投稿作品

Classic
Modern
  • 欲に殺された歌姫、奇跡を残して 完結 閲覧数:179
    2010/10/07
    14:04

    『ミク……』
    『カイトお兄ちゃん、一緒に歌って? ワタシの想いを、マスターに、ルカちゃんに、届けるのを手伝ってほしいの』
    ――最期の願い。

  • 欲に殺された歌姫、奇跡を残して 4 閲覧数:134
    2010/10/06
    16:49

    「……マスターが望むなら、それが、俺達ボーカロイドの生きる理由だから」
    回想から戻ったカイトの返答に、ルカはあからさまに軽蔑の眼差しを投げつけた。
    綺麗な顔は憎しみで歪み、紫がかった長髪は風もないのに靡いている。

  • 欲に殺された歌姫、奇跡を残して 3 閲覧数:143
    2010/10/05
    15:07

    「どうって……」
    「マスターの言いなりになるつもりなの? あんな冷酷な男のために、自分がちやほやされたいがためにミクを殺した男が作った歌を、あなたは歌い続けるつもりなの?」
    存在理由を捨てたルカの厳しい問い掛けに、カイトは何も言えなくなってしまう。

  • 欲に殺された歌姫、奇跡を残して 2 閲覧数:152
    2010/10/04
    10:28

    『ルカちゃんの声は綺麗だね。おとなっぽくて、透き通ってて』
    『声なんて皆一緒じゃない。別の私だって調教次第でこれぐらい歌えるわ』
    『ううん。ワタシは今ここにいるルカちゃんの声が一番好き。何か優しいふわりとした感じがして、胸が温かくなるの』

  • 欲に殺された歌姫、奇跡を残して 1(死ネタ) 閲覧数:261
    2010/10/03
    21:38

    防音設備はそれなりに整った小さな一室。
    部屋の中は作曲の邪魔にならない簡素な作りで、家具といえばパソコンが乗っている机と椅子ぐらいしか無い。
    「――マスターが、ミクを殺したのよ」

  • ある村に遺された物語 閲覧数:40
    2010/04/20
    16:05

    月に照らされ 広がる湖
    波紋の中で 私は唄うの
    寒空を抱いた 孤独な場所で

▲TOP