namelessさん

namelessさん

eno_chan

(プロフィールはありません)

ピアプロバッジ

フォロワー(6)

  • 琉弥
  • ちぃこ
  • ぽてとさらだ
  • やぐひこ
  • 玉城ねぐこ
  • 詩歩

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

【響震路】まがいもの【UTAUオリジナル曲】
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14028033

曲:榎宮
詞:黒神ま


両目、両耳を塞ぎ聾唖になろうとしましたが、贋物のセキノイド(※)に刻まれた烙印がひどく痛むのです。
固い引結びで括られた喉は、もう僅かな音律の振動すらも紡げないの。
喘ぎ疲れて口に含む、卑下と顰蹙。

(※合成樹脂の一種。独特の手触りを持ち、成形は容易だが耐久性が低い。一部の人形などに時折用いられる)

ひずみながら落ちる景色 :⇔ きりきりと音をたてる『 』。
閻浮の塵に抉り出された同位体(アイソトゥプ)。

虧む月に照らされながら、瑕疵付けられた躰に、深く深く深く深く、食い込んだ秒針がね。
「窕の韻よ、夢寐に咲け」と、嗤うの。

それでも、傅く先の躯をこの腕に抱けるのなら、切て、人らしく生きられる気がした。(貴方よりも、とは言わないけれど)

あァ、
だから、ねえ。
最後の挨拶には迷ったけれど。

御馳走様。


===============
(以下、実際に歌っている歌詞)

両目、両耳を塞ぎ聾唖になろうとした
贋物の皮膚に刻まれた烙印が痛みます
固く括られた喉は唄を紡げないの
喘ぎ疲れて口に含む卑下と顰蹙

ひずみながら落ちる景色 きりきりと音をたてる
ああ 閻浮の塵に抉り出されたアイソトゥプ

ねえ、瑕疵(かし)付けられた躰に
深く食い込んだ秒針(はり)が
「窕の音よ、夢寐に咲け」と嗤うの

それでも
傅く先の躯(あなた)と
一ツになれたとしたら
せめて人らしく生きられる気がした

あァ、

もっとみる

投稿日時 : 2012/03/24 13:00

最近の投稿作品 (1)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP