mak.kanz@waさん

●クレジット表記については、全文字 半 角 の 「mak.kanz@wa」 でお願いします●

投稿作品

Classic
Modern
  • Don't Trust Me 閲覧数:48
    2019/01/25
    23:47

     胸が苦しいよ だから俺に頼らないで
     ほんのちょっとだけ 息抜きさせてくれ
    くたびれた身体 ひとり分のベッドに投げ出し

  • Words And Hearts -君がうたう僕の詞- 閲覧数:44
    2017/12/26
    01:11

    あの日僕の 耳に触れた 透明な響き
    それは誰も まだ知らない 君の声だった
    今や君は 誰もが知る 歌姫になって

  • 閲覧数:417
    2017/02/04
    23:23

    老人の願い乗せ 飛ぶ鳥を
    少年の銃弾が 撃ち抜いて
    青空 真っ赤な羽が隠した

  • キスすればよかったな (Extended Edition) 閲覧数:225
    2016/10/15
    00:56

    寄り添うだけで 高鳴るこころ
    この永遠(とき)が続けばいい そう願ってた
    でも伝えたら 終わる気がして

  • Tokyo Tumbleweed 閲覧数:422
    2016/02/03
    00:36

    眠りを知らない スクランブル交差点
    四方八方から 寄せては返す人の波
    逆らうこともできなくて 押されては

  • (タイトル未定) 閲覧数:238
    2016/10/15
    01:21

    町のはずれ 凪いだ海を見下ろす丘の上で
    静かに佇んでいる 電話ボックス
    風に吹かれ音を立てる 扉をそっと開けて

  • 雨の日には傘を忘れて 閲覧数:120
    2015/06/07
    16:35

     It's a Rainy day
     But it's just a brighter day than yesterday
    静かに降り出す 雨粒の中

  • 【コラボ枠投稿作】 つきにおもいを 閲覧数:92
    2014/09/10
    01:59

    十五夜の月 庭先に落ち 僕の膝を静かに染める
    鈴虫の声 遠くで響く 惑う僕を導くように
    あの時からなぜか 満月の日はいつも晴れで

  • Get Out!! 閲覧数:118
    2014/08/25
    00:55

    よどんだ部屋の 片隅でひとり
    殻にこもって 本を読みあさる
    萎えてゆく足腰 動き止めた脳細胞(アタマ)

  • 【コラボ枠投稿作】 帰郷 閲覧数:76
    2014/09/10
    01:51

    10年ぶりの 故郷(ふるさと)の土
    懐かしく響く 人の声
    にぎわいの音 澄み渡る風

  • しずく 閲覧数:171
    2014/07/12
    00:12

    今日も 歩道に花が
    咲いては また流れてく
    昨日より低い空

  • I (Don't) Wanna Die 閲覧数:287
    2014/08/25
    01:08

    頬杖で 見上げる遠くの空
    雨雲が こころを覆い尽くす
    教科書は ひとが生まれることの

  • 君だけの歌をください 閲覧数:72
    2014/04/22
    23:40

     誰かのためじゃなくてもいい
     君だけの歌をください
    誰かの汗を 嘲笑(わら)うだけのひとが

  • Edit Me 閲覧数:128
    2014/01/09
    23:27

    Feelin' you all night
    Ah, Please show me your heart
    Fall into this night (I go insane...)

  • Another Dimension -どこにいても- 閲覧数:276
    2014/01/04
    11:41

    のぼる月が照らす影に 導かれて歩いた
    立ち止まれば 聴こえるのは 咽ぶような波音
    喪失感(かなしみ)は あらわれることもないまま募って

  • Lost Teenage Appearance -僕は十代の代弁者なんて知らない- 閲覧数:210
    2013/04/25
    23:10

     僕は 彼の真実(こと)など知りはしない
     僕は 彼のように生きてみたい
    手のひらで転がせる そんな世界眺めては

  • 【コラボ枠投稿作】 Bloody Starry Crimson 閲覧数:117
    2013/04/20
    00:08

    スイートルーム 灯り消せば
    左目の片隅 観覧車がまわる
    汗をかいたグラスにそっと

  • Only by a Kiss? 閲覧数:388
    2013/05/02
    23:50

    ずっと望んでたはずの 果実を目の前にして
    高鳴りより 戸惑いを止められないのは なぜ
    こうなるのは最初から 決まっていたのよ きっと

  • 【コラボ枠投稿作】 A Sterile World 閲覧数:79
    2013/02/28
    17:01

    扉の向こう側の 煽情的芸術(センセーショナル・アート)
    見なければいい ただそれだけなのに
    自分がイヤなものは 誰もがイヤなはずと

  • Breeze Blows -風よ世界を渡れ- 閲覧数:215
    2013/04/15
    22:36

    知らないくせに知ってるふりで 偉そうに見せかけて
    世の中はそんなもの 今日も誰かが言うけれど
    ムダに時間を重ねた先に あるのが諦めなら

  • Folhas Secas 閲覧数:371
    2012/10/07
    23:47

    いくつの夜を 越えてもまだ
    変わらない日々を 今日もうたう
    振りまく笑顔の裏側に

  • 千年愛 閲覧数:158
    2012/10/06
    02:37

    壊れそうなほど 近くにあったもの
    気づくこともないまま ひとりきりになって
    何も口に出さなくても きっと伝わるはずと

  • 移り気レボリューション 閲覧数:499
    2014/08/25
    01:11

    そぼ降る雨の街角に 三々五々の人の群れ
    今週もまた 歩道を埋めてゆく
    「いのちを守れ」口々に 叫ぶヤツらのその目には

  • Minerva's Owl (ver.2012) 閲覧数:214
    2012/06/18
    23:29

     夜と朝のすき間を ためらわずまっすぐに
     白い羽を広げて ミネルバの使いは飛ぶよ
    Complication 世の中ってもっと シンプルと思ってた

  • 弦月 閲覧数:159
    2012/05/29
    23:52

    欠けた夜空の隅から 静かに
    月がのぼるよ 半分だけの月が
    ひとりぼっちの あなたとわたしが

  • ひらり ひらり 閲覧数:305
    2013/06/16
    23:32

     ひらり ひらり 羽は揺れる 誰かの想いのせ
     きみと僕の左胸を 静かに彩って
    何も変わらないように 呼吸するこの町にも

  • Carneades 閲覧数:250
    2012/05/26
    03:59

    北極星の場所さえも確かめず
    コンパスひとつも持たずに漕ぎ出して
    嵐の中に放り出されたように

  • 夜ノ森 閲覧数:501
    2014/03/24
    23:45

    知らない街の隅で ふと見上げた青い空
    もし雲に乗れたなら あの町へ帰れるかな
    ああ 遠く離れて 時間が過ぎるほど

  • 瓦礫の海 閲覧数:755
    2012/03/05
    20:21

    何もかも消え失せた町と 空っぽのわたしに雪が降る
    あの日を忘れたかのように 凪いだままの海
    堆く積もった絶望 その中に希望を探すのは

  • 雨粒 閲覧数:229
    2012/02/04
    01:46

    僕らを濡らす 雨粒は
    心もようの 幻燈(スライド)
    ひとつひとつが 映し出す

  • Leave Me Alone, Love You Alone 閲覧数:342
    2012/01/16
    09:43

    愛してる君を 世界でいちばん
    あなたは今夜も 得意げにささやく
    例えればそれは 今まで何度も

  • walk -ボクラノミライ- 閲覧数:158
    2011/12/04
    03:56

    I don't know where I will go
    I can't see where you will go
    Nowhere is my promised place

  • 葬列予報 -生きている僕たちを屠るモノに告ぐ- 閲覧数:243
    2011/11/09
    20:34

    そう 僕たちも いつかは死ぬだろう
    だけどそれは 50年 100年先の話
    ああ それなのに まだ生きてるうちに

  • 鈍色の雨 -ツナガレミライ- 閲覧数:346
    2011/10/11
    12:50

    きょう そしてあした そう 変わらぬ日々
    その隙間めがけ 刺すようなことばを
    投げつけるひとの目は 僕を見ていない

  • I Hate Sunday!! 閲覧数:265
    2011/10/04
    02:55

    (La la la la, La la la la,
     La la la la, -I hate Sunday!!)
    久しぶり ふたりきりで はしゃげる日曜(きょう)だから

▲TOP