関連する動画

地雷原夜道

今度はカタツムリかよ そんなに踏まれたいのかよ
そんなに私の靴底の味をナメたいのかよ

夜中 12時過ぎ お菓子買いに出かける
暗い 夜道歩き 突然 足元から
やわらかい何かがその むぎゅっ とした殺気放ち
誇り高き我がバランス 一瞬にして崩れうわぁっ

なんだテニスボールか なんで落ちているんだ
近くにあるコートからでも転がってきたのか
コケなくてよかったな、と、ホッとした私は
これが惨劇の始まりだとまだ知らなかった

それから私の生活は なにもなかったかのようにつづく
コンビニへと向かう夜道を 来る日も来る日も あるく もどる
なにか変わったとしたら 歩くことが冒険のようになった
今夜また何か スキをついて私に 踏まれにきたんだだだだだだDA!

今なにか動いた!闇の中でなにかが!
コンマ2で避けて踏んでないがなんだおまえはー!
なんだ黒猫かよ おまえ見づらいんだよ
夜間視力悪いからたのむよちったァ鳴いとけ(ニャ~?)

それから私の住む世界 地面から10センチくらいだけが
戦場 獣が無音に吠える道に 今宵の月が血に飢える
なんて 妄想に浸っている時は
なにかを踏んじゃう予感で醒める なんだ今度は!

なんだドブネズミかよ いきなり出てくんなよ
さては黒猫に追われて逃げてきたのだったな
次はスズメバチかよ なんで飛んでないんだよ
ってちょっとごめんなさいゴメンナサイ飛ばないでくれ
そしてヒキガエルかよ 自然豊かなんだな
ここは自然の敵の悪のヒトのアジトなんだぞ

今日はハリネズミだぜ 踏みたくないヤツだな
今日はシオマネキだぜ ここは浜辺じゃないし
今日はナンノムシかな? なんか妙に赤いぜ
今日はダレダオマエハ!? もう言葉にできない

踏み潰すところを 何回も避けてたら
更に奇天烈な障害がこう訴えてくる
「おまえ避けるなってば 避けてもムダだってば
オレを踏んで蹴ってそして罪を背負って生きてけ」

そして以前見えなかった障害物が
分子原子クォークレベルまで見えてくる
やがて地面に足 置くたびに怯える
コレを踏み砕いて そのままどこかに落ちるかな

今度は地球なんだな マジで踏まれたいんだな
ならば私の靴底の味をとくと味わえ

Solo Apple on B Flat Minor

ボンボンダーラ♪ボンボンダーラ♪ ボンボンダーラ♪ボン♪ボン♪
ボンボンダーラ♪ボンボンダーラ♪ボン♪ ドンガリンガドン♪

君からもらったの あかいあかいリンゴ
ともだちの 証だから 食べたくないの
そして時は流がれ 春からもう冬へ
あのねえとね リンゴはね 食べられなくなったの サーセン♪

君にあげたリンゴ 僕が植えたんだよ
ちょっとヘタで 農薬を 撒きすぎたかも
そして時は流がれ 春からもう冬へ
無事と聞いて ほっとした ともたちなんだよね!

ドンガリンガドン♪ リ~ンゴ~


趣味で中国語バージョンの歌詞を訳してみた。
原曲はこんな話だったということで。

Tempo=100
トゥット・スタッカート(みんなはなれて)

ひとつひとつ落ちてこい ひとつひとつ離れていけ
きみたちはぼくじゃない ぼくだけでいい 他のやつはみんな消えうせろ
だれひとつも残りたくない ひとつひとつ離れていく
きみたち待ってよ ここはちょっと寒い 最後に残ったやつはバカだ

だれがわたしのでっかいリンゴを盗んだ でっかいリンゴの中にはいも虫がある
いも虫が育つと 蝶になる わたしはその時を待っているのだ
だれひとつも残りたくない ひとつひとつ離れていく
きみたち待ってよ いも虫がいる ボクになにをする気だ

signal

ヒカリ 消ユ トコヤミガ オトズレ
トキノ 終ワリ ハテカラ アナタニ 呼ビカケル
コノ場所ヲ ノゾムノ ナラ ウタゴエノ 意味サエ
捨テテ ソラヲ ナガメテ 見ヨ

迷わないように付けた矢印に
いつしか道が姿を隠して
目眩するほど乱れ立つ道標(sign)が
考えるなと 考えるなと

中途半端で詰めの甘い対話を
静寂に慣れたこの小さな宇宙に
溢れ出すほど注ぎ込んでも
答えは大爆発(big bang)と共には出ない

ずっと 無意味なままにいた私が
もう どれだけ流されるんだろう?
きっと この物語の無い世界も
また 誰かの救い求めるsignal

マヨワズニ ココマデ タドリ ツケタラ
フタタビ カエレルカ イナカモ
知ラズトモ カナラズ コノ ホシニイル スベテノ コエ
聞クタメニ タビ ダシテ…

そして私は真実を見た
出口など最初からいやしない
往くものはやがて戻る運命(さだめ)
それがあなたを それが私を

星屑の輪の一弧(いっこ)に変えて
足場さえ全部映されたことない
ちっぽけな瞳(め)で どうやって
零(ゼロ)距離にいる悲劇を見るの?

ねえ もっと 悪あがきしながら明日を
迎える それとも夢に身を任すの?
さあ 何も無い選択の荒野に
両手で 初めの花を咲かせましょう
そっと この物語の無い世界で
なら 放ち出すのをやめないsignal

ジオセントリズム

ユメを見るには寝るまで死なないこと
日々の戦いは それはそれはタイヘンなのよ

朝と昼の境をまたぐ
“時をかける”なんて毎日やってるもんさ

現実(いま)からの逃げ道はいつもひとつ
かならず行けると信じる それは未来という

空気の甘美さにトキめく
目を開けたらすぐにも出かけたい

世界は回るまわるマワル キミを軸として
キミも負けないくらい回らなきゃ failure of revolution
公転的自転の決まりが気に入らないなら
ランダムな 動きを挟んで 予測不可になれ

そんなコトよりまずは歯みがきしよう
間奏の前のハナシ? そんなの遠いムカシ
生き方について考えるフリで
鏡に見惚れて ボーっとしても イイんじゃない?

太陽は誘う恋しいヒトミ
顔洗ってゆっくり出かけよう

世界は回るまわるマワル もうワケわかんねぇ
キミも自由にまわりまくりんぐで failure of relocation
公転的自転のメマイが気になってたら
トートツな 休止を挟んで 不連続になれ

月は魅惑の道しるべ
気づいたら行きすぎてしまいそうね

キミがキミであることは今更 変わりゃしねぇ
(0, 0)(ゼロゼロ)以外で自分を探すなんて failure of recognition
後天的時点の決まりが気に入らないなら
輝いて 残像重ねて 摩訶不思議になれ

▲TOP