投稿作品

Classic
Modern
  • 【KAITO】贈りもの【祝誕生日】 2 閲覧数:69
    2011/02/17
    19:21

     よし、と意気込んでリンとミクは二人でキッチンに立っていた。
     二人の眼はやる気を湛えて輝いている。それとは対照的にまるで濁った魚の眼で、ダイニングのテーブルに突っ伏して彼女らを眺めるレンがいた。
    「よぅし!」

  • 【KAITO】贈りもの【祝誕生日】 1 閲覧数:85
    2011/02/17
    19:13

     リビングのソファで、カイトはマスターから貰った新曲を確認していた。マスターからはまだ制作途中だから、との一言も付いていたが、それでも曲を貰って歌うことが出来るのは嬉しい。
     そんなカイトをこそこそと扉や壁の影から観察している一団、というか者達がいた。
     否、観察、というよりは寧ろ声を掛けるタイミングを見計らっている、と言った方が正しいのかもしれない。

▲TOP