ヒヨクレンリさん

ヒヨクレンリさん

hiyokurenri

ヒヨクレンリ
性別:男
謎のナマモノ。
音楽とかさっぱりわからんちんなので、基本的には物書きです。
ただし様々な小説から影響を受けまくっている上、自己満足の書き散らしなので技量のほどはお察しください。

クリプトン、伊藤社長のインタビュー記事を目にして、大いに衝撃と感銘を受けました。
創作の輪、自分も端っこに加われたらいいなぁと思う次第です。

もっと見る

ピアプロバッジ

フォロー(17)

  • TOMOKI++
  • みこ
  • イクラ電線
  • はにまる
  • なのろいど
  • 大鎌
  • 優雨P
  • Yasu(keidaiP)
  • みゆきち
  • 天花魄
  • 記憶喪失
  • 篠ん

フォロワー(14)

  • うみなつ
  • みこ
  • TOMOKI++
  • はにまる
  • イクラ電線
  • なのろいど
  • Yasu(keidaiP)
  • みゆきち
  • 優雨P
  • 天花魄
  • 篠ん
  • 黒光

作品に付けられたタグ

イチオシ作品

Railway Story

列車に乗った田舎者 道化師みたいにキョロキョロして 夢いっぱい詰め込んだきみは一人 走り出す列車   車窓の景色目まぐるしく君を楽しませる のどかな田舎から町へ 町から街へ ぐんぐん背が伸びてく   はしゃぐきみの周り、いつの間にかたくさんの人がいて おしゃべりしたり楽しそう 列車はまっすぐ進んでいく   いつの間にか都会にきたね 緑が見えない灰色の森 景色に飽きたのはいつからか 周りは誰も知らない人ごみ   うつむいたままの君はどこか辛そうで 足元もみえやしない 途中下車なんてできないまま 列車はただ進んでく     ねえ、ちょっとだけ顔を上げてみよう 頬を涙が濡らす前に いつの間にか知らない場所 きみは一人だけど ひとりぼっちじゃない きっかけはホンの少しの勇気 『こんにちは』の挨拶からはじめてみようよ     ずっと列車に揺られてるきみ 周りにはたくさんの仲間 ケンカもするけど楽しそう 騒がしく進む道中   『ここだから』『楽しかったよ』 そう言い降りていく誰か 手を振って見送るきみの目に 雫がキラキラひかっておちる   ねえ、ちょっとだけ顔を上げてみよう 涙に沈まないように いつの間にか遠い場所 でもひとりぼっちじゃない きみが繋いだ絆 それはずっとずっと残る宝物  『ありがとう』って笑顔で言えると素敵だね   いつの間にか君は穏やかに 窓の外のを見てる その周りにいるのは 途中から来た誰かばかり   だけどきみはずっとずっと幸せそうだ けれど疲れてきたのかな、瞼がくっつきそうだよ?   列車が止まる 長い長い線路の先 ここがきみの終点 見送るみんな 光る雫が雨みたいに床を濡らして   『ありがとう、楽しかったよ』 そう静かに微笑んで きみは列車を降りる   たったひとり降りたそこは いつか見た故郷の風景 振り返った先 通り過ぎた景色 出会った絆   それが『世界』だと 今 きみは知った

線路は続くよどこまでも
たとえ途中で誰かが降りてもずっと
投稿日時 : 2014/02/20 23:58

最近の投稿作品 (16)

まだ誰からも使われていません

何もありません

何もありません

▲TOP