tamanさん

ようこその御運び、誠に有難う御座います Welcome to 僻地!!!

投稿作品

Classic
Modern
  • 【墨染メ袖】 閲覧数:164
    2010/04/03
    04:40

    -塹壕も封じられ…君は四方から槍銃で突かれ息絶えた。
      其の身体に刺さる槍が、まるで桜の枝振りの様(やう)だった…と-
    勇(いさお)の証に包まれて 粗末な壷に収まり余る

  • 【ミルクパンサー】 閲覧数:83
    2010/04/03
    02:33

    ぶりぶりレトロの幽(かそけ)き世界 星屑みたいに蹴り飛ばせ
    オートマチックに走り出す第二の口は指先とピック
    パンチラ防止のスパッツもろ見え All Right!

  • 【山の神が自らを謡った唄】 ヤイェユーカル ヌプリコロ カムイ 閲覧数:143
    2010/04/03
    02:30

    ウカォヌプリ ロクヘ セ イノッウオクカネクッ ウカオ アットゥシアミプコカリ
    アンノシキ ロッイノミ
    イノッへマンタ ヤ ウトゥルキサラ アペアリラマチ

  • 【高砂・夢幻焔】 閲覧数:126
    2010/04/03
    02:27

    祝い謡 唸り 足袋で踏みしめ砂利きしみ 
             上等茶葉 振りまいて松風芳し
    熊手を天に掲げ否や 雷鳴轟き老体打ち抜く

  • バーレスクポリフォニー 閲覧数:67
    2010/04/03
    02:25

    甘い夢を見てたって 叶わなきゃタダの焦げた砂糖の塊よ
    私のように自由な眼で世界と自分を傷つけてみて?
    ほら、白い砂漠も黒い砂漠も愛想が無くて素敵だわ

  • 【初恋ポリトママン】 閲覧数:109
    2009/08/30
    22:42

    宗教画(イコン)の乙女に恋をした
     彼女と共に描かれた苗木の緑の正体は
    猥雑な砂漠に運ばれた世界樹トネリコ其の姿

  • 【煙草傘】 閲覧数:139
    2009/06/19
    23:22

    貴方に会えない雨の日に
         寄せる想いを切って組む
    会う度いつも渡してくれる、朱色鮮やか紙の箱

  • -オシリスのコルシトとパラシスト-【ペレト エム ヘルゥ】 閲覧数:260
    2009/06/16
    18:38

    後に伝わる神の一 ウシュイルと呼ばれる其の人は
    長兄らしく暢気で鷹揚 民から神から慕われ創世
    生死の境なき世界 民や神は 彼を愛し敬った

  • 北欧神謡《神の秘文字咆哮ガルドゥルバインド》 閲覧数:303
    2009/08/30
    01:14

    1
    見ばの悪い死に方をした後に伝説となった北神達は
    赤い地を拒み 詩の蜜酒(ミード)を啜った語る獣の文字を読み 

  • KAITO【冬の国の氷王子】 閲覧数:141
    2009/05/24
    14:13

    1
    黒影森の真ん中に 雪降り頻る国がある
    太古から続く冬の国 王子は優しく綺麗な 青の君

  • 【アタラ・ロカ】 閲覧数:187
    2009/05/23
    05:29

    破邪と不壊の礎に 那由他の即滅 吽欠莎歌
    昂揚を写す総譜(スコア
    畏み畏み 敷衍の漆黒 我シミュラクラ 

  • 嘉利吉☆Zip!! 閲覧数:187
    2009/05/22
    02:02

    ちむどんどん! まちかんてぃーたウマチーさぁ
    うちなーたいむも今日だけ正確 かりーさびら!
    おばぁの「かめかめー」がちまやーでも無理やっさ

  • VOL DE NUIT(ヴォル・ド・ニュイ) 閲覧数:198
    2009/08/31
    05:31

    夜空に光る星の声 無限に広がる雲の海
    静寂の闇 喉を突き刺す大気の矢
    操縦桿を握る手の感覚は痺れて無感 

  • 【沖縄】南風(ぱいかじ)ラヴソング【KAITO】 閲覧数:280
    2009/05/19
    17:43

    Tシャツ貼りつく太陽の下 鳳凰木の陰に腰掛け
    腹に染み込む島歌を歌うよ 南風に乗せて
    波音響き 暮れ行く海辺は潮と太陽の匂い

  • 眠りの廻廊ナウムズィクル 閲覧数:480
    2009/08/30
    01:00

    TA=【心理】 ROT=【道】 是即ち「真理の道引き」
     (タ)    (ロット)            (導き)
    知神トートの秒針を討ち止めよ ヘルメス・トリスメギストス

  • 異世界不可思議▽青年アルス  閲覧数:183
    2009/08/29
    07:44

    シルクハットに乗馬鞭 今宵の余興は兎狩り
    出口が欲しけりゃ泣き喚け
    曲馬のリリック 壱つの曲に弐つの詩 壱つは贄 スケイプゴォト

  • 創國唄(くにつくりうた) 閲覧数:218
    2009/05/06
    02:28

    千早や振る神代の始め 天津神らの國創り
    天の下 射干玉の空より降りしく星々
    オモタル・カシコネの意志を継ぐ

  • レミングスの仔 閲覧数:128
    2009/05/04
    01:07

    未曾有の恐怖が降り立ち蠢く 太陽はチアノーゼ 
    幾刻限 歴訪す【世界の死】を受け入れられず
    藻掻いて

  • 【野郎用】・-gun Dogs-(ガンドグス) 閲覧数:149
    2009/05/07
    22:23

    聖堂に磔られた大時計 新しい一日を告げ切なく鳴り響く
    街の瓦斯灯が全て消えた静寂の闇 木霊す靴音が狩りの合図
    長い足を発条(はつじょう)に弾丸と見紛うばかりに飛び出す 陰3っつ

  • 金の針と銀の針 閲覧数:156
    2009/05/01
    23:33

    白亜の古より続く 空と地の回帰劇場
    霧かかり霞がかる大地へ
    暁の女神が微笑めば夜空を飲み込むアウロライ(*オーロラ 

  • 【KAITO】大海に広がり響け 蒼い光と八点鐘(はってんしょう) 閲覧数:316
    2009/05/07
    22:26

    沖から広がる黒い霧 世界を包み纏わり絡む
    穴の空いた襤褸帆布 まるで微睡み虚ろ髑髏の目
    目を凝らせば遙かなる沖に浮かび上がるあの光

  • 賽ノ河原ノ地蔵和讚 閲覧数:334
    2008/12/11
    03:29

     帰命頂礼世の中の 定め難きは無常也
    -きみょうちょうらいよのなかの さだめがたきはむじょうなり-
     

  • -シカムイ ウン モシリ -(神が住む大地 閲覧数:312
    2008/10/14
    23:59

           -シオイナ ノミ シンリッコラチ-
            (聖なる祖先達の様に祈る)
    伝説の地の遙か上 氷の匂いの風に乗り 万物に宿る神の眼へ 光の歌を供えたい

  • 【鏡音リン】-向かズ鳥居の五色狐-  閲覧数:390
    2008/08/29
    22:17

    宝珠を抱えた白(しろ)狐
    炎を纏う朱(あか)狐
    土へと還る黒(くろ)狐

  • 【初音ミク】 *深海カルセル*  閲覧数:1,823
    2008/11/10
    15:30

    物心つく前からずっと私の側に居てくれる…貴方はだぁれ?
    青い鬣(たてがみ)支柱に繋がれた4本足 深いブルーの優しい瞳
    貴方の周りで魚の尾をくねらせて舞う様に、細かい泡を纏わせる

  • バルド  KAITO or 鏡音レン 閲覧数:634
    2008/08/06
    01:53

    もう目覚める事は無いと思っていた
    突然起動を命じるサイレンが脳裏に響き渡る
    目蓋を開くと此処(ココ)は知らない世界

  • 龍神の諱(イミナ) KAITO用歌詞 閲覧数:754
    2008/08/03
    14:52

    老柳を掻き分け踏み入りし洞穴の奥底に漆黒の祭壇
    青白い月の光で浮き上がるは憂愁
    恐ろしくも美しい刺繍の龍神タペストリー

▲TOP