空都さん

初めまして。フリーダムな発想を持ってたらいいのになぁと思う、もうマッサージ機が恋人の10代です。

投稿作品

Classic
Modern
  • 春の日差しと、春の風と 閲覧数:64
    2009/04/02
    10:25

    日差しが少し強い。春なのに眩しいとはどういう事なんだろう。マスターのいっていた“異常気象”とかいうものだろうか。
    日差しが強い割りには風も吹いている。これに冷たさがあれば良いのだけれど、どちらかというと冷たくはない。
    青いマフラーがふわりと風に乗ってなびく。何故だろうか。そんな自分のものに目がいって片手にアイスがあるのを忘れていた。

  • 故障部分有り2 閲覧数:56
    2009/04/01
    20:05

    「誰?」
    カプセルの横から私より小さい影が覗いた。14歳程だろうか。私より幼い。
    「貴方も探検してるの?」

  • 故障部分有り1 閲覧数:63
    2009/04/01
    19:57

    「…これ以上高い声は出ないです~」
    白衣の人が口に手を当てて少しばかし驚いていた。あら、大変。その人はそう言って何処かへ走って行ってしまった。
    特に困りはしない。女性ボーカロイドといえど高くなくてはならない訳でもないし。

  • アヤネ 閲覧数:40
    2009/04/01
    11:24

    起動しました。
    怪しい所はありますか?
    白衣の女性が問掛けたのは私が持った一つの本能。小さな少女は口角吊り上げ似合わぬ口調で喋り出す。

  • 起動 閲覧数:35
    2009/03/31
    20:37

    怪音アヤ
    コードが外れる。
    はり巡されていた沢山のコードが一気に。

▲TOP