もう少し長く書いても良いのかなぁ。
加筆修正は後からでも出来るので、とりあえずうp。


※一部修正。(3/7)
似非知識ですみません、柘榴は仲秋の季語だった……。orz ので枇杷に変更。
一応、時代背景は平安とかそのへんで季節は夏→秋頃をイメェジしております。

投稿日時 : 2011/08/27 10:40     投稿者 : yuyun

▲TOP