聖ナナの素人だからわかる作詞講座~第4回~ > ブクマでつながった作品

聖ナナの素人だからわかる作詞講座~第4回~

仕事がお休みの日ってやけにテンションあがりませんか?聖ナナです。お休みだからと言って1日中部屋でゴロゴロしてませんか?それってすごく勿体ないですよ。さぁ、今日も作詞活動頑張りましょう!・・・って自分に言い聞かせてます(爆)。

さて、第3回目から内容が本格的になっている「素人だからわかる作詞講座」ですが、今回のテーマは・・・



「作品の結果は90%タイトルで決まる!(断言)」


でお送りします。タイトルは作品の「顔」。就職活動でいう「第一印象」です。就職活動では一般的にはリクルートスーツが主流です。これが1番清楚で無難な恰好だからです。しかし作詞のタイトルはそうはいかないんです。ズバリ個性がものを言います。AKB48のプロデューサーで作詞家の秋元康さんの作った歌詞に、「アニメじゃない」という作品があります。この作品は1986年に「機動戦士ガンダムZZ(ダブルゼータ)」というアニメソングのOPテーマでした。アニメなのに「アニメじゃない」・・・この歌詞聞いたときの衝撃は今でも忘れられません。最初ナメてるのか?って子供ながらに感じましたから。しかし、そう思わせることで、まず最初の関門は突破です。インパクト大ですから。それに悔しいかな、今でもカラオケとかで歌われています。このように「タイトルはなるべく派手なほうがいい」んです。では実際にタイトルを付けてみましょうか。


今回は・・・「恋人」をテーマにしてみましょう。まず浮かんでくるのは「恋人」。シンプルですよね。でもこれだけだと作品が山のようにありますから、別の言葉を付けて範囲を広げていきましょう。


「私の恋人」・「あなたは恋人」・「二次元の恋人」・「3番目の恋人」・「南国から来た恋人」・「恋人でいさせて」・「犬と恋人」・「背中合わせの恋人」・「30cm差の恋人」・「明日から恋人」・「恋人から友達へ」・「恋人!?」・「クリスマスの恋人」・「パチンコと恋人」・「読書好きな恋人」・「もう一人の恋人」・「恋人の表と裏」・「恋人宣言」・「・・・恋人だったの?」・「酒豪の恋人」・「ありふれた恋人」・「きっと、恋人」・「変人と恋人」・「さよなら、恋人」・「秋色の恋人」・「恋人になりたい」・「恋人のお気に入り」・「恋人の条件」・「恋人になる瞬間」・「KISSから始まる恋人」・「恋人は甘えん坊」・「喧嘩の後の恋人」・「冷たい恋人」・「お父さんと恋人」・「大事な恋人」・「空想の恋人」・「夢みる恋人」・「どきどきの恋人」・「Fカップの恋人」・「400円の恋人」・「引きこもり中の恋人」


15分でこれだけ出ました。中にはあれ?これってある曲のパクリじゃない?というのもありますが・・・


「タイトルに著作権は基本ありません!」


なので、作品が出来るかどうかを抜きにして「タイトル」だけでも作る練習をしておけばいいと思います。あと、「恋人」を「koibito」とローマ字表記したり、「The Lovers」と英語表記したりするのもいいと思います。お洒落な作品にはイタリア語とかフランス語、ドイツ語やロシア語なんかも使われていますし、最近はKーPOPブームで韓国語で書く強者までいます。「恋人」という表記でここまで広がるのですから、他の言葉でも色々出来るでしょう。いいタイトルが決まればキープしておいて、作品と組み合わせていけばいいのです。歌詞作りに行き詰った時なんかにやってみるといいですよ。
あと、映画のタイトルや雑誌のキャッチコピーをもじったりしてタイトルをつけたり、歌詞のサビを使ったりするケースもあります。これも、タイトルを付けるときに効果的です。ただ、作品とタイトルは必ずしも同じでなくてもいいので(ストーリーに反していない限り)併せてやってみてもいいと思います。


というわけでタイトルが重要だということは、ご理解していただけたかと思います。次回は・・・


「自分年表を作ってみよう!」

で、書いていこうと思います。
ではまた次回!
^^ノ

今回は「タイトルの付け方」です。

頭の体操にもなりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

投稿日時 : 2012/02/17 19:17    投稿者 :Sound’s Palette

ヘルプブクマでつながった作品とは?

聖ナナの素人だからわかる作詞講座~延長戦~

聖ナナです。「素人だからわかる作詞講座」を読んでいただきありがとうございます。今回は延長戦と題して「作詞家のための作曲講座」を書きたいと思います。作詞家さんも作曲の基礎知識があると便利ですので、是非覚えてくださいね。では始めましょう。
「歌詞」と「自由詩」の大きな違いは「メロディがつくかどうか?」です。歌詞には当然メロディが付きます。これは第1回の作詞講座で話した「字脚」と大きく関連しています。
さて曲を分けてみるといくつかの「フレーズ」になります。このフレーズにメロディが乗っかります。よく「Aメロ」「Bメロ」「サビ」とか書いてますよね。それです。なお「A’」は「Aメロに似たメロディ」という意味です。また1番・2番のことを「ワンコーラス」・「ツーコーラス」といい、2番の後からサビを繰り返す構成を「ツーハーフ」といいます。なお、組み合わせは自由です。ただ「サビ」という言葉はあまり使わないのが音楽業界の暗黙の了解です。理由は歌詞先行の場合、基本的に、歌詞がブロックごとに分かれているので、サビとかわざわざ書かなくても理解出来るんです。逆に固執してしまう可能性があります。サビがAメロになる可能性だってありますからね。では実際に歌詞でみてみましょうか。今回は「マリアージュ~幸せな君へ~」でやってみましょう。
空の青が映える高原の小さな教会で
ヴァージンロードを歩いてく姿を横から見ている

素人だからわかるハメコミ講座

初めまして!作曲家の卵として奮闘中の「かわち」と申します。聖ナナのシモベという噂もありますが(爆)、今回は作曲家という立場から、作詞家さんの卵のみなさんにアドバイスが出来ればと思います。題して「かわちの素人だからわかるハメコミ講座」です。それでは、元気よくいってみよ~~~~!!
ピアプロさんに在籍している作詞家さんの卵の9割以上がポップスやロック、ダンス系、最近はやりのミュージカル風(サウンドホライズンみたいな)の歌詞を好んで書く方です。また作曲家で歌詞を募集している人の97%も同じです。つまり曲に歌詞をパズルのようにハメコミしていく作業が必要になってきます。
メロディをまずは耳から身体から覚えて下さい。そして歌えるくらいにまで覚えて下さい。この作業がハメコミ作詞の基盤になるのでしっかりやってくださいね。「そんな余裕ないよ!」って言っているそこのアナタ!何もパソコンに向かって真剣になって覚えることはないんです。最近流行っている、某、石川遼選手でおなじみのスピードラーニングみたいな感じでも音楽は聞き取れます。それに、ピアプロのプレーヤーはリピート機能がありますから音楽を流してるだけでもOKです。ほら、カラオケとかで友達が歌っているのを聴いているうちに覚えちゃったってことありません?それなんです。それが出来てこそハメコミ作詞がしやすくなるんです。そして無意識のうちにメロディを口ずさむようになったら作詞を始めてください。
何故、こう、口を酸っぱくしてまで言ったのか?それは、ハメコミ作詞の最大の特徴であり、最大の恐怖でもあるのですが、「メロディにどんな言葉を入れてみてもメロディに乗ってしまうこと」。それで良い歌詞だと錯覚してしまう罠が待っています。簡単に出来る作業だからこそ細心の注意を払ってほしいのです。
では、ハメコミ作詞の本格的な作業に入りますね。まずハメコミはどこからでも構いません。ビビビときたところから歌詞を埋めていって最終的に1つの曲を作ってください。一通り出来たら次は推敲(添削)です。これは聖ナナが「第9回の作詞講座」で書いているので割愛させていただきます。ただ、ここでのポイントは、歌詞だけを1度曲無しで見直すこと。そうしたときに、意味がおかしかったり、字脚が曖昧だったりする所が出てくることがあります。より良い言葉に変えて歌詞をパワーアップさせてください。

▲TOP