タグ一覧 > タグ『鏡音リン・レン』の作品

  • 制作動画メモ(5/11) マスクA嬢さん 閲覧数:4,416
    2019/05/11
    22:51

    作らせていただいた動画です。
    素敵な曲ばかりなので是非。
    ☆New

  • 【恋は戦争鏡音リンレンver】こいは戦争 ょおさん 閲覧数:962
    2008/05/17
    23:07

    ほら 行き場の無い心奧(しんおう) こいの蛍光
    嗚呼・・・
    橙(だいだい)の雨 赤誠(せきせい)の眼差し 日差しを掬い

  • スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 最終話 ラグナロク enarinさん 閲覧数:634
    2010/03/02
    20:46

    <スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 最終話 ラグナロク>
    (前回末文より)
    メグロイドX:これが本当のファイナルバトルよ!!。絶対に勝つ!。

  • 【 臆病ライオン ~ライオンとPiano~ 】 cocotukiさん 閲覧数:632
    2008/07/25
    02:31

    【 臆病ライオン ~ライオンとPiano~ 】※決定稿
    A:臆病ライオン 草原で
     がうがうがう 吼えました

  • キミガスキ Fateさん 閲覧数:559
    2011/03/28
    08:02

    【キミガスキ】
    Lyric by Fate
    聞いて、私の可愛い

  • 小説 watery dream 5 四季さん 閲覧数:537
    2014/08/16
    08:52

     鏡音姉弟が喧嘩をしていた頃、ミクは朝から憂鬱だった。生理になったのだ。しかも自分の生理用品のストックを確認してみると、もう残り少ない。ルカに頼めばいくつか分けてもらえるだろうが、一週間分はさすがに申し訳ない。盗って来なければ。
     生理なんて来なければいいのに、とミクは常に思う。だが来なければ子供を産めない。だけど果たして自分が子供を産む日なんて来るのだろうか。誰の子供を……と考えた時にやはり一番最初に思い浮かぶのはカイトの顔だ。先生とならきっと幸せな家庭を築けるはずだとミクは思う。昔、自分が両親に愛されていたように、自分だって子供の事を愛するのだ。男の子と女の子一人ずつ欲しい。兄は妹の事をとても可愛がり、妹は優しい兄にきっとべったりになるはずだ。
     そんな「自分にもし家族が出来たら……」という妄想の世界からミクを現実に戻したのは、ルカのクールな声だった。

  • ボーカロイド達の慰安旅行(14)~ロシアンとクロスケ‐参【荒ぶる猫又師弟】~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:439
    2013/04/22
    01:51

     ―――――誰もが、己が目を、己が耳を疑っただろう。
     今の今まで、怒り狂っていながらも真面目な口調で、『吾輩』なんて時代がかった一人称を使っていた猫又が。
     子供のような笑みを浮かべながら、はっちゃけた喋り方になって、『俺』という一人称を使っている姿に、驚きを隠し得なかった。

  • スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第8話 スーパーボーカロイドファイターX(前編) enarinさん 閲覧数:439
    2010/03/02
    20:33

    <スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第8話 スーパーボーカロイドファイターX(前編)>
    ナスに割り箸が4本、足のように刺さっている足こぎ型の変な小型艇、翼付きロードローラー1台、足こぎ動力伝達型プロペラ機の3台が、宿の駐車場に駐車していた。1台目はルカから連絡を受けて、病院から早朝飛び立ったJIMとGAKU、2台目はやはりルカから連絡を受けたKNC本社から駆けつけたRINとLEN、最後はレオンから連絡を受けて、早朝、秘密基地を飛び立って昼にこの街に到着した、プリマ博士の乗り物だった。この3人は首を傾げながらも、集合場所の宿の談話室に向かった。
    (旅の宿『玉石混淆』内・談話室・昼)

  • 部室棟へ♪特別編 クリスマスマルシェ珍道中 enarinさん 閲覧数:428
    2010/12/22
    00:09

    <部室棟へ♪特別編 クリスマスマルシェ珍道中>
    ミキ:升太さ~ん、また私とテトちゃん、両方同伴のクリスマスなんですか?
    升太:? なんかおかしかったかな?

  • 小説 watery dream 17 四季さん 閲覧数:417
    2014/08/22
    00:18

     リンは白いベッドで眠っているレンの寝顔を見つめていた。レンの口には呼吸器があてがわれ、あの快活だった弟のぴくりとも動かない様子がリンは不安で仕方なかった。
     転んだ時に一緒にいたレンの友達によると、レンは何もないところで急にふわりと体が傾き、そのまま目の前にあった階段を転げ落ちていったらしい。つまりこれはただの偶然ではなく、やはり夢の代償なのだ。
     手を伸ばし、弟の左の頬に触れる。ほんの少し冷えていた。それから指でまつ毛を撫でる。指先に繊細な感触を感じる。

  • おいでませ! 木之子大学・部室棟へ♪ 第7話 刻を越えて enarinさん 閲覧数:389
    2010/03/02
    21:33

    <おいでませ! 木之子大学・部室棟へ♪ 第7話 刻を越えて>
    (木之子学園中等部・校舎玄関前)
    ミキを加えた一行は、高等部を後にして、道沿いに進み、木之子学園中等部の玄関前にたどり着いた。

  • おいでませ! 木之子大学・部室棟へ♪ 第6話 異変 enarinさん 閲覧数:376
    2010/03/02
    21:29

    <おいでませ! 木之子大学・部室棟へ♪ 第6話 異変>
    (301号部屋 アイドル“GUMI”のライブ会場前)
    升太:・・・・テト、これもメイコさんのノリと同じであると考えていいわけだな?。

  • スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第9話 スーパーボーカロイドファイターX(後編) enarinさん 閲覧数:371
    2010/03/02
    20:37

    <スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第9話 スーパーボーカロイドファイターX(後編)>
    (多目的闘技場・TVゲーム『スーパーボーカロイドファイターX』)
    髭のリングアナウンサー:それでは第6試合を始めます!。このRoundは外人さん対決です!。1プレイヤーはJIMさん!!、2プレイヤーはローラさん!!。

  • ボーカロイド達の慰安旅行 Ⅶ~猫又の推理~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:370
    2013/03/13
    19:07

     「ねぇ、ルカ姉……さっき松田警視に言ったことって……。」
     ホテルのエレベーターで降りて行く時、ミクがルカに尋ねた。
     「……分かってる様ね。……和也君が心の声で言い残したのよ。『がくぽの様な人を見た』って……。」

  • ボーカロイド達の慰安旅行(11)~決戦!!『黒猫組』~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:365
    2013/04/13
    00:32

     天空塔。八又町で最も高い建物で、日本で二番目に大きな電波塔でもある。謎の地下室が存在すると噂されたこともあるが、その真相は謎に包まれており―――――
     「……その謎の地下室が、『黒猫組』のアジトってわけ……か。」
     『そういうことだな。さて……。』

  • 【曲募集終了】 今時妖百鬼夜行 ヤヅキさん 閲覧数:365
    2010/07/25
    20:43

     鳥居右手に 一つ目の角
     お手々を上げて 左に曲がり
     二つ目にある 交差点から

  • Dear My Friends! ルカの受難 第10話 ソニカvsシユ enarinさん 閲覧数:353
    2011/12/04
    21:32

    <Dear My Friends! ルカの受難 第10話 ソニカvsシユ>
    (アフス城内・開発武器試験場・バトルアリーナ)
     対戦試合関係の全員がアフス城内にある、“開発武器試験場”、通称“バトルアリーナ”に移動した。その外観は、まさに“闘技場”だった。

  • おいでませ! 木之子大学・部室棟へ♪ 最終話 クリスマスプレゼント enarinさん 閲覧数:351
    2010/03/02
    21:41

    (前回、末文より)
    テト:ここだけを一時的に“冥界にある異世界”にしたわ。現世の人間は、現世にある部屋を通り抜けられる。
    升太:ま、待ってくれ!、その先は言わないでくれ!。

  • ボーカロイド達の慰安旅行 Ⅲ~外界の現実~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:347
    2013/03/05
    20:56

     「ぅうわあああああ~~~~!!!はっや~~~~~~い!!」
     「え~ミク姉より遅いよ?」
     「気分崩す様なこと言わないのーリン―!!」

  • サンタ・ミクロースのクリスマス奮闘記 enarinさん 閲覧数:298
    2009/12/21
    16:15

    <サンタ・ミクロースのクリスマス奮闘記>
    (12月24日 午後5時 サンタの国)
    ニコライ(サンタ・クロース):ミクロースや、すまんが今年のクリスマスプレゼント配り、頼まれてくれんかのぉ、いたた。

  • 仔猫と竜とEXTEND!! Ⅵ~戦争ガール・グミの悲しみ~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:295
    2013/06/10
    23:52

    「もともとあたしたちは、5人で一組の戦隊になる予定だったのよ。」
    淹れた茶を飲みながら、グミはそう切り出した。
    「5人……というと、がくぽ、リリィ、いろは、リュウトに―――――」

  • おいでませ! 木之子大学・部室棟へ♪ 第8話 20年越しの新歓コンサート enarinさん 閲覧数:294
    2010/03/02
    21:35

    <おいでませ! 木之子大学・部室棟へ♪ 第8話 20年越しの新歓コンサート>
    (木之子学園内・記念大講堂・放送室)
    引きずられてきた升太を含めた一同は、先頭のめぐみが案内係になり、学園祭のライブ等、多目的に使われる“記念大講堂”の放送室に到着した。

  • スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第10話 邪悪の集合体 enarinさん 閲覧数:285
    2010/03/02
    20:40

    <スーパーヒーロー大集合! GUMIの大冒険! 第10話 邪悪の集合体>
    (前回末文より)
    (秘密基地・御前の間・夕方)

  • 仔猫と竜とEXTEND!! Ⅳ~殲滅の音波竜・リュウト!!~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:274
    2013/06/01
    16:48

    『ヴヴォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!』
    猛り狂うように咆哮を上げる、巨大なドラゴン。
    変化の瞬間に飛び乗ったのか、いろははドラゴンの右肩で鬣にしがみついていた。

  • 【ミク誕】Birthday Live!! 【あっとほーむ】かなりあ荘【物書き発祥の地?】 閲覧数:271
    2013/08/31
    17:17

    ―――――私が今でも夢に見る光景がある。
    あれは確か―――――初音ミク5周年のころの光景。
    丁度ボーカロイドが表の世界にも認められ始めたころだった。

  • ボーカロイド達の慰安旅行 Ⅷ~ルカ、大爆発!!~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:265
    2013/03/14
    23:05

     《ピリリリリリリリリリ!!》
     突然着信音が鳴り、ルカがポケットから携帯を取り出した。
     「あ……ドンキーからだ。」

  • 仔猫と竜とEXTEND!! Ⅲ~いろはの猛攻~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:260
    2013/05/25
    21:54

    「シャアアアアアアッ!!!」
    突然鋭い声とともに、一つの影が木の中から飛び出した。
    「なっ、何!?」

  • 小説 watery dream 2 四季さん 閲覧数:259
    2014/08/15
    18:39

     初音ミクは小学生の頃鏡音姉弟の家の近所に住んでいて、姉弟より一つ年上の、品行方正で成績優秀、そして外を歩けば誰もが振り向く美少女だった。だいたいの男子達はミクに憧れを抱き、もちろんレンだってその内の一人だった。小学校の集団登校で同じ班になり、ミクの隣を陣取っては「ミクちゃんミクちゃん」と話しかけていた。リンは弟が美人の上級生になつく事が少々面白くなく、ミクの粗を探そうも決して見つからなかった。誰にでも優しい非の打ちどころのない美少女。美しく長い髪は二つに分けて結い、手足はすらりと長く、華奢で色白。顔のパーツはどこをとっても美しかった。長いまつ毛に覆われた大きな目、ツンとした小ぶりな鼻に、形のいい薄桃色の唇。頭よし、顔よし、性格よし。しかも家庭が裕福で育ちもよかった。
     ミクの誕生日会に姉弟は呼ばれて行った事がある。姉弟以外にもたくさんの子供達が集まっていて、ミクを真ん中にして座り、みんなでお寿司やケーキをごちそうになった。ミクは友達たちからたくさんのプレゼントを受け取り、「ありがとう」と一人一人丁寧にお礼を言っていた。
     レンはミクに手をきゅっと握られ、その小鳥のさえずるような愛らしい声でお礼を言われて、耳を赤くして照れていた。何よへらへらしちゃって、とリンは心の中で毒づいたがミクにレンと同じ事をされ、不覚にもそのミクの笑顔と声に口元を緩めてしまったのだった。

  • ボーカロイド達の慰安旅行(15)~ロシアンとクロスケ‐肆【決着の時】~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:250
    2013/04/30
    17:17

     ―――――素晴らしい。血沸き肉躍るようだ。
     戦いこそは俺を生かす最大の糧。このあふれる力を試せる本気の戦いこそ、俺が求めていたものだ。
     ルカたちに―――――平和を好むあいつらに嫌われたくないなんて、俺らしくない感情を抱いたが故に、ずっと封じてきたが、やはり俺は戦いの中に身を置かなきゃな。

  • 仔猫と竜とEXTEND!! ⑪~激突!!VOCALOID軍団⑤念音と超拡張 Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:248
    2013/12/01
    18:09

    『オオオオオオオオオオオオオオオオオっ!!!!!!!!』
    力強く鮮やかなミクとルカの咆哮が響き渡っている。
    そのうち、徐々にルカの体から発せられる光が収束していった。

  • 小説 watery dream 18 四季さん 閲覧数:247
    2014/08/23
    00:54

     ミクが病室をふらふらと出ていった後、リンは再び椅子に腰を下ろし、ベッドで眠っているレンに視線を落とした。酸素マスクを着けられ、呼吸だけは規則正しくしている弟を、哀れみを込めて見つめる。
     髪を撫でたり、手を握ってみたり、数分もの間そうしていたけれど、相変わらずレンは左目を固く閉ざしたままだった。このまま一生目を覚まさないという事もあるのだろうか、と不吉な予感が頭をよぎる。
     あんな奴のためにどうしてこの子が……ともう何度ついたか分からない悪態を心の中でつく。

  • 家族の消失 ―番外編― juneさん 閲覧数:246
    2012/04/04
    13:16

    ―番外編―過去
     
     

  • ボーカロイド達の慰安旅行 Ⅳ~巡音流歌警部補は休まない~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:244
    2013/03/06
    21:35

    「先程は失礼なことを言って申し訳ありません……申し遅れました、私は富岡初美と申します。この子は息子の和也です。」
     「はじめまして、巡音ルカです。こっちは家族の初音ミクに鏡音リン・レン、それにメイコと(バ)カイトさんです。」
     「ルカちゃん!?今こっそりバカイトって言わなかった!?」

  • ボーカロイド達の慰安旅行(13)~ロシアンとクロスケ‐弐【ロシアン・過剰疾走(オーバードライブ)!!】~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:239
    2013/04/17
    22:31

     『懐かしいっすねぇ……かれこれ300年ですかい!?兄貴!!』
     『く……クロスケ……!?お前、本当にクロスケなのか……!?』
     ロシアンに親しげに話しかける黒猫又と、混乱しているロシアン。その様子を見て混乱しているルカは、恐る恐るロシアンに話しかけた。

  • ボーカロイド達の慰安旅行 Ⅴ~事件……発生!!~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:238
    2013/03/09
    21:55

     「わああああああ……!!海だ……本物の海だぁあああああ!!」
     白と緑のボーダーのビキニに着替えたミクが、拡がる大海原を前にして歓喜の声を上げている。
     そのまま叫びながら海に向かって駆けていくミクとは対照的に、リンとレンは若干表情が暗めだ。

  • ボーカロイド達の慰安旅行 Ⅱ~一カ月の休暇~ Turndog~ターンドッグ~さん 閲覧数:232
    2013/03/03
    19:40

     「ええっ!?きゅ…休暇!?」
     ルカの驚愕の声から、『それ』は始まった。
     目の前に座るヴォカロ町警察署捜査一課課長―――橋本喬太郎は笑ってうなずいた。

  • 【カイト誕】完全で瀟洒な雑用係【ヴォカロ町の脇役】 【あっとほーむ】かなりあ荘【物書き発祥の地?】 閲覧数:231
    2014/02/19
    16:40

    世界には、主役と脇役がいる。
    主役がいなければ物語は始まらず、脇役がいなければ物語は色付かない。
    だが主役と脇役は別にあらず。視点を変えれば主役と脇役は表裏一体。

  • 【鏡音リンレン】クロスゲーム【オリジナルリミックス】 syoさん 閲覧数:220
    2012/11/22
    07:14

    Ready? 1 2 3 4!
    リスク? スリル? ただのスパイス!
    ひとつきりの色を目指し

  • 「異国の双子ハ夢ヲ見ル」 いづみともこさん 閲覧数:211
    2008/05/11
    03:05

    生き別れた存在を
    教会で眠りながら信じていた
    楽園があるはずだと

  • 淡-あわ- ょおさん 閲覧数:208
    2008/04/10
    19:20

    月が道を照らす
    君を乗せたオンボロ自転車
    僕は前だけを見てこぎ出した

▲TOP