雛櫻さん

言葉による想いを綴って、言葉で繋がりたい。

投稿作品

Classic
Modern
  • Wish 閲覧数:59
    2020/05/10
    07:58

    いつからか 光が薄らいだその瞳(め)で
    何を映しているのか わからない
    幾つもの 光を見てきたはずの瞳(め)で

  • 凛(Music by BG) 閲覧数:99
    2020/01/19
    09:07

    淡い想いが 夢に照らされて
    閉ざされた心(むね)の中で 新しい扉へ 導く
    薫る季節が 呼吸(いき)を弾ませて

  • 星が聴こえる 閲覧数:157
    2019/07/19
    00:13

    零れ出す 幽かな声と
    手を繋ぐ 星達の彩(いろ)
    輝きが 谺していく

  • why not? 閲覧数:113
    2019/06/14
    18:17

    壊れた夢は いつまでも 胸に突き刺さったまま
    撃たれた雨に いつまでも 閉じ込められたまま
    すれ違っていく昨日と今日が 新しい時間をつくり

  • FallouT 閲覧数:55
    2019/06/01
    20:07

    それは突然に だけど必然に
    訪れたその瞬間(とき)は ただの悪夢
    それは炳然(へいぜん)で そして紛然で

  • fairy tale—人形— 閲覧数:87
    2019/05/05
    03:05

    呼吸(いき)を殺す 臭いに手を引かれ
    目覚めたのは 仄かな灯りの下
    憶えている 離れて行く後姿(あなた)

  • ずっと 閲覧数:122
    2019/02/22
    20:01

    凩が連れてきた あの寂しさも
    白い吐息(いき)に 呑み込まれて
    繋いだ手と手の中 生まれた熱が

  • EVOKE 閲覧数:115
    2019/01/11
    19:59

    言葉にならない声で 叫び続けた キミの名を
    錆び付いたナイフで抉り出した疵が
    痛みを連れて 膿んでいく

  • 閲覧数:108
    2018/09/02
    10:45

    波に置いていかれた 貝殻のように
    あなたへの想いは あの日のまま
    濡れた風に吹かれて 振り返るけれど

  • unrequited love 閲覧数:124
    2018/07/12
    06:46

    曇る窓をなぞる指が 描き出す名前
    抑え切れない想いを 湧かせて
    鍵を掛けた心(むね)の扉 抉じ開けていく

  • CHAIN 閲覧数:252
    2018/07/07
    23:33

    見えやしない星を数えるフリをして 眠気を誤魔化す夜
    瞼に滲んだあなたを見る度に 高鳴る鼓動
    消えやしない過去(とき)を諫めるフリをして 甚げを誤魔化す日々

  • raison d'etre 閲覧数:181
    2018/06/20
    16:12

    「生きているだけで幸せ」だなんて言えるほど 強くない
    薄っぺらな光でも そこに縋って 伸ばし続けてる手を
    誰かの為に 泣いて 笑って 怒って 愛して

  • a lost 閲覧数:71
    2018/05/28
    22:49

    過ぎ去っていく季節 通り過ぎる景色
    視界の中に留まる物は 何一つ無い
    朝を告げる太陽 繰り返す日常

  • 葬春華 閲覧数:69
    2018/05/26
    11:26

    四月の香に 躰を包まれて
    想い帰す 遠い日の淡い約束
    騒ぎ出した 大地の奏でる 狂想曲

  • Cry 閲覧数:149
    2018/04/20
    21:48

    きっと初めて目にしたのは あなたの眼差し
    朧げなこの視界を導いた 確かな眩しさ
    与えられたのはたった一つ 背負っていたのは定め

  • 深海 閲覧数:103
    2018/03/11
    12:18

    Here...
    There is no pleasure.There is no fun.
    There is no peace.There is no hope.

  • 閲覧数:76
    2018/03/03
    12:31

    想いは風に浚われて
    白綿と手を繋ぎ 宙を泳いでいく
    堪える涙は報われず 巡る別れの時

  • 六花 閲覧数:111
    2018/02/28
    21:06

    季節は 吐息を白く染め
    音の無い街に響く
    凛と鳴く 確かな冬の歌声

  • 月に叢雲、花に風 閲覧数:291
    2018/02/26
    09:16

    嗚呼……面隠し 群がる雲に怯える 哀しき月よ
    嗚呼……綻びた 其の想いは何処へと 消ゆる
    水面が捕らえし 仄かな景色

  • 念い―オモイ―(music by ryota01) 閲覧数:301
    2018/02/16
    15:59

    どれだけ深く願えば この念いは叶うのか
    幾重に及ぶ思い出 この掌(て)に遺る温もり
    時間という砂に埋もれた 実像

  • insomnia 閲覧数:197
    2018/01/03
    22:20

    「眠れないから、傍に居て」 そう呟いた
    艶やかな唇(くち)が零す呼吸(いき)が 寝息へと 変わる
    明日を想う度 焦がれる胸

  • White 閲覧数:150
    2017/12/01
    07:34

    何処までも 響き渡るような
    余韻を掻き消す 透き通る静けさ
    華やかな宴が 銀幕と伴に閉じた

  • meet again 閲覧数:92
    2017/11/06
    22:41

    何一つ変わらないまま
    今も一人きりで 歩いてる
    すれ違う後姿に

  • Erode 閲覧数:81
    2017/10/31
    18:02

    窓の中 絶え間なく行き交う 住人
    窓の外 絶え間なく求める 住人
    出逢ってしまった彼等が 創り出した 秩序(セカイ)

  • 秋舞曲―ワルツ― 閲覧数:93
    2017/10/02
    00:05

    幼い頃 憧れ抱いた
    茜色の物語
    胸に綴じた 木の葉の栞が

  • fairy tale―希望― 閲覧数:69
    2017/09/03
    19:46

    乾いた瞳が 痛みを伝える
    照り付ける陽射し 宙(そら)で揺れ
    現実を 規制していく

  • Anemone 閲覧数:104
    2017/08/17
    19:40

    今はあまりに刹那く 見えない恐怖に立ち竦む
    明けない夜はないと 信じた希望を 抱き締めて
    〝何ヲ想イ 誰ヲ想イ 咲イテイクノカ〟

  • fairy tale―存在― 閲覧数:193
    2017/07/21
    21:10

    時代(とき)は栄え デジタルの海に呑まれた
    理想の果て 還らない過去が 囁く
    道端に棄てられた 煙草のように 誰の眼にも映らない

  • Vampire 閲覧数:123
    2017/07/05
    14:08

    白き月に照らされて 徘徊する亡者
    暗黒の時を その牙で紅に染め上げる
    その躰に宿るのは 誇り高き己が意志

  • smile snapshot(music by taylor.L) 閲覧数:374
    2017/07/02
    21:24

    あのキミの微笑みが 視界(けしき)を照らし続ける
    ぼやけたこの世界で 見失わないくらいに
    あどけなく浮かぶ 眩しい表情(かお) 瞬きで写し撮った

  • 紫陽花(music by taylor.L) 閲覧数:236
    2017/06/03
    13:57

    何を見詰めているの?
    微睡んだ季節の中 その潤んだ眼で
    何を映しているの?

  • Ocean Blue(music by taylor.L) 閲覧数:558
    2017/06/01
    00:10

    青空(そら)を映した海は 青く 煌めいて
    何処までも 澄み渡るよう
    海鳥(とり)の囀り響く 青い世界へ

  • faraway 閲覧数:107
    2017/05/24
    18:05

    どんな未来なら 受け入れられる?
    瞼(め)を閉じれば 独りになれると 信じた
    そうして堕ちていく 繰り返す白昼夢

  • 黄昏の約束 閲覧数:219
    2017/05/02
    09:31

    夕暮れに 滲んだ景色
    映し出す影 すれ違う 二人(こ)の手を
    「見つめてよ」 描いた夢を

  • 罪と罰 閲覧数:91
    2017/05/01
    20:01

    あなたを騙した 私は罪人(とがびと) このまま溺れて
    重ねた言葉は 二人を紡ぐ糧となって
    願望で創られた 蜘蛛の糸を吊るした

▲TOP