投稿作品

Classic
Modern
  • 花は微睡み、夢と消ユ 閲覧数:637
    2020/07/28
    11:42

    溢れ返るバラツク聚落を朽ちた雪洞が鈍く照らす
    唸る蒸氣、喧しく響き、最中に廓聳へる
    紛ひ物の愛を身錢で乞ふ 今宵も軋めくは坐敷の間

  • 蒸気塔のナイトメアリィ 閲覧数:960
    2020/06/01
    00:11

    朝の靄が蒸気の世界に立ち込め、
    都市の隅まで溶けて、染めて
    窓の隙間、気怠き朝日が不躾に滑り込む

  • クロユリのイノリ_歌詞 閲覧数:345
    2020/05/08
    22:19

    赤い花咲いた、実はデザイア 華美な見栄え 瞞しの腫れ
    幕開けの様に上がる狂気 錆びた答え、過ちの果て
    廻った観覧者 欠落は段々と満ち足りた

  • 妄執のゲルニカ 閲覧数:618
    2020/04/14
    20:02

    一粒を飲み干して、
    ひととき極彩色の夢に溺れ
    二粒を噛み砕き、

  • 溶けない109号室 閲覧数:518
    2020/04/08
    20:05

    街路灯に灯りが点く
    グレイの空、溶けてゆく
    外れの公園で冷めた瞳の君と出逢う

  • あふたぁわーど_歌詞 閲覧数:186
    2020/03/13
    00:57

    チャプター1
    ありふれた卓で談笑が続いている
    母がそっと笑いかけている、穏やかな日

  • 針降る都市のモノクロ少女 閲覧数:950
    2018/11/30
    21:52

    紅い雲 煙る蒸気と揺らぐ鉄の塔
    飛行船 積み重ねたビル間を巡る
    霧雨が降る、日々さえ隠す

  • アンベシル滑落奇譚 閲覧数:3,196
    2018/04/15
    19:41

    安寧の日々は滑稽なヒビへ形を変える
    エス・カーストの最下層
    トロイメライ覚め、カオスな今へと

  • バイタルサイン 歌詞 閲覧数:1,854
    2017/09/09
    03:40

    バイタルサイン
    神様が世界から消えた日、
    爆ぜて色が絶えた僕の視界

  • ヘドニストの幸福な食卓 歌詞 閲覧数:15,796
    2017/03/23
    00:33

    大してこの世界に望みなど無くて
    愛して、そんな声は裏蓋が打ち落とした
    フロイデ、薄らいでく 表も裏も

  • プレイアデス英雄譚 閲覧数:452
    2016/09/29
    18:14

    夢想が形を成し、掴めた気がした
    その刹那から運命の針に
    打ち付けられて時計は廻りだす

  • 聖者の密書へ火を灯す 閲覧数:427
    2016/04/19
    23:57

    裏切りの狭間で溺れて息が出来ない
    この手は無力で掬えない
    守る背に焦がれすぎて

  • マトカリアの手帳は飴色を知らない 閲覧数:733
    2015/10/15
    19:02

    色盲の街へ花束を
    懺悔の都市には聖歌を
    擦れた心には何を

  • エスターテの叙情詩 閲覧数:477
    2015/07/01
    20:11

    湿度の高い夏の午後
    青々しい木々 揺れる葉
    乾いた汽笛が響いた

  • モルテの嘲笑は十番街に響き渡る 歌詞 閲覧数:192
    2015/04/05
    19:36

    配列構造が乱れてる
    遺伝子の核は潰された
    「排他セヨ」と鳴り響く号令

  • 最期の晩餐は寝室にて 歌詞 閲覧数:307
    2015/04/05
    19:32

    ある国の王女は言う
    「いつか海が見てみたい」と
    召使いは顔を背けて

  • ロニーのハッピーエンド 閲覧数:127
    2015/03/08
    20:47

    煉瓦の市街で唄を歌った 市民はそれを鼻で笑った
    絵描きの市場 奪う支配者 絵は売り切れ途方に暮れ泣いた
    カリスマを淘汰 美徳は火あぶりに

  • べグラーベンは灯りを呑む 閲覧数:274
    2015/01/01
    18:41

    誰かに見られているような
    箱庭の中での暮らしも
    幾百年過ぎてしまえば

  • 廃棄場のポエトリー 閲覧数:593
    2014/12/18
    00:11

    0と1の雑踏 過去は仕分けられ
    恥も馴染んできて言葉を吐く
    小さな火種は瞬く間に業火

  • ユーラの漂流記 閲覧数:236
    2014/09/12
    21:18

    列車は泡を吐き出しながら
    海底の街を進んでいく
    魚の群れが車体を揺らす

  • 寂寞の種 閲覧数:717
    2014/07/26
    18:20

    雨の気配 群青の夜 脆いアスファルト 不夜城へ沈んだ
    フェンスの向こう 微笑んだ貴方 脆い感情が崩れていく
    咀嚼したリアルは腐っていた 駆け出した足は崩れ落ちた

  • 廃病棟は夢の亡骸と眠る 閲覧数:331
    2014/07/19
    22:27

    青白い廊下 静寂に耳を塞ぐ 狂気 正気 酩酊の中
    霊安室の灯り 脆弱な夢ばかり 安置され飲み込まれた
    聖者の収容 狂者の脱走 中庭で踊る姉妹の様相

  • アンソニーは三番街にて語らず 閲覧数:114
    2014/06/08
    12:08

    富に溺れた貴族の没落後、容易く秩序は崩れ去りて
    景色も人も朧げなまま 時と感情だけが流れた
    鉄の街路樹が至る所、身の程もわきまえずに伸びる

  • フランクリンの手記 閲覧数:77
    2014/06/08
    12:04

    偶像崇拝 人格無くし
    誰?誰?と彷徨う亡者
    荒廃 競売 奴隷の腕輪

  • 箱庭の遊園地 閲覧数:79
    2014/06/08
    12:02

    兵隊がセピア色の街で花束を見つけた
    名前を/無くした少女が花を一輪手にしていた
    躾のなってない猿が暴れて

  • スコンフィットの独白 閲覧数:62
    2014/06/08
    11:59

    暗転 世界が幕を閉じてしまったようだ
    スポットライトは当たらない
    転換 私は慌てて舞台を降りた

  • レトロイメライ 閲覧数:62
    2014/06/08
    11:56

    潔癖症な思想家が詭弁漏らす様は滑稽で
    夢だけ見ていれば幸せになれたかもしれないのに
    教会で祈るシスター願いはきっと届かないよ

  • 雨と記憶とメメントモリ 閲覧数:425
    2014/06/01
    23:32

    廃城と錆びた臭い スプリンクラーが水を撒き散らす
    濡れた街 傘の大行列 湿る展望台
    ずぶ濡れのコートの襟 正す男 冷めた瞳の奥

  • ワンダーランドの生活 閲覧数:279
    2014/05/06
    20:00

    ワンダーランドの生活
    乱立したマンションは歪な形で顔見せる
    廃材と感情で積み上げられた 何棟も

▲TOP