爆ぜろ ~カントリー・ロード替え歌~ > ブクマでつながった作品

爆ぜろ ~カントリー・ロード替え歌~

S1
爆ぜろ、おまえら。           
いい加減にしろよ。            
「コンクリートロードは、やめた方が良い」とか   
ふざけんな…爆ぜろ。            

A
初めてですよ。
この私を、ここまでコケにした      
おバカさんたちは。      
許さんぞ、虫けらども…         
じわじわと、なぶり殺してくれる。     

S2
やめろ、おまえら。         
二人乗りはやめろ           
お巡りさん、こいつらです。        
補導されろ。

C
プロポーズしたあの彼は    
中卒のまま海外へ。   
清く正しい 
僕らの願い      
半年で別れろ。        

S3
もげろ、おまえら。         
末永く爆発しろ。          
腹立つのに、気づいたら
にやけてる
自分がいる

LS
酷いこと、言ったけど
いつも最後まで、見ちゃうんだよ
何だかんだで好きなんだな
ハッピーエンド

カントリー・ロード

映画「耳をすませば」を見て思ったことの替え歌。

6/30追記
えー非常に残念ですが曲の方、
ピアプロのルール違反とのことで削除させて頂きました。
アップした動画も今週末くらいには撤去しようかと思っていますw
聴いて下さってありがとうございましたm( )m

また、いないとは思いますが…
新規でこの歌詞を読んで、曲や動画を見たい!・聴きたい!という方いらっしゃいましたら…相談いただけたらと思います^^

何をどうするかは具体的に書きませんがw
必ずや貴方のご期待にお応え致します(白目)

投稿日時 : 2014/06/30 19:16    投稿者 :tk

ヘルプブクマでつながった作品とは?

【作詞講座】たった一人の読者へ宛てて【対話篇】

 数年前に書いた拙作「歌詞を書く上でのポイント」が気が付けば何人もの方にブックマークを頂いた様で、著者としては嬉し恥ずかし朝帰りといった今日この頃ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。あんな拙い文章に最後までお付き合い頂きあまつでさえブックマークまで下さった皆様は今もまだ詞作に励んでいらっしゃるのだろうかとか少し物思いにふけったりもしています。
 創作に傾けられる時間や情熱というものは決して誰もが無限に持てるものではないと思います。それこそプロや最近ではプロに準じるほどのペイを得られるアマチュアというのも珍しくありませんが、少なくともそういった存在にならない限りは次第に日々の生活に忙殺され創作への意欲も情熱も削がれていくものであるのかもしれません。プロになったからといってその生活がいつまで保障されるかなんてわかったものではありませんしね。二十台も後半に差し掛かるとふとそんな事を考える時があります。
 特にピアプロで歌詞書きをしているとそんな事を考えてしまう事は多いです。特に僕のように曲先歌詞応募を活動の中心としている人間にとってそれは顕著で、近年のボカロブームで活発な動きを見せているピアプロの中で歌詞募集をかけている曲というものは多くありますが、その中で「歌詞を書いてみたい!」という衝動に駆られる曲は(楽師の技量に関係なく)ほんの一握りで、その中でタイミング良く出会う事ができて期限内に歌詞が完成する作品はさらに絞られますし、渾身の一作が出来た!と思ったところで楽師さんの目に止まらない事もあります。なまじ楽師さんに気に入って貰えたとしても他に有力な作品がある時は必ず採用されるものでもありません。そういった状況の中で自分は後何度心を奮わせてくれる楽曲に出会う事が出来てその中の果たしていくつが作品として形に残るのだろうという事を考えると少し寂しい気分になる時があります。皆それぞれ自分の活動があり生活がありますから、コラボをしたからといって楽師さんとの交流がそれきり途絶えてしまうなんていう事も往々にしてあるものです。
 他の歌詞書きの方にとってもそうであるとは思いますが、少なくとも自分にとって歌詞を書くために費やすエネルギーというものは膨大なものです。形にしてしまえばたかが数百文字の文字の羅列であっても、そこに懸ける熱量というものは一万文字の小説の世界を創造していく事となんら変わりありません。だからこそ例え簡単な一括レスポンスであれ、その労力を労ってくださる楽師の方の元には例えその時は採用されなくてもまた挑戦してみたいと思うものですし、逆にそういった心遣いの無い楽師さんの元にはどれだけ完成度の高い曲を作る方であっても二の足を踏んでしまうというのが人情であったりします。楽師さんにとってはそんな不遜な態度を取るつもりではないのだろうと理解はしていても。やはりコラボを謳う以上は互いの作品に対して敬意を払える関係でいたいものです。これはもちろん自戒の念も込めて。
 さて、前置きが必要以上に長くなりましたが今回は作詞講座対話篇という事で少し精神的な話に偏ってみようと思います。基礎的な事は以前の「歌詞を書く上でのポイント」や作詞講座で検索をかければ実に多くのテキストがあるので参考にしてみるのも一興であるかもしれません。

鶏 さん

鶏 さん

2013/01/13 00:59

▲TOP