オレアリアさん

 初めての方は初めまして、オレアリアと言います! 最近、さりげなく名前変えました(笑)

「VOCALOID HEARTS」~第1話・目覚めの朝食~ > ブクマでつながった作品

「VOCALOID HEARTS」~第1話・目覚めの朝食~

「あっつ!!」


 何がって? 気温? それとも日光?
いやいや、桃音モモが目玉焼きを焦げさせたか、スクランブルエッグに変えてしまった合図である。しかし、一体どうやったらそうなるんだろうか。

 ともかく、そんな出来事が東京の路地の一角に居を構える「MART」というところで起こった。

 通称「アンドロイド支援組織」と呼ばれる組織の本部である。ここのメンバーは総長のカイトを筆頭に、鏡音レン、桃音モモ、天音ルナ、メイコの5人。

 21世紀初めの頃、感情を持つ高度な思考判断能力を持ったロボット「アンドロイド」が誕生してから、長い歳月が過ぎた。人間たちにとって、今や当たり前の存在となり、ありとあらゆる場所でその姿を見るようになった。その中で歌を生業とするアンドロイドたちは「ボーカロイド」と呼ばれるようにもなった。

 時は人間とアンドロイドの共生社会。物語は、この瞬間から始まる。


「あぁ、今日も無惨な姿になった卵を食パンの上へ乗せることになるのか…」

「すみません、またやっちゃいました…アハハハハ…」

「まったく、このままだとみんなの胃袋がモモの失敗料理で潰されてしまうな」

「またやってしまいましたのね。モモ、もっと精進なさい」


 他のメンバーたちが次々と起きてくる。というのも、モモのでかい失敗コールはMARTの目覚まし代わりにもなっているのである。


「おはようございます!」

「おはよう、レン君」

「みんな揃ったか?よし、それじゃ自分の席に着いてくれ」


 MARTの朝食は、7時半から始まる。モモが早朝から頑張って作ってくれた、やや焦げたスクランブルエッグを乗せた食パンが並べられている。でもどういうわけか、添えられているコーンスープは、やたらコクがあって美味しい。

 ドリンクにはカイトがアイスコーヒー、レンがバナナジュースといった感じだ。しかし、流石のお酒好きなメイコでも朝から飲んだりはしない。


「…さて、今日は何の日か分かるかレン君?」

「はい、新しいMARTのメンバー歓迎会をする日です!」

「そうだ。みんな忘れちゃいないだろうな?」

「当たり前でしょ。これから一緒に生活する仲間が来る日なんだから」

「私も、またMARTの一員が増えるのは嬉しい限りですわ」

(どんな子なんだろうなぁ…ウフフフフ……)

「よし、開催の時間までに間に合うように、急いで歓迎会の準備をしないとな。朝食を食べ終わったら、それぞれの分担に移ってくれ。ではいただこうか、合掌!」

「いただきます!」


 MARTはアンドロイドの支援を主な仕事にしているのだが、年々アンドロイドを所有・管理する主人(マスター)による主権放棄や、アンドロイド・バイオレンスなどの社会問題が急激に増えつつある。

 これらは俗に、この世界では¨アンドロイド問題¨と呼ばれているのだが、それによる心身共に被害を受けたアンドロイドたちは数知れない。MARTへの相談依頼も増え続ける傾向にある。

 この状況で、流石にMARTを5人でカバーするのには少々無理が出てきた。それでカイトの判断により、メンバーを1人増やすことにしたのである。今日、MARTに新しいメンバーが来る。全員はそれを心待ちにしながら朝食を食べ終えると、それぞれの役目に取りかかっていった。


「レン君、歓迎会の食材を買いにいきましょう」

「はい!」


「今日は確か9日だから…ネギの特売日ね!」

「もしかして、ネギ料理をするんですか?」

「そうね、ネギ炒めかネギスープかネギトロかネギオムレツか…」

「ネ、ネギのフルコースだけは勘弁してください…」


 そう言ってふっと笑ったレンだったが、数年前に行方不明になった姉の初音ミクが無類のネギ好きだったから、なかなか素直に笑えない。彼女の消息をMARTで探しているが、今のところ何も手掛かりは掴めていないのだ。

 2人は歓迎会の食材を調達するため、行きつけの都内のスーパーに向かった。


「今日は一段とすごい混みようね。どこから回ろうかしら…」

「メイコさん、僕バナナが欲しいです!」

「それなら、デザートにバナナを使いましょうか」

「やった!」


 フィリピン産のバナナ一房67円。かなりの安さだった。バナナが好物のレンにはとても嬉しい値段だった。次のコーナーに移ろうとした時、2人は顔見知りの女性と出会った。


「あ、イブキさん今日は!」

「あらレン君、偶然ね! 今日はメイコさんと買い物?」

「イブキちゃんじゃない」

「あっ、今日はメイコさん! それにしても、その大量のネギはどうしたんですか…?」

「これ? 今日は9日だからネギの特売日なのよ。それに今晩、ウチで歓迎会があるから、その食材探しにきたの」

「歓迎会ということは…MARTさんに新しい方が来られるんですね!」
「そうなのよ」


 雷歌イブキ。
 MARTの近所にある稲妻神社の神主アンドロイドである。ちなみに、兄のヒビキがいる。この兄妹は本当に仲が良いのだが、もうどう見ても兄妹じゃなくて完全なリア充で…周りからは呆られているほどである。


「おっと、皆さんで立ち話ですか?」

「お兄ちゃん! どこに行ってたの!?」

「ちょっと他に買ってくる物があったんだ、ごめんよ。いやいやメイコさん、今日も変わらずお綺麗ですね」

「あら、ヒビキ君のお世辞なんて嬉しいわ。そういうヒビキ君も、相変わらず素敵なイケメンね」

「ははっ、恐縮です。レン、お前ちゃんと頑張ってるか? 手伝いもしっかりしてるか?」

「もちろん!」

「いい返事だ。いつの間にか、立派な男らしくなってきたな」

「MARTも仕事が多くなってきたし、僕もメンバーの一員だから頑張らないとね」

「そうか、期待してるぞ」


 兄弟のいないレンにとって、カイトとヒビキは本当のお兄さんのような存在だった。それで優しく頼りがいのある兄がいるイブキがとても羨ましかった。


「メイコさん、今夜MARTで歓迎会があるんですよね?」

「ええ、もし良かったら雷歌兄妹も来てくれる?」

「ありがたいお誘いですね。それなら、稲妻神社伝統の雷神鍋とお神酒を持って行きますよ!」

「気が利くわね~! 楽しみにしてるわ! こっちも色々と用意してるから、ゆっくり楽しんでいって」

「それなら早く帰って、こしらえておかないと。では俺たちは神社に戻ります。イブキ、行くぞ」

「うん、メイコさんまた後で! レン君、バイバイ!」

「は、はい! さよならイブキさん!」

「ふふん、なるほどね…」


 本日のお買い上げ、総額5031円。買い物袋の中には、大量のネギが入っていた。


皆さん、今晩は!
前回の更新からかなり時間が経ってしまいましたが、今回は「VOCALOID HEARTS」第1話を投稿させていただきました。

ピアプロの投稿は初めてになるのですが、皆さんの素晴らしい創作作品がたくさんある中で、内心少し心細い気持ちがありました。

しかし前回の投稿では初めてのメッセージをいただいて、本当に嬉しかったです。

次回はMART歓迎会のストーリーの第2話・黄昏色の楽器に続きます!

※訂正
前回の投稿で、誤字・脱字、登場人物紹介の欠落がありました。

投稿日時 : 2013/08/15 21:31    投稿者 :オレアリア

ヘルプブクマでつながった作品とは?

「VOCALOID HEARTS」~第28話・東奔西走する記者~

(…どうしたもんかなぁ)
 家族どうしで職業が違うってのは、別に珍しくとも何ともない。だけど俺は無名の新聞記者、妹は世間で話題のアイドル。こうも差があると、何だか自分が平凡で惨めに感じられる。
 俺は今、リニアに乗って博多から東京に戻っている。この乗り物は、まるで疾風のような速さで走っている。到着に2時間もかからないのに、車内はまったくと言っていいほど揺れていない。これだけすごいと、鈍行列車のような揺られながら移動している感じが、恋しくなるんじゃないか。
 時刻は朝方。博多で妹の喜びそうな土産も買ってやったし、後は最後の取材を終わらせるだけだ。その取材先は、東京の都心に本部があるという「MART」。最近メディアに取り上げられることの多い、アンドロイドの支援団体だ。自分は直接関わったことはないが、妹もMARTに一時期世話になったことがあったらしい。そんなわけで俺も新聞社も、この「MART」という組織に興味が沸いていた。よくないウワサも、一部では流れているようだが…
¨今日も、JTC高速鉄道を御利用いただきまして、誠にありがとうございます。間もなく東京、東京に到着いたします。お降りの際には…¨

オレアリアさん

オレアリアさん

2014/08/28 13:24

「VOCALOID HEARTS」~第29話・電撃無双~

 もしも亞北ネルという女が、世界のモデル界を魅了するプロポーション抜群の超絶金髪美少女アンドロイドアイドル、なんて存在だったら、どれだけ良かったか…想像していたら、アホらしくなってくる。
 そんな妄想じみたことを考える私は、毎日のように街の警備や要人警護とかの仕事をしている。でも、それは普通の警察活動を行う組織とは少し違って、一都市の軍事防衛を兼ねた「軍警察」とでも言えるか。この軍警察は、通称「AMP」と呼ばれているんだけど、東京の湾内にある大きなアンドロイドの居住区っていうか、特別行政地区っていうか…ああ、も~ややこしい! とにかく、そーいうところを汗水流して守ってるワケ。
 私はAMPの第1師団長・リリィさん直属の部下になるまで、必死になりながら、のしあがっていった。訓練学校を出て下っ端から始まった負けず嫌いな性格の私は、とことん仕事に力を注ぎ、片手間に肉体を鍛え続けた。でも私はそれに物足りず、自分の体を痛めつけてでも、更に体を強化するために研究機関に依頼して自らモルモットになった。その盲目に追い求めた力の代償は、とても大きかったけどね。
 私は戦闘アンドロイドとして、諸々の武器をぶら下げ、時とあれば戦いもやる。すべては、私が愛するAMPが守る街のために。そんな信念があるから、毎日が大変でもこの仕事はイヤじゃない。けど、もっと女らしい仕事がやりたかったなって、今更だけど思ってしまう時がある。心境の変化、ってヤツかな。
「はいは~い、AMPで~す。下がって下がって」

オレアリアさん

オレアリアさん

2013/12/24 20:03

▲TOP