タグ一覧 > タグ『波音リツ』の作品

  • ハートビートミュージック 響葉さん 閲覧数:1,338
    2012/12/21
    17:04

    Give me your sound and show me your color.
    My heart is leaping up.
    So please take my hand, let's sing forever drawing the new world.

  • 不完全劣等ガール ミリ子さん 閲覧数:1,088
    2016/05/23
    04:51

    ひっくり返した裏の裏の言葉の意味を感じてさ
    もう見えなくなった文字列さえ縋り付いて泣き出した
    インクで消した最後の想いを手紙みたいに並べてさ

  • 青く塗れ 歌詞 sinshugoさん 閲覧数:1,087
    2011/03/01
    15:41

    言い忘れたさよなら 届けに来たの
    片道だけの空は   僕を連れ出した
    でもそこに愛などない そうさそこに愛などない

  • 「VOCALOID HEARTS」~第18話・慣れない痛み~ オレアリアさん 閲覧数:813
    2011/12/30
    08:52

    命の危機に瀕した私の前に突然現れ、テイを麻酔弾で撃ち抜き、助けてくれた謎の女性。
    私が驚いている最中、彼女はアンリと名乗り、こちらをじっと見つめて笑みを浮かべた。
    そしてこう言ったのだった。

  • 「VOCALOID HEARTS」~番外編・テトの手記~ オレアリアさん 閲覧数:679
    2013/08/31
    23:36

     人間とアンドロイドとの平和を作り上げることを目的にした、アンドロイド平和統括理事会。カイトたちのMARTとは、互いが持つ裏側の面で対立しあう、相容れない関係である。
     その直属の査察部隊、AAA(Android・Assessment・Agent)。通称はトリプルエーと呼ばれる。長らく、重音テト・波音リツ・天音ルナの3人によって、この部隊は構成されてきた。いつしか「不動の三星」と、組織の内外で呼ばれるほどに。
     しかしある日、MARTを壊滅させるという最大の作戦の実行を目前にして、執行長の重音テトは別の作戦で突然の失踪を遂げた。多くの謎を残したまま…時を同じくして、天音ルナも突如として理事会を離反し、MART側に寝返ることとなる。いなくなった2人の後に、ただ1人残された波音リツ。これは、そのリツの回想である。

  • 【曲有】 空蝉 那伽さん 閲覧数:589
    2013/06/11
    20:26

    絞り出した言葉は泡に溶けて
    誰の目にも触れることなく沈む
    やがて傷は痛みを忘れ癒える

  • 「VOCALOID HEARTS」~番外編・バトルウェーブ~ オレアリアさん 閲覧数:564
    2014/05/25
    21:07

     4月上旬の夜、フランス。パリの高級レストランに、2人のアンドロイドがVIPで来店した。1人は、アンドロイド平和統括理事会の査察部隊、トリプルエーの副執行長・波音リツ。もう1人は、リツと何らかの取り引きをするためにやってきた、金髪の男・レオン。店の洒落た雰囲気、静かに奏でられる弦楽器の演奏、紳士淑女の集まり。それは絵に描いたような、格式高い料理店だった。
    「…こんな店、昔は入るのも夢のまた夢だったよ」
    「レオン様、お好きなものをどうぞ」

  • 『Blue sky on the cloud』【波音リツ】【白鐘ヒヨリ】【UTAUオリジナル曲】 真輝ゆりあさん 閲覧数:515
    2015/06/02
    01:54

    人はなぜ
    希望を語りながら
    人をなぜ

  • 「VOCALOID HEARTS」~第17話・真紅に染まる記憶~ オレアリアさん 閲覧数:510
    2014/05/27
    23:22

    (…今しかない!)
     そう考えた私は、廊下の角で身を潜めている。呼吸を殺し、腰の拳銃に手をあてる。暗がりに包まれた廊下の奥から徐々に近づいてくるのは、健音テイ。こうして敵どうしとして再会するなんて、想像もしなった。私の数少ない友達と…
     テイとの出会いは、いつだったか。そうだ、私がいつものように、まったく売れないボーカロイドとして、活動していた時だった。テイもまた、トリプルエーの一員になる、ずっと前の話。今となっては恥ずかしい話だけど、私は昔、役者をやっていた時があった。気まぐれだったドラマの監督は、何を間違えたか名無しの私を主役に抜擢した。

  • 「VOCALOID HEARTS」~第9話・女王の金蜜弾~ オレアリアさん 閲覧数:488
    2013/12/26
    22:09

     3月12日、午前5時。MARTと敵対する組織が、ある緊急会議を開こうとしていた。クイーンニードル、そんな名前がつけられた、全体が鋭く尖った大型ヘリコプターが、アンドロイド平和統括理事会の屋上に着陸した。ヘリポートには、数十人余りの親衛隊員が中心を開けて一列並んでおり、ただならぬ雰囲気が立ち込めていた。その理由は、今日の来客にあるようだ。
    「あれが噂のクイーンニードルか…さすがは司令官専用機、想像とは違う物だったな」
    「ええ、あれが本当にただの多目的攻撃ヘリとは思えませんね…」

  • Fly away 響葉さん 閲覧数:467
    2010/06/20
    22:28

    叫んだ言葉は 空に呑まれ消えてく
    遠巻きに見てたころと変わらずに
    錆びついた鎖 押し付けられる痛み

  • 僕らの世界 音夜舞さん 閲覧数:446
    2013/10/13
    09:04


    夢を描いた計画表を
    飛行機にして宙に浮かべた

  • 「VOCALOID HEARTS」~第14話・夢で覚めた思い~ オレアリアさん 閲覧数:445
    2013/01/02
    23:08

    クウ「…どうか、私と付き合って下さい!」
    ソラ「ごめんよ、それは無理だ。」
    クウ「…ガビーン!!」

  • 「VOCALOID HEARTS」~第4話・住処の街並み~ オレアリアさん 閲覧数:440
    2013/08/16
    17:48

     3月10日の昼前。MARTの総長・カイトと、鏡音レンと新しくやってきた鏡音リンの3人は、東京にある新宿の交差点を歩いていた。MART周辺の案内を兼ねた、近辺の巡回をするためである。
     田舎町からやってきたリンにとっては、何もかもが新鮮だった。特に最新のファッションなんかは、まったく未知の世界だった。さすがは首都だけに周りはたくさんの人に加え、アンドロイドだらけである。
     この世界で発表された情報によると、人口密度ならぬアンドロイド密度は、東京23区だけを見ても人間の3分の1は確実に超えていると、何処かの偉い人が言ったとか言わなかったとか。

  • 「VOCALOID HEARTS」~第6話・雪歌の使命~ オレアリアさん 閲覧数:437
    2013/08/23
    16:46

     3月11日、午後9時。ここはアンドロイド平和統括理事会の会議室。ここに数名のトリプルエーの主要メンバーが集まろうとしていた。
     20席余りの椅子に囲まれて、非常に大きな円卓の机があり、中心の床にはトリプルエーの紋章が描かれている。三つ星が特徴的であり、それぞれの星に¨聖者・正義・制裁¨という意味がある。
    「はろう☆」

  • 「VOCALOID HEARTS」~第15話・白銀の狙撃手~ オレアリアさん 閲覧数:417
    2013/01/02
    23:17

    警官「…この部屋の中だ。突入するぞ。」
    警官「…行け!突入!」
    警官「警察だ、動くな!両手を上げてゆっくり立つんだ!」

  • 「VOCALOID HEARTS」~第5話・漆黒の制裁者~ オレアリアさん 閲覧数:412
    2013/08/23
    16:45

     誰かに後をつけられている。誰かが俺たちを狙っている。誰かがずっとこちらを見ている。
     気のせいか…
     いや、違う。目的は分からないが、確実に俺たちを狙っている。どうして後をつける? どうして隠れている? 用があるなら、正面から出てこい。怖じ気づいたのか? 人目を気にして、出てくる度胸も無いのか?

  • sepia 蒼刹那(そうせつな)@用件ある方は要メッセさん 閲覧数:390
    2013/09/24
    02:18

    (サビ)
    あの時 「嫌い」と言った君へ
    僕はそれでも愛してたんだ

  • テトの長いような長くないような一日 1 ドロシーさん 閲覧数:383
    2010/11/30
    20:45

    今回のお話はUTAU達のお話。
    のその一人のテトのお話。
     「ゴホッゴホッ」 

  • 「VOCALOID HEARTS」~第8話・夢見る歌姫~ オレアリアさん 閲覧数:379
    2013/08/18
    19:52

    「…何ですって?今後の予定をしばらくキャンセルする!?」
    「もう私、こんな休む暇もない仕事は限界です。今だって3日間の間に仮眠しか取れてないんですよ? 少しだけでいいんです、どうか羽をのばす時間を…」
    「ダメよ!アイドルスターになったこの時期のアナタはどんどんアピールして、もっと自分を売り込んで、更にたくさんのファンや番組を獲得していかなければならないの! それなのに休んでいる暇なんてないわよ!」

  • 【 波音リツ 】 風速セパレート ( ぬのこんさん作曲 ) なゆたゆなさん 閲覧数:368
    2013/12/26
    07:45

    [1A]
    真夏日のコースロープが
    スローモーションで遠ざかってくよ

  • 錚々と焔は詠いて 【コラボしました!】 5(ゐつ)さん 閲覧数:305
    2010/03/01
    15:50

    白衣の襞埋もれた指先は凍てつきし氷柱
    啜る声もしめやかに項垂れた花は列
     どれ程に穢しても 彼は遠い国で清いまま

  • Echo+++ 迷夢さん 閲覧数:304
    2012/11/09
    02:46

    ≪Music:鎖木仁 様≫
    [1A]
    唇が乾いても

  • 千本桜 ~脱走姫様~ 第十一話 juneさん 閲覧数:279
    2012/07/17
    23:04

    第十一話 ―君の声も―
    「…」
    過去にルコの身に何かあったのだろうか。

  • 窒息勇者ラボラトリー 鳥類さん 閲覧数:278
    2013/06/24
    00:27

    未来の街
    科学者だらけの間に挟まれ息が出来ない
    あの鳥の様に羽ばたいて

  • 祝 曲化 ニコニコ化‼︎「僕らの聖戦」 キンキンさんさん 閲覧数:263
    2015/03/31
    22:54

    A1
    闇の夜空照らす 月光の輝きは
    まるで僕たちに 道を示して

  • Bad Girl 林田バンビさん 閲覧数:260
    2012/09/02
    02:28

    『Bad Girl』
    1A
    チヤホヤされても NO NO 勘違いしないでよ

  • Don't Forgive Me 歌詞 碧華さん 閲覧数:227
    2013/10/06
    02:00

    知らなくていい 見えなくていい
    夢に溺れて 消えたパラノイア
    嘘なんかじゃない 信じてんじゃない

  • 病んだ私のココロ ―③― まんじゅうさん 閲覧数:221
    2011/08/05
    16:49

    「テイちゃんに次のコンサート出てもらおう!!」
    「え?」
    『えぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!』

  • 小説【とある科学者の陰謀】第九話~祭りの始まり~その三 瓶底眼鏡さん 閲覧数:202
    2011/07/09
    10:06

    「……」
    街のざわめきが遠い。
    パフォーマンスを行っていた商店街を離れ、住宅街まで戻った俺が第一に思ったのは何故かそんな事だった。

  • 小説【とある科学者の陰謀】第九話~祭りの始まり~その二 瓶底眼鏡さん 閲覧数:196
    2011/07/03
    21:37

    量産化祭中には、様々なイベントや出し物がそこら中で行われている。
    その大多数は、初音ミク人気に惹かれやってきた客に自分たちを知って貰おうと考えた亜種達が開いたものだ。そしてそういった中に混じり、また、《男の娘☆ボカロ同盟》も
    活動をしていた。

  • ノスタルジック・ノストラダムス 【コラボしました】 5(ゐつ)さん 閲覧数:194
    2011/07/31
    21:06

    破滅を占うアルカナ 定められた結末(運命の輪)
    帰る道を見失うお前が何を願うか 聞き届けてやろう
    景色は割れてガラスのよう 破片は妖しく散った

  • 失われし世界と運命の歌姫のキャラクター設定(その2) 悠梨Pさん 閲覧数:187
    2011/04/04
    23:34

    重音テト Teto Kasane(25歳)
    CV.喜多村 英○だったらいいのに…(笑)
    身長;161Cm

  • 第二の夜行列車 kazu8823さん 閲覧数:184
    2016/01/16
    11:19

    あの日見た景色は どんなに輝いて
    色褪せたとしても 決して朽ちはしない
    私はあれから どうやって生きてきた

  • 小説【とある科学者の陰謀】第九話~祭りの始まり~その一 瓶底眼鏡さん 閲覧数:182
    2011/06/24
    16:13

    3、2、1、ポーン。
    『たった今、初音ミク量産化祭が開催されました!今日はまだ一日目ですが、既にピアプロの中は人でいっぱいです!!この日の為に全国、いや世界中からボカロファンが集まったということで……』
    ピッ。

  • トクロリクラジオ脚本 (ぬωこ)@依頼休止中さん 閲覧数:176
    2012/12/12
    23:34

    *脚本3*
    グミ(これから何の会議をやるのだろう?思う)
    『…で、何の家族会議ー?』

  • BATTLELOID「STAGE0.5」 風のファンタジーさん 閲覧数:172
    2014/05/25
    19:56

    [某所 モニタールーム]
    「ふう…説明って疲れるもんだぜ…」
     ルコ―欲音ルコがため息をつく。

  • 仮面舞踏会の夜に 響葉さん 閲覧数:166
    2011/12/16
    19:35

    冷たい雨が打ち付ける窓
    映る瞳見つめ
    こじつけの愛 手放す誓い

  • drive-R 【コラボしました!】 5(ゐつ)さん 閲覧数:166
    2010/05/16
    22:40

    気ままに乗り込む 真っ赤なオープンカー
    曇天模様を心配する気弱なドライバー
    雨が降ったら、とか。

  • 《制作中》ヒマワリノスタルジー 詩_irohaさん 閲覧数:155
    2018/01/10
    13:47

    1A
    ベランダに花咲く ヒマワリ
    子どもの頃聞いた あの声

▲TOP