Apple Kadenzさん

自分の中の、どこにもやり場のない苦しみや悲しみ、怒りを音楽にするとき、本当の自分の音楽って呼べるものができる気がするので、そーいう聞き苦しい音楽を追求していきます。よろしゅう。

投稿作品

Classic
Modern
▲TOP