投稿作品

Classic
Modern
  • 僕のリンちゃんがこんなに可愛いわけが……ある(第3話 あの子が窓からコンニチハ) 閲覧数:72
    2011/04/08
    21:25

     目が覚めると、身体の自由が利かなくなっていた。麻痺しているというのではなく、何かで全身を抑えつけられている感触がある。暗闇に目が慣れてみると、どうやら布団で簀巻きにされた上から紐で縛られているらしいことがわかった。
    「……やれやれ」
     こんなことしなくても、手も足も出ないし出す気もないのに……などと思いながら左を向くと、数センチの距離に壁があった。そして右手では、リンがミニテーブルに突っ伏して、葉月はわざわざ持参したらしいマットレスのようなものに横たわって、めいめいがすやすやと寝息を立てていた。2人とも毛布などはかけていない。やけに暑いと思ったら、普段ほとんど使わない暖房がガンガンに利かされているらしかった。

  • 僕のリンちゃんがこんなに可愛いわけが……ある(第2話 悪魔が来りて引っかき回す) 閲覧数:188
    2010/11/25
    22:25

     そんなわけで、僕とリンの2人暮らしが始まった。
     思いつく範囲で調べてみても、リンがどういう人たちにどういう理由で作られ、なぜ僕のところにやって来たのかは分からないままだった。
     届いた商品のことで気になることが、などとぼやかしつつ通販会社に電話して探りを入れようとしても、メールされていた注文番号を告げるが早いか「パッケージかディスクの破損でしょうか?」などと言うぐらいで、ソフトウェアとして以外の鏡音リンなどまったく念頭にない様子だった。

  • 僕のリンちゃんがこんなに可愛いわけが……ある(第1話 ファースト・インパクト) 閲覧数:287
    2010/11/03
    13:24

     ボーカロイド、キャラクター・ボーカル・シリーズ02、鏡音リン・レンact2。標準価格は税込み15750円、13%オフで13650円。歌声を合成する、Windows用のソフトウェアだ。僕がそれを注文した通販サイトや公式ホームページの記述をかいつまんで話すとこういうことになる。ちなみに以前どこかの店頭で目にしたパッケージの外寸は、一般的なDVDトールケースと大差なかったはずだ。
     それなのに、注文の翌日、日曜の昼前に早速届いた箱は人間が丸々入りそうな大きさで、開けてみたら本当に女の子が入っていたのだから、面食らわないわけにはいかなかった。
     「はじめまして、リンです。よろしくね、マスター」

  • アンダーカヴァー 閲覧数:129
    2010/08/29
    17:57

    ワイングラス傾けては 子供のように
    他愛もない言葉遊び 繰り返してる
    まるで夢見るよう あなたといると

▲TOP