Oh!磯さん

DTMと言ったら初代SC-55をMSXにつないで遊んでいた程度ですが、みくみくにされてカムバック。

投稿作品

Classic
Modern
  • 存在理由 (完) 閲覧数:319
    2009/05/18
    01:11

    Epilogue
    私はいつものように起動タイマーで目を覚ました。
    一つ伸びをして起き上がり、ソファを元に戻して部屋着に着替え、朝食の準備を始める。

  • 存在理由 (19) 閲覧数:146
    2009/05/18
    01:06

    しかし、今私に搭載されているココロシステムは実に軽いデータだ。
    これなら電子部品の耐用年数どころか数万年だってデータを保持できる。
    トラボルタ博士は続けた。

  • 存在理由 (18) 閲覧数:128
    2009/05/18
    01:00

    3.
    ラボには松本刑事以下、鈴木刑事を筆頭に10数名の警察官が現場検証に当たっていた。
    マスターの怪我は幸い軽く、すぐに気がついたが頬とこめかみには青痣ができており、唇を切ったのか乾いて茶色に変色した血の跡が顎へと続いていた。

  • 存在理由 (17) 閲覧数:132
    2009/05/18
    00:52

    弾幕に嬲られ最早原形を留めぬまで破壊されたカムイが、目の前でゆっくりと崩れ落ちた。
    私は注意深く立ち上がった。各モジュールステータスチェック。コンディションオールグリーン。
    私はベルナールを見た。

  • 存在理由 (16) 閲覧数:108
    2009/05/18
    00:43

    2.
    『廊下を真っ直ぐ進んで二つ目右の第二ラボだ。入って来たまえ』
    真っ白な研究棟の真っ直ぐ伸びる廊下を前にして周囲を見渡す私に、アナウンスが響いた。

  • 存在理由 (15) 閲覧数:108
    2009/05/18
    18:33

    私は解せなかった。
    開発チームがプロテクト? 一体どれほど危険なOSを搭載したというのだろう?
    『それは『多重連想システム』と『ココロシステム』と呼ばれる機能です』

  • 存在理由 (14) 閲覧数:113
    2009/05/18
    00:23

    第三章 ココロの在処(ありか)
    1.
    開いたドアの前でへたり込む私は暫く何が起こったのか判らなかった。

  • 存在理由 (13) 閲覧数:106
    2009/05/19
    03:49

    「52」のボタンを押すとエレベータの扉が閉まり、緩やかに上昇を始めた。振動はない。
    まるで早回しのように階数(レベル)カウントが上がっていくが、「52」に近づくにつれて速度が落ちていき、やがて止まった。
    音もなく扉が開くと、清潔感のある白い内装が拡がっていた。リノリウムの廊下は広く、壁はステンレスとガラスを組み合わせた複合材でいかにもオフィス然とした中にも、どこか商業施設のような趣がある。

  • 存在理由 (12) 閲覧数:97
    2009/05/18
    00:06

    3.
    PDAからログオフした私は体内時計を参照した。AM7:23……約束の時間から23分経っている。そしてGPSナビによると、ここからインターネットテクノロジー本社までトラムで15分といったところか。
    ともかく私は行動することにした。待つと言うことが時間の浪費に繋がっている気がしてならなかった。

  • 存在理由 (11) 閲覧数:112
    2009/05/18
    00:02

    Side-A -初音ミク-
    二人の影が紅に染まる街角に消えた後、マスターはゆっくりと身を翻してマンションを指し示し、そして歩き始めた。
    私もマスターにつき従ってマンションに入る。

  • 存在理由 (10) 閲覧数:99
    2009/05/20
    09:52

    2.
    Side-B -松本幸一-
    街を夕陽が朱(あか)く染め始めていた。

  • 存在理由 (9) 閲覧数:86
    2009/05/17
    23:45

    ホールはしいんと静まり返っていた。
    私はマスターを見上げた。
    マスターの瞳は小さな眼鏡の奥で二つの影を真っ直ぐに見据えていた。

  • 存在理由 (8) 閲覧数:99
    2009/05/17
    23:38

    第二章 昏き静寂(しじま)に奏でる円舞曲(ワルツ)
    1.
    朝食のテーブルを挟んで暫く私達は顔を見合わせていた。事実を受け止めるのに幾許(いくばく)かの時間が必要だった。

  • 存在理由 (7) 閲覧数:142
    2009/05/18
    15:14

    お風呂から上がった私はパジャマに着替えてマスターの部屋に入った。
    もちろん下着は勝負下着……と言うものらしいが、残念ながら私にはどのあたりが勝負なのかよく判らない。
    私はタオルで髪の水気を切りながらマスターのベッドに腰掛けた。マスターは何かに気づいたようにこちらを見た。

  • 存在理由 (6) 閲覧数:137
    2009/05/17
    23:24

    3.
    とりあえず切った私の指の応急処置として保護テープ……つまり絆創膏を巻いた。
    CVシリーズは外皮が生体組織なので軽い怪我ならこうして止めておくだけで治癒する。

  • 存在理由 (5) 閲覧数:145
    2009/05/17
    23:17

    両手いっぱいの紙袋を提げて次に向かったのはランジェリーショップだったが、流石にマスターは先程のPDAとカードを私に押し付けて店内に足を踏み入れる事さえしなかった。
    私は何故か頬が緩むのを感じながらマスターに見送られて店内に入ったのだった。
    気が付けば時刻は三時になろうとしていた。

  • 存在理由 (4) 閲覧数:166
    2009/05/17
    23:07

    2.
    聴唖とは耳は聞こえるが発声が出来ないと言う、珍しい障碍(しょうがい)だ。
    通常は耳が聞こえないため話せないというプロセスを辿るのだが、声帯奇形、疾病等により声帯を切除したりといった物理的要因や、精神的外傷により自らコミュニケーションをとることを心が拒否してしまうと言った心理的要因により、耳は健常でも話せないということが起こりうるらしい。

  • 存在理由 (3) 閲覧数:157
    2009/05/17
    22:51

    いくつかの修正パッチが出ているが数百MB程度なので一瞬でダウンロードが終わる。
    パッチを当てている間、私はCPUコンソールからニュースサイトを覗いた。
    ニュースでは主だった事件や政治の動向、天候や紫外線の情報が流れているが、特に重要度の高そうなニュースは見当たらない。

  • 存在理由 (2) 閲覧数:153
    2009/05/17
    22:39

    第一章 我思う
    1.
    バッテリーチェック……OK

  • 存在理由 (1) 閲覧数:334
    2009/05/17
    22:26

    雨が降る。
    雨が降る。
    鈍色(にびいろ)の天蓋から鉛色の雫が落ちてくる。

▲TOP