三蒼さん

頭の中に浮かんだ言葉をただ書いていこう。

投稿作品

Classic
Modern
  • 冬の旋律 閲覧数:36
    2019/12/12
    02:15

    雪が奏でる世界へと そっと かじかむ指伸ばす
    君に旋律を届けて 春になるまでもう少し
    二人で並ぶ足跡がまだここにあるから

  • 四季折々の風が吹く、全部が全部、好きだと言える。 閲覧数:6
    2019/12/11
    22:09

    春、空の青さを知った
    透き通るような風の高さに
    恋焦がれる程胸を引かれた

  • Fire Works ‐花火‐ 閲覧数:6
    2019/12/11
    20:32

    拳を上げろ、前に進め
    目の前の壁はぶち破れ
    どこか遠く響く音も

  • 雨が嫌い 閲覧数:5
    2019/12/09
    19:11

    雨が嫌いだった
    暗くて寒くて音が消えるから
    過ぎ去る車は早くてパシャリ、水を跳ね上げた

  • 悲しい世界が無くなればいい 閲覧数:4
    2019/12/07
    14:23

    どうして泣いてしまうんだろう
    自分の事じゃ泣けないのに
    君の話を聞いてるだけで

  • 動けない自分と向き合う詩を 閲覧数:4
    2019/12/07
    13:49

    何も無いと思っていた
    何かが出来ると思わなかった
    朝が来るたび光の中でくだらない人生だと思う

  • 心にそよいだ風の歌 閲覧数:5
    2019/12/07
    12:06

    道端に咲いた花 風に揺れて煌めいて
    跳ねる鼓動ときめいて 頬が緩む昼下がり
    ありふれてく 散りばめられた幸せを

  • 優しくいたいと思います。 閲覧数:13
    2019/12/04
    21:11

    人を愛するってなんだろう? 優しくするのと違うかな
    どこまで好きと呼べばいい どこから愛と呼べばいい
    それが分からない僕だけど優しくいたいと思います。

  • 多分いつか忘れるでしょう 閲覧数:22
    2019/12/04
    13:32

    多分いつか忘れるでしょう
    始まりの場所で抱く思い
    それでもきっと覚えているよ

  • 赫ネ空 閲覧数:73
    2019/11/22
    07:00

    まだまだ終われないんだろ
    このまま止まれないんだろ
    追いかけてく空の向こう情熱色のまま

  • リンとしたベルで 閲覧数:79
    2019/11/22
    04:24

    今でも覚えてる 初めて出会った場所
    歌声重ねた君の部屋
    年が 過ぎるたび増えてく

  • 旅をするあなたへ 閲覧数:12
    2019/11/22
    02:59

    蒼い月が照らす夜に 遠く祈るあなたの顔
    「元気でおられますように」 呟く声と星が流れた
    窓辺に飾った綺麗な花 今は少し枯れ始めました

  • 朝方スターゲイザー 閲覧数:7
    2019/11/20
    07:05

    眠れない陽が昇る前の一番暗い夜に
    当てもなく何かを求めて暖かい部屋を飛び出した
    眠る街抱くように歌う空の煌めきがそこにあった

  • 今宵今夜 閲覧数:11
    2019/11/15
    23:07

    咲いた此花 夜に埋もれて 薄紅色に映る月
    揺れる水面と星の酒 謡う姿は夢心地
    今宵限りの別れと知りて 遠い契りを結び付け

  • タイムマシンがあったのなら 閲覧数:15
    2019/11/08
    23:57

    もしも僕がこの記憶のまま タイムマシンに乗れたのなら
    過去と未来、二つの時代 どちらの世界へ旅立つかな
    知らない世界、既知の異世界 どちらも楽しいものになろう

  • Not to be 閲覧数:4
    2019/11/06
    18:00

    夜を歩くことはできるけど
    朝は怖くて動けない
    晴れた空眩しすぎて泣いてしまう

  • 歌い尽くして 閲覧数:9
    2019/11/06
    15:57

    いつから声を抑えることになれたのか
    本当はもっと歌いたいのに
    心のまま、この気持ちのまま

  • 烏羽玉の花が咲く 閲覧数:70
    2019/10/27
    10:58

    砂が躍る 焦がしてく思い
    空の向こう描いてく楽園
    果てなく続けた 命の灯

  • 奇をテラったステラを歌った 閲覧数:10
    2019/10/25
    18:34

    思いつくまま適当に 星にかかわる言葉遊び
    意味はないが言葉がある 代わる代わるの星が出る
    水金地火木土天海で 訳も分からず始まるメーデー

  • 仕事だりぃ 閲覧数:11
    2019/10/25
    15:45

    時刻通りの遅刻の行方 始業前から怒られる
    金にならない時間さえ くだらないマナーがこだまする
    昨日残った読まない資料 無駄を無くせと無駄に言う

  • 一人ぼっちのハローハロー 閲覧数:9
    2019/10/25
    14:18

    ハローハローハロー 僕の声が聞こえていますか
    ハローハローハロー 君はそこにいるのでしょうか
    宇宙船から見える景色 目を閉じても変わらない

  • ホワイトアウト 閲覧数:6
    2019/10/25
    09:13

    怖いほど何も映らない 見たこともない白の景色
    纏わりつく霧の重みで 引力さえも変わっていく
    砕かれ割れたガラスの破片が 喉に交わり声が止まる

  • After Flavor 閲覧数:14
    2019/10/22
    12:49

    遠い昔のような過去 いつもは忘れてしまってる
    ふとした時に溢れ出る この感情に名前はない
    昔の欠片に触れた時 懐かしい歌を歌う時

  • 私らしくゆっくりと 閲覧数:16
    2019/10/22
    08:15

    ひとりぼっち入れない 鮮やかな花が舞う輪の中に
    傷つくことが怖いから 傷つけるのも怖いから
    歩き出す道の端 大きな川の流れ身を任せ

  • 水恋 ~スイレン~ 閲覧数:80
    2019/10/21
    19:11

    水面揺らす二つの背 どこまでも弾んでいく
    裸足で駆け抜ける空 影を合わせキスをした
    雲が流れたなら 夢を描いて

  • フィオーリア 閲覧数:9
    2019/10/20
    19:58

    ねぇフィオーリア 僕らの出会いを覚えてる
    リコリスが咲くあの場所で 僕は初めて恋をした
    群青漂う空の下 君は一人で泣いていた

  • 雨が上がったら 閲覧数:127
    2019/10/20
    06:06

    雨が降った 傘を開いた 広い 隣 君がいない
    遠くなった 会えなくなってた 寒い 熱い 胸が痛い 
    まだまだ夢を描いた 瞼に君が浮かんだ

  • 許されたいのかな 閲覧数:9
    2019/10/19
    00:33

    空っぽのような灰色の空を見上げてた
    どこへ行けばいいのだろう 孤独が押し寄せる人込みで
    すれ違う人の肩 少しだけ距離を取る

  • Go My Way 閲覧数:10
    2019/10/18
    23:42

    未来へ行こう 一歩進んだ道の先へ
    足は確かに踏み出せたから
    進む先は見えない 目指す場所も知らない

  • 少しだけ優しくなれたら 閲覧数:7
    2019/10/18
    22:55

    降り出した雨は寒さの中で 形を残す雪になるでしょう
    振り払うことが出来たなら 固まることもないのでしょう
    黒い夜にも白い吐息が 音もなく宙に舞う空の中

  • 雨になる 閲覧数:14
    2019/10/12
    20:19

    代り映えのない似たような写真を並べて 後悔したあの日の自分を恨んで
    憧れた街並みにびしょ濡れになって 路地裏に迷いこんで行き場をなくした
    笑いたければ笑えばいいさちっぽけな僕の姿なんて

  • 青い空 閲覧数:10
    2019/10/12
    19:51

    流し続けた涙と夢 もう手放せるなら楽なのにね
    諦めることが今も出来ずに 羽ばたくことをやめた胸が痛い
    走り始めたあの日の速度 今も変わらず胸は叫ぶ

  • 一年前の今日の僕へ 閲覧数:8
    2019/10/11
    21:33

    一年前の今日の僕へ 意外に命は続いている
    君が繰り返す悲しみさえ 気づけば1秒の過去になった
    刻んだ腕の痛みでさえ 心に痕が残るだけだ

  • 星と夜と黒猫 閲覧数:15
    2019/10/06
    20:23

    夜、雲に架かる虹に触れ 月の美しさを再度見る
    ビル、センター抜ける声 独りの寂しさが押し寄せる
    交わらない朝と夜 交差していく人の波

  • ライク・ア・メモリー 閲覧数:19
    2019/09/30
    19:58

    ウサギの人形 ビーズの腕輪
    陽だまり集めた小さな毛布
    くたびれた制服 くすんだシューズ

▲TOP