投稿作品

Classic
Modern
  • それだけ 閲覧数:71
    2016/05/29
    21:14

    朝起きて 昼が過ぎて
    夜に眠る 今日もそれだけ
    夢があるとか そんなんじゃなくて

  • おっぱい 閲覧数:96
    2016/02/28
    23:37

    歩き続け長い旅の途中
    癒し求め はや三千里
    そこには夢が詰まってるんですよ

  • トビウオ 閲覧数:80
    2016/02/20
    20:59

    悩んだり迷ったり 繰り返す毎日
    溜め息吐き出すのも飽きてるんだけど
    上手に息継ぎが 出来ずにいるから

  • 上昇気流にのって 閲覧数:83
    2015/09/21
    16:48

    揺れて ゆらり揺れてる 草木は風と遊んでいる
    うたうたう その声は 遠く響いてる
    きっと同じ そう 君と同じ 時の中 僕は生きている

  • ずっと前から 閲覧数:37
    2015/08/28
    22:35

    ずっと前から あなたの事見ていた
    雨の夜も 風の吹く日も
    ずっと前から あなたの事見ていた

  • オンラインゲーム 閲覧数:82
    2014/12/29
    19:51

    暇つぶしなんだ 見つけたオンラインゲーム
    基本プレイ無料 それなら遊んでみようかな
    はじまりの街は沢山の人がいるなぁ

  • Into the sky 閲覧数:58
    2013/11/30
    21:37

    西の空 沈む前に 君を呼ぶ声が聞こえたなら
    抱きしめて欲しいんだ I like you
    東の空 虹が架かったら それはそれで良い事にしよう

  • おっさんとギター 閲覧数:97
    2013/09/09
    20:38

    隣のおっさんは 毎日疲れた顔して
    夕暮れ16時くらいに バイトに出掛けて行くのさ
    帰る頃は真っ暗な 深夜の24時ぐらいで 

  • ゆめくい 閲覧数:92
    2012/05/16
    20:09

    打ち出された銀色ロケットが
    羨ましくて 眺めるホリデイ
    口の中ですぐに溶けちゃう

  • ノア 閲覧数:42
    2012/05/04
    01:59

    宵の空 下弦の月 照らしていた
    古ぼけた 壊れかけの船
    誰もいない砂漠みたいだ なんて思った

  • 旅する小さな星 閲覧数:78
    2012/03/25
    21:09

    頼りなくたって いつも旅の途中
    僅かでも進む確実に
    向かい風を待って 口笛吹いたのさ

  • 拝啓、箱の中より 閲覧数:138
    2012/01/08
    12:54

    薄汚れたボロボロで くるまった毛布から這い出した
    見知らぬ場所 箱の中 残された思い出は曇りのち雨
    泥水でも構わない 捨てられた残飯でも食べてやる

  • 傷だらけのモンスター 閲覧数:106
    2011/10/13
    20:24

    それはひどく純粋で 醜く恐ろしい姿
    それはひどく不器用で 幼い一粒の魂
    その右手で優しく撫でるつもりが切り裂いてた

  • ココロオトラヂオ 閲覧数:74
    2011/09/19
    19:45

    雨粒はしゃぐ声 握るその手に一人分の傘
    水溜り飛び越え 覗くその瞳に二人分の影
    ぎこちない歩幅を合わせる如く 歩くそのスピード

  • 色彩トラベラー 閲覧数:109
    2013/12/01
    19:17

    頬撫でる風 古びた自転車跨って
    大きな鞄 担いで走る丘へと続く坂
    キャンバス越しに眺めてた 白いワンピース

  • 手紙 閲覧数:52
    2011/05/07
    22:48

    電車にゆられ 疲れた体で
    行き帰る日々を繰り返すだけ
    ベンチに腰かけ タバコに火をつけ

  • ホシホシ 閲覧数:101
    2011/02/28
    21:59

    真夜中 屋根の上 人差し指の先
    覗きこんだその向こう 数億光年先の光
    夜空輝く 無限の風煌く

  • 寒空の下、今日もまた春の報せを待つ。 閲覧数:63
    2011/02/05
    09:25

    切れ間から覗く太陽 照らす冬景色
    静寂に包まれて 未だ眠りの中
    冷えた空気 北風にちらつく粉雪

  • アリクイ 閲覧数:102
    2011/04/28
    20:58

    広い世界で 君を探す
    されど僕は 蟻を食べる
    加速する風景 切り株に登って見ていたんだ

  • ラヴベリー 閲覧数:80
    2010/12/14
    21:21

    波風にさらされ 雑踏に押し流され
    さすらうが如く人生
    南から北へと 古いギターを手にして

  • 秋風と君と鎮魂歌 閲覧数:59
    2010/10/22
    20:18

    澄み渡る冷えた空気が
    夏の終わりを告げる
    ポケットに手を突っ込んで

  • 終末メモリーズ 閲覧数:103
    2010/08/31
    21:01

    深い海の底 静かに横たわる世界を目にした
    遥か彼方から僕らを訪れた 星に憧れた
    良いとか悪いとか 今や昔とか関係ないけど

  • 陰にひそむ 閲覧数:79
    2010/07/09
    21:24

    街角の片隅で
    蠢いてる生き物
    それなりに働いて

  • デイニー 閲覧数:84
    2010/05/23
    11:38

    空からこぼれた 雫は
    頬をつたって
    この腕をつたって

  • 春風紙飛行機 閲覧数:105
    2010/04/04
    10:51

    風に吹かれるまま 青い空
    鳥たちも歌う こんにちは
    君の住む町を目指して

  • シャラララン 閲覧数:81
    2010/03/12
    18:59

    やっと気付いたんだよ 足元の小石を
    ちょっと疲れたんだよ 見せ掛けの笑顔を
    きっと落としたんだよ 大切な夢達を

  • 歩いてく 閲覧数:91
    2010/02/13
    18:24

    この旅の行き着く先に
    何があるのか分からないけど
    どこまでも繋がる道を

  • また会える 閲覧数:47
    2010/01/06
    19:22

    星の海を越えたら
    君にまた会える
    綺麗なお花畑

  • 僕だけの人 閲覧数:98
    2009/12/13
    20:36

    小さな四畳半 僕の机の上
    薄っぺら画面の 中に君がいた
    切れかけの電気 積まれた箱の山

  • ビューティフルデイズ 閲覧数:47
    2009/11/16
    20:26

    周りの人を遠ざけて
    自分の頭を撫でている
    ポケットの穴に気付かずに

  • ひとりぼっち 閲覧数:36
    2009/11/16
    20:22

    一人ぼっち野良猫
    誰もいない 街を行く
    そっと目を細めて

  • 幸せな白い花 閲覧数:38
    2009/09/07
    19:44

    少し生温い風が
    街の間すり抜け
    飛行機よりも大きな

▲TOP