タグ一覧 > タグ『炎』の作品

  • 錚々と焔は詠いて 【コラボしました!】 5(ゐつ)さん 閲覧数:305
    2010/03/01
    15:50

    白衣の襞埋もれた指先は凍てつきし氷柱
    啜る声もしめやかに項垂れた花は列
     どれ程に穢しても 彼は遠い国で清いまま

  • ガーネット・リリィは恋敵 (ドキドキ☆恋のスクールバトル ) 千代ハムさん 閲覧数:205
    2015/03/23
    23:28

    a
    そうよ初めてリリィと 出会ったのは
    ヒマワリさえ干からびる

  • 悪堕ち~fallen eve (evil)~ りくりくりさん 閲覧数:179
    2016/07/29
    23:33

    A
    闇夜 もたれ掛かる吐息
    鈍い火照りをなぞる爪

  • 【コラボ用】華宴-hanautage- りくりくりさん 閲覧数:93
    2017/08/19
    18:42

    Aメロ
    桜華月浮かぶ盃
    掲げて交わせば

  • 華-炎上-[朱音イナリ] りくりくりさん 閲覧数:86
    2015/05/21
    22:53

    Aメロ
    あざとく 向かえた夕日の中を
    儚く 微笑む魅せられる範囲

  • 流星ロッカー -Wings of Bravery Passion- IOさん 閲覧数:72
    2015/10/17
    17:03

    Can you hear my voice?
    I sing a song of life with prides.
    You think how, and sympathize it or not?

  • 放火 虚構歯車 凪希さん 閲覧数:62
    2019/03/31
    13:35

    放火
    夢か現か それが問題だ 煙る街
    頬を抓って 空が滲み出す 痛かった

  • yukidoke りくりくりさん 閲覧数:60
    2016/02/03
    00:03

    Aメロ
    不幸せの灰の色
    また積もって溶けていくわ

  • 緋魔807 @NoeLさん 閲覧数:44
    2011/01/19
    03:32

    【1Aa】
    カーニバルの喧噪に
    街が溺れてる隙に

  • 不死鳥、宿す機体[鏡音リン] りくりくりさん 閲覧数:43
    2015/11/06
    17:09

    不死鳥、宿す機体×鏡音リン
    イントロ
    胎動 宇宙の摂理

  • 断罪の炎 夢藤さん 閲覧数:41
    2012/02/27
    01:16

    断罪の炎
    Lyrics : 夢藤
    Aメロ

  • 炎華夢想 へたれ羆さん 閲覧数:37
    2010/01/05
    19:10

    <メイン1>
    天まで昇れよ華麗なる息吹 私が在る意味をどの身が示す
    如何なるモノでも包み込んでは 刹那、塵へと還りゆく

  • 星の火花 りくりくりさん 閲覧数:34
    2017/05/17
    14:44

    A
    星が火花を散らして
    宵闇に砕け融けていく

  • 炎の歌 ラプラスさん 閲覧数:29
    2015/02/05
    08:57

                                                                                                 気付けば一億と時間が経っていた。                                                                            僕がかつて見ていた世界はすでに無く                                                                           そばには 炎だけが燃え上がっていた。                                                                          しかし この炎は生きている                                                                               僕は確信した。                                                                                     なぜなら 僕自身が炎だからだ。                                                                             この炎は かつての星で                                                                                 共に燃え続け                                                                                     赤い黄昏を闊歩した 永遠の友。                                                                             2つの炎は 世界を 宇宙を                                                                               すべてを知ることができた。                                                                               僕達は 人間の亡骸を優しく包み込み                                                                           慈しむことだってできた。                                                                                でも いくら優しく抱きしめても                                                                             悲しむ人間 傷付く人間だっていた。                                                                           だから 人間を守ることはもうやめた                                                                           その世界はすでに無くとも                                                                                2つの炎は 煌々と元の場所を見ていた                                                                          涙を流しながら。                                                                    

  • 蝋燭 フリースさん 閲覧数:7
    2018/04/02
    03:19

    神さま僕はいつ一人になれるの
    炎がまだ消えないんだ
    火を灯しても

▲TOP