enarinさん

更新は相変わらずゆっくり目ですが、安定してきました。

秘密結社・きのこ研究所 第2話「報告会だよ! きのこ研究所(後編)」の巻 > ブクマでつながった作品

秘密結社・きのこ研究所 第2話「報告会だよ! きのこ研究所(後編)」の巻

第2話「報告会だよ! きのこ研究所(後編)」の巻

(秘密結社・きのこ研究所 本部 大会議室)

ワイワイ ガヤガヤ

リン:はぁ~~やだな~~報告するの・・。この内容、もう本部知っているんだから、北海道支部のウチはパスでいいじゃん!、つるし上げだよ、これじゃ!
???:あれ?、これはまた、大きなため息を。
リン:うぇ?・・ゲ!、横濱支部のミリアム!
ミリアム:”ミリアム所長”って言ってよね、もう。あ、”成績トップの”を頭に付けてよね。
リン:・・・はい(相変わらずイヤミなヤツ・・・)
ミリアム:?、あれ、今日のお付き、侍の方なの?
がくぽチーフ:”神威がくぽ主任研究員”です。プリマ女医でなくて、残念ですか?
ミリアム:あ、いやいや、どちらも頼れる右腕で良かったですねー(くっ!、チーフの分際で)
がくぽチーフ:リン所長、そろそろ報告会が始まりますので、ご準備を
リン:え?、あ、うん。

1分後、会場が静かになり、会議室が暗転した
そして前面の液晶パネルの前の床下から、光りながら誰かがせり上がってくる!

???:マシュルムンの諸君!
会場全員:イー!、我が偉大なる「マフラー総帥」万歳!
リン:(あぅぅ、毎度のことだけど、これはやめて欲しいなぁ・・)

せり上がりが止まり、社長椅子に座ったマフラー総帥がライトアップされる

マフラー総帥:遠いところ、よく本部へ来てくれた! 感謝するぞぉぉぉ!
リン:(近場なのにたっぷり6時間かかったよ!、ウチの社用車、ロードローラーだからな!)

マフラー総帥:さて、今回集まって貰ったのは他でもない。恒例の研究報告会である!
会場全員:ありがたき幸せであります! マフラー総帥!!
リン:(はぁ~、はーやくおわんねーかなー)

マフラー総帥:それではここからは表向きの顔である、いつもの「きのこ研究所 定例報告会」モードに移動する!。アカイト!

アカイトがボタンを押すと、怪しい会場だったのが、普通の企業の報告会会場に変わり、マフラー総帥の姿がスーツ姿のおじさんに変わった

KAITO社長:じゃ、これから報告会を始めるね、ヨロシクね
リン:(相変わらず、このおっさんは・・・・変身するの、速すぎるっちゅーの!)

(低いミクの声):こうして、定例報告会が、フツーに始まった。本部の差し金なのかミリアムの口利きなのか、リンの北海道支部は、何故か最後だった。

・・・

(低いミクの声):1支部20分程度だったので報告は円滑に進んだ。今回はこれと言って目立った報告はなく、前月の研究の経過報告がほとんどだった。KAITO社長も聴いてはいるもののヒマそうで、質疑応答もテキトーだった。

(低いミクの声):そして、ラス2の順番で、ミリアム所長の横濱支部の番が来た。

アカイト:それでは、横濱支部のミリアム君、報告をお願いします。
ミリアム:はい!。それでは、皆さ~ん、前の大型パネルにご注目くださーい!

会場のカーテンが閉まって、前の大型液晶パネルに何かの映像が映った。どうやらキノコらしい

ミリアム:いつもの事ですが、扱っている物が菌体なので、取り決め通り、映像報告だけになりますので、ご了承くださいませ!。

ミリアムが両手をかざすと、何故かパネルがライトアップされた

ミリアム:結論から先に申します!、これは当研究所が初めて開発に成功した、新型きのこ”饒舌ハッキリ君Type-1”で御座います!

会場:おお!
リン:な、なにー!

ミリアム:このキノコはなんと!、1個食べるだけで、改造した怪人の饒舌能力を大幅に上げることができ、歌唱光線の威力を上げるだけでなく、人間モードに変わった際の潜入捜査時に必要な”おしゃべり”の能力まで向上させる画期的なものなのです!。

会場:おおお!
KAITO社長:むむ!、これは!!

リン:くっ!!!、こっちの事を本部から聞き出してウチを最後に廻しただけでなく、これがあるから自分の所をラス2にしやがったな~、卑怯だぞ!!
ミリアム:リン所長、発表の途中です。質疑応答は後にしてくれませんか?
リン:ぅぅぅわかりました

ミリアム:さらに!、このキノコは当たり前の機能ですが、通常隊員が食した場合、食育機能が働き、1個で約半日分の栄養をとることが出来る、画期的なキノコでもあります!!

会場:おおお!
KAITO社長:むむむ!、はやく説明をしてくれないか!。アカイト、ここの時間は3倍に変更してくれ!

リン:ううう、こんな事まで先読みしていたのか。これじゃ、最後のうちらはカンペキに、嫌われ者のさらし者だ・・・
ミリアム:さぁ?、なんの話でしょうか?

(低いミクの声):その後、たっぷり1時間、熱気あふれる研究発表と活発な質疑応答が交わされ、KAITO社長もかなり満足げだった。

そして、ようやくミリアムの報告が終わり、司会のアカイトが報告会スケジュールに目を移した。

アカイト:えー、次は、北海道支部のリン所長、報告をお願いします。
リン:は、はい・・・

リンがいやいやで恥ずかしそうに顔を赤らめながら書類を開いた。他の所長のコソコソ声が聞こえる

誰か:あー、あの支部の。なんだよ最後でつまんねーの用意しやがって
誰か:あ、でも、噂では本部の病院へ何人か送ったらしいから、面白そうじゃないか、いろんな意味で

リン:(っっっもう泣きたい!)

リンは半分涙目だった。

???:(よし、頃合いだ!)
ポチッ

ここで突然液晶モニターに背景と人物が映し出された!。

???:皆さん、突然こちらに回線を繋いですみません、北海道支部の女医のプリマです。

リン:!!!

ミリアム:これはこれは、プリマ嬢、いつ見てもお美しい。
プリマ:うちの所の発表内容の差し替えが間に合わなかったので、こちらの緊急回線を使わせていただきました!
ミリアム:無視かよ・・・・・・

KAITO社長:これはこれはプリマちゃん、いつも可愛いね~。どう、本部専属の執刀医の話、考えてくれた?。改造やり放題だよ?
プリマ:考えていません。
KAITO社長:相変わらず、つれないのー。でも、そこに痺れる、憧れるぅぅぅ!!!。プリマちゃーん!

プリマ:リン所長すみませんでした。1時間前に、ある研究チームのスタッフが医務室に駆け込んできて、”大発見だ!”、って騒ぎ立てるもので。
リン:あ、あの二人は?。こういう緊急時には、あの副所長二人に連絡してから私に報告するはずよ
プリマ:スタッフの話では、不在だったそうです。なんか机の上に”名物ラーメン100選”って本が開いておいてあったので、たぶん、ラーメン横町の方へ行かれたのだと思います。

リン:(WRYYYYYYYN!、あんの二人、帰ったらシめる!!!!)で、仕方なくあなたが?
プリマ:はい。一応研究室出ですので。そこのスタッフの説明とラボノートと成果品を拝見させて頂きました。1時間かかりましたがわかりました。確かに大発見です。報告書の説明は、私がこちらからの映像を使って行いますので、所長はすみませんがご着席になってお聞き下さい。
がくぽチーフ:所長、ご着席下さいませ
リン:う、うん。

リンはまだ動揺していたが、とりあえず椅子に座った。

KAITO社長:では、報告モードにするので、プリマちゃん、厳しい事もいっちゃうよ、ごめんね。
プリマ:望むところです。

こうして、プリマ女医の説明が始まった。

(字数制限のため、前バージョンに続く)

オリジナル作品である、「秘密結社・きのこ研究所!第1話”報告会だよ! きのこ研究所(前編)”」の続きである、第2話(後編)を作りました。話は続き物なので、

第1話:http://piapro.jp/content/7cofawctvokdxk3z

も合わせてご覧下さいませ。

☆プリマ女医さんが人気あったので、今回大活躍してもらいました。”うふふふ”の所ではウィンクしている設定です。

☆話によって、別のタイトルを付けている関係から、1作品にはまとめておりませんのでご了承くださいませ。

☆1つ6000文字制限があり、今回全文文字数が越えてしまったので、良いところで切って、後半を前バにしておきました。

以降、字数を超えた場合、前バージョンを使った分割掲載を使用させて頂きます。

☆今回で報告会編は終わりです。次回から新章突入です。

ではでは

投稿日時 : 2010/03/02 16:52    投稿者 :enarin

ヘルプブクマでつながった作品とは?
▲TOP