投稿作品

Classic
Modern
  • ほんとうの桜 閲覧数:78
    2013/04/11
    04:10

    ねえ 
    君も思うでしょう 桜色ってさ
    青空の中にある 桜を見てなんかないね

  • 桜に泣いた鬼の色は 閲覧数:205
    2013/04/10
    17:57

    それなら私、鬼になります
    散る点々は花か否か
    狂ったように散る夜の

  • お星さまの愛のうた 閲覧数:554
    2013/03/10
    00:16

    透き通った紺の空に
    ちりばめられた真珠のかけら
    ぐらり傾いて落ちてくる 

  • まっててスピカ 閲覧数:98
    2012/04/15
    16:47

    おとめ座の一等星になりたくて 
    アルクトゥルスを右折する
    大きな夢を捨てられないまま 

  • 涙のランプ 閲覧数:116
    2011/05/08
    23:15

    君がのこした百八の
    感情をかき集めて
    もう隣にいないなんて

  • 青い小鳥のたからもの 閲覧数:113
    2010/12/29
    05:43

    青い小鳥がさえずるように
    「すき」って言ってしまえれば
    わたしの小さなどきどきが

  • 閲覧数:38
    2010/09/29
    00:41

     
    あなたの綺麗な字
    その字で「好き」と書いてほしい

  • トラペジウム 閲覧数:80
    2010/12/25
    23:28

    失敗ばかりの人生って
    君は顔を歪めるけど
    この左手の温もりも

  • はなうた - flower of good-bye 閲覧数:77
    2010/04/27
    02:09

    小さな坂道挟んで 手を振り合ったね
    今までありがと さよならって
    「僕らが歩くこれからは 違う道だけれど

  • いじっぱり少年の紙飛行機 閲覧数:83
    2010/03/11
    21:40

    ぼくは紙飛行機 大空を飛びまわる
    風を切って 海をこえて
    両手を広げたら バランスを崩さずに

  • 九十九個の星屑 閲覧数:102
    2009/09/19
    18:47


    ほら 空を見上げてごらん
    希望の光が揺れている

  • タルトタタン 閲覧数:50
    2009/09/12
    00:41

    置いてかないで まだいけないの
    ひとりで置き去り タルトタタン
    置いてかないで みんなも時間も

  • さよなら初恋だった君 閲覧数:45
    2009/09/04
    23:05

    帰り道 手をつないでた
    あの日の夕日 覚えてる
    秋あかね ふたりを急かした

  • 恋してる始発 閲覧数:37
    2009/09/04
    23:01

    ららら 恋してる始発
    君までの 一時間 
    ゆっくりと 各駅停車で 参ります

  • 空を飛ぶ深海魚 閲覧数:106
    2009/08/11
    11:47

    あのね もっと深く
    入道雲を 掻き分けて
    深く深く 潜っていくんだ

  • 夏一枚 閲覧数:223
    2009/07/13
    19:38

    「暑い日が続きますね」 朝顔柄の暑中お見舞い
    浮かぶ君の言葉 あの夏を思い出す
    風鈴がさえずる朝 麦わら帽子 虫かごも 

  • 泡沫の夏、消失 閲覧数:186
    2009/07/01
    15:49

    青嵐(せいらん)が星屑 散らす夏 追いかけていく
    露草の青い息が頬 切って走ってく
    朧雲に溶けた 彼岸花もう届かない

  • 午前二時の土砂降り 閲覧数:66
    2010/12/25
    23:32

    土砂降りの午前二時 
    蒸し暑くて 眠れない
    見上げた空は 暗い灰色

  • 十八の嘘 閲覧数:308
    2009/04/25
    22:58

    空は泣いてた 嘘つき二人
    雲の切れ間に 押し潰されそうな僕が一人
    掻き混ぜられた夢の途中で

  • 文と撫子 閲覧数:98
    2009/02/24
    23:31

    ほおずきの提灯 小路に月草
    楓は風誘う 紅葉は水屑に
    長月九日 菊の香を仰ぐ

  • chanter(シャンテ) 閲覧数:92
    2010/12/25
    23:36

    ひとつ その小さな罪が
    タランテラを歌うカナリアのように
    ふたつ 重なった鼓動の

  • 東京発、青空行き 閲覧数:639
    2009/02/16
    18:14

    昨日図書館で借りた革表紙の
    分厚い本を返した帰り道
    ずっと憧れていたあの雲が

  • 星空探訪 閲覧数:118
    2010/12/25
    23:39

    右手と左手いっぱい使っても
    10本じゃ解き明かせない方程式
    単語カードに書き散らしても

  • バイバイ・ブルー 閲覧数:169
    2009/01/14
    22:53

    ゆれた雫を零さぬように
    小さなバケツを右手に持って
    濡れた瞳を隠せるように

  • 六度目の季節 閲覧数:74
    2008/12/29
    20:39

    ふわりふわ ひとひらの粉雪
    灰色の空で踊る雪
    ふわりふわ 北風の冷たさが

  • メリーメリー 閲覧数:42
    2008/12/17
    23:52

    うさぎの背中に乗っかって ブイブイいわせる彼女の名前
    彼女の名前はMerry Merry みんなだいすき Merry Merry
    チェックのスカートなびかせて 土のにおいのする風と

  • スターライト 閲覧数:157
    2008/11/30
    19:19

    小さな星にも夢はある
    ほんとは暗い夜の空
    まちのひかりにかくされて

  • * twinkle princess 閲覧数:209
    2008/07/23
    17:12

    keep to open your eyes and should see me very carefully I weeping
    tears down my cheek and It's shining beautiful because look like jewels
    deep night coverd with gross darkness so my tears make starry sky

  • ヌクモリ 閲覧数:324
    2008/05/11
    15:34

    別に悪いことしている訳じゃないけれど
    なぜだろう 私の胸が高鳴るの
    別に恋をしている訳じゃないけれど

  • 彩音 -sign- 閲覧数:165
    2008/04/16
    19:48

    目を閉じて 言を結んで
    きみに届けばいいな ちいさなわたしの合図
    最初は恥ずかしくて うつむいた 

  • One rainy day 閲覧数:66
    2008/04/03
    21:19

    てるてる坊主つつき 濡れた窓を開く
    雨の匂いが鼻くすぐって
    君を探しに行こう 右手傘を持って

  • マイスタイル ディープディープナイト 閲覧数:92
    2010/01/23
    18:43

    響く足音の数を 指折り数えながら
    ちいさな声であの日の歌を口ずさむ
    深い深い夜 空の50個の星が

  • 唯の花 閲覧数:370
    2008/02/16
    14:53

    たとえば何時か世界が終わり
    白い砂になって 地球(ほし)から零れ落ちても
    他のどんな花がかれ(枯れ/離れ)てしまっても

  • 春花 -はるか- 閲覧数:195
    2008/02/12
    18:39

    溶けそうな風は野苺の匂い
    ひらり ふわり 舞って 待って 桜の花
    菜の花模様のバルーンスカート揺らして

  • Mourning 閲覧数:77
    2008/02/12
    00:42

    指の隙間からは何も零れてこない
    風に揺れる前髪の奥の
    ひかりがてらすもの

▲TOP