Rabbit Girl

by 廣川サク(青髭P)さん

投稿日時:2016/07/05 22:18:11

窓を叩く 君の横顔が
浮かべていた冷たい微笑みに
憂いを帯びた 翳りもないまま
その瞳は何を映すのだろう

その言葉に埋もれさせていて
魔法の夜が明けるまで

すれ違った歓迎も 解き明かした関係も
あと何度踏み越えたなら 君と繋がるの?
駆け寄ってきた愛情も 求め合った情熱も
気づかないまま遠ざかる
孤独を包みながら

期待通りのものは得られずに
もどかしくなって また探り出した
足りることはないとわかっても
近づくことで得られる気がした

闇から私を離さないで
はぐれてしまわぬように

受け止めた現実も 実らない成熟も
君だけにしか満たせない証があればいい
目に映った相性も アブノーマルな衝動も
一度きりの幻なの?
それだけにはしたくない

抱きしめた真実に 生まれた猜疑心を
振りほどくように 解けるように
その声でかき消して

すれ違った歓迎も 解き明かした感情も
この体も 息も 時間も 注ぎ込めるのなら
乗りこなした愛情が また夢を見させる
忘れられない夜が明けて
孤独が消えていく 君の手の中で

もっとみるLyrics by 廣川サク(青髭P)さん